リクルートが機密情報に配慮したブロックチェーンを提供するBeamへ出資、ライトニングネットワークを使ってツイッターでビットコインを投げ銭できるTippin発表などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース

ラジオ「あたらしい経済ニュース」では、ブロックチェーン・仮想通貨・トークンエコノミーについての最新ニュースを編集部メンバーが平日毎日ラジオ音声でお届けします。またニュースの要点をまとめたトピックスも掲載していますので、ぜひとも1日のニュースのチェックにご活用ください。

リクルートがブロックチェーン技術を対象にした新投資ファンドを通じ機密情報に配慮したブロックチェーンを提供するBeamへ出資

・リクルートがブロックチェーン関連スタートアップ企業への投資を目的としたファンドRSP Blockchain Tech Fund Pte. Ltd.を通じて、利用者の機密情報に配慮したブロックチェーンを提供するBeam Developmentへ出資

・Beamはイスラエルの企業が開発しているソフトウェアで、ミンブルウィンブル(Mimblewimble)プロトコル上に構築されている

・リクルートのファンドは、投資の対価として株式を取得するという形態以外の投資方法で、トークンを用いて資金調達を行うスタートアップ企業への投資活動を行っていく

ツイッターでビットコインを投げ銭できる、ライトニングネットワークを使ったグーグルクロームとファイヤーフォックスの拡張機能をTippinがリリース

・ツイッターでライトニングネットワーク(Lightning Network)を使ってビットコインを投げ銭機能拡張、Tippin(ティッピン)がリリースされた

・この機能拡張はグーグルクロームとファイヤーフォックスでリリースされており、インストールするとツイート画面の中に小さな稲妻マークは表示される

・またTippinのサイト上でツイッター認証することで、自分のウォレットアドレスなどを表示することが可能に

・開発者のセルジオ・アブリル(Sergio Abril)氏は、メディアの取材にライトニングネットワーク普及のためのこのプロジェクトを始めたとコメント

金融庁が2020年に銀行以外でも100万円超す送金を認可制で参入を認める可能性

・金融庁が銀行以外の事業者にも1度に100万円超の送金を認める方針と日本経済新聞が報じる。現行の送金業者は100万円が上限だが、同業務に特化した認可制の新たな区分をつくって、資本金などの要件を満たせば高額の送金を可能にする

・現状で100万円を超える送金が認められているのは銀行と資金決済法上で認められている資金移動業者に限る

・導入される時期としては、2020年の通常国会に資金決済法など関連する法律の改正案の提出を目指しており、早ければ2021年半ばにも新制度を導入したい考えのよう

ビットメインが前製品より電力効率が28.6%向上する最新ASICマイニングチップ発表

・仮想通貨マイニング事業大手Bitmain(ビットメイン)が、最新の半導体製造技術7nm(ナノメートル)のプロセスルールを採用したASICマイニングチップ「BM1397」を発表

・前製品である「BM1391」と比べ電力効率が28.6%向上

・このチップはこれから発表される新型マイニングマシン「アントマイナー(Antminer)」モデルのS17とT17に搭載予定される

大日本印刷がブロックチェーンを使ったデジタル作品の売買技術を持つBlockPunkに出資

・大日本印刷株式会社が、ブロックチェーンを利用したコンテンツ管理システムを提供するシンガポールのスタートアップBlockPunkに出資し、ブロックチェーン領域における戦略的パートナーシップ契約を締結

・今回の戦略的パートナーシップ契約の目的は、ブロックチェーンを活用して企業や個人が所有するアニメやマンガ、ゲームなど、様々なコンテンツの偽造品の流通を防ぎ、安心・安全にコンテンツを流通・利活用できる、次世代のコンテンツ流通の仕組みづくりを行うため

・BlockPunkはブロックチェーン技術を活用し、アニメのデジタルアート作品を販売する「blockpunk.net」を運営している

中国広東省が電子請求書発行でブロックチェーンを使用

・中国広東省の税務当局が、Eコマース(電子商取引)を対象に電子請求書の発行のためにブロックチェーンを使用すると18日に地元メディアであるサザーン・ニュース・ネットワークが報じた

・このサービスは「大規模な電子商取引への業務拡大を計画している顧客およびベンダー向け」に設計されているとのこと

※詳しくは以下のラジオでお楽しみください

ラジオ再生は以下から(再生ボタンを押して10秒程度お待ちください)

Apple Podcastでも配信

Apple の Podcastでも配信しております。以下から購読いただくことで、お気軽にニュースをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Podcastを聴く

https://itunes.apple.com/jp/podcast/id1418374342?mt=2

images:iStock /artsstock

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

クラーケンが22年に直接上場を検討、ジェシー・パウエルCEOが言及

米サンフランシスコ州に拠点を置く暗号資産(仮想通貨)取引所クラーケン(Kraken)が2022年に株式上場の検討をしていることが明らかになった。このことは米ニュースメディアCNBCがクラーケンのCEOであるジェシー・パウエル(Jesse Powell)にインタビューを行い4月8日に報じた内容だ

ロシアのデジタルルーブル、Immutable Xメインネットローンチなどのニュース解説ラジオ

米ステートストリート、ホールセール向けデジタル通貨プラットフォームを2021年半ばに正式稼働ロシア中央銀行幹部、デジタルルーブルを2023年にローンチを示唆、NFTソリューションImmutable X Alpha、メインネットローンチ、中国企業メイツが3度目のビットコイン購入、暗号資産総保有額は110億円相当、住信SBIネット銀行とDLTラボ、日本でブロックチェーン・サプライチェーン・ファイナンスソリューション提供へ、三井トラストがデジタル戦略の新会社設立、デジタル証券などの新規事業創出へ、暗号資産業界の脱炭素化に向けてグローバル協定発足、リップル、コンセンシス、Web3 Foundationなど参加、クリプトゲームスがエンジンと提携、Enjin MarketplaceでバーチャルアーティストのNFTを販売へ

暗号資産業界の脱炭素化に向けてグローバル協定発足、リップル、コンセンシス、Web3 Foundationなど参加

リップル、CoinShares、ConsenSys、国連気候変動枠組条約気候チャンピオンなどが協業し、ブロックチェーンと暗号資産におけるサステナビリティの取り組み推進のため「Crypto Climate Accord(暗号資産気候協定)」発足を発表した。特に脱炭素化に向けて取り組みを行う。

住信SBIネット銀行とDLTラボ、日本でブロックチェーン・サプライチェーン・ファイナンスソリューション提供へ

住信SBIネット銀行株式会社と米DLTグローバル(DLT Global Inc.)の子会社DLT Labs Japan Incorporated(DLT Labs)が共同でブロックチェーン・サプライチェーン・ファイナンスソリューションを日本国内にて提供する契約を締結したことを4月8日発表した。