丸紅と米LO3Energyが日本でブロックチェーン技術での電力取引実証実験開始、BitGoがロイズオブロンドンと約110億円までの保険プラン提供などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース

ラジオ「あたらしい経済ニュース」では、ブロックチェーン・仮想通貨・トークンエコノミーについての最新ニュースを編集部メンバーが平日毎日ラジオ音声でお届けします。またニュースの要点をまとめたトピックスも掲載していますので、ぜひとも1日のニュースのチェックにご活用ください。

丸紅と米国LO3Energy Incが日本国内でブロックチェーン技術を用いた電力取引に係る実証実験開始

・丸紅株式会社と米国 LO3 Energy Incが共同で、日本国内におけるブロックチェーン技術を用いた電力取引に係る実証実験を開始

・分散型電源から発電された電力とプロシューマー、ないし電力消費者との取引には、中央管理者を排除した peer-to-peer 取引を可能とするブロックチェーン技術が適しているという評価があり、世界に先駆けて米国や欧州、豪州にてブロックチェーン技術を活用した電力取引プラットフォームの開発実績を多数有する LO3 Energy 社と日本国内外で多数の発電所と顧客基盤を有する丸紅にて本実証実験を実施することに至った

・本実証実験では、電力消費者(国内複数箇所の丸紅グループ施設および丸紅新電力株式会社の顧客先)と発電源(丸紅の国内保有発電所)にブロックチェーン機能搭載メーターを設置します。メーターを設置することで、発電源で発電された電力を、電力消費者がバーチャル市場経由で購入したい価格を専用モバイルアプリにて設定し、購入することを模擬的に実施する

BitGoがロイズオブロンドンと共同で約110億円までの保険プラン提供開始

・BitGoが暗号通貨の保険サービスとして、約110億円まで保証するプランが開始された。この保険はイギリスのロイズオブロンドン市場と共同で作られたようだ

・ 保険の適応対象は、通貨の盗難とプライベートキーの紛失など

仮想通貨取引所CoinbaseがブロックチェーンインテリジェンスプラットフォームNeutrinoを買収

・仮想通貨取引所CoinbaseがブロックチェーンスタートアップNeutorino(ニュートリノ)を買収したと発表

・ブロックチェーンインテリジェンスプラットフォームとCoinbaseが紹介するNeutorinoは、セキュリティ情報収集・分析を行うロンドン拠点のスタートアップ企業

・Neutorinのデータ分析技術を暗号通貨盗難の防止やランサムウェアの調査、悪意のある取引の特定などに活用するのが目的で、Coinbaseはその技術を高く評価している

SlushTokyo2019とリクルートが「Blockchain Night」を2月22日に開催

・2019年2月22日-23日に開催されるスタートアップとテクノロジーの祭典「Slush Tokyo」の、イベント1日目の2月22日(土)19:00より、リクルートとSlush Tokyoが共同でオフィシャルサイドイベントとして「Blockchain Night」を開催

・参加予定者は、Alexander Zaidelson from Beam、Zac Prince from BlockFi、Greg Simon from Loyyal、Jeff Wentworth from Curvegrid、Junya Hirano from HashHub、Yusuke Obinata from CryptoAge(敬称略)

イベントレポート:元ConsenSysの日本担当者による「ConsenSysと2019年の業界の展望」

・Neutrino主催で元ConsenSysの日本担当のJim Maricondo氏に、アメリカと日本のブロックチェーン業界の違い、ConsenSysで働くということはどういったことか、そして2019年のブロックチェーン業界の展望について話いただきました

・「あたらしい経済」は本イベントに企画協力として参加いたしました 。今後も様々なイベントなどに「あたらしい経済」としても企画協力していきたいと思っております。ご希望の企業様団体様は以下よりお問い合わせください

お問い合わせフォームはこちら
https://www.neweconomy.jp/contact

※詳しくは以下のラジオでお楽しみください

ラジオ再生は以下から(再生ボタンを押して10秒程度お待ちください)

Apple Podcastでも配信

Apple の Podcastでも配信しております。以下から購読いただくことで、お気軽にニュースをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Podcastを聴く

https://itunes.apple.com/jp/podcast/id1418374342?mt=2

images:iStock /artsstock

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【10/26の話題】マスターカードとバックトがCaaS提供へ、ビットポイントがジャスミーとポルカドット上場など(音声ニュース)

マスターカードとバックト、銀行や企業に暗号資産サービス導入の「CaaS(Crypto-as-a-Service)」提供へ、約4兆円運用の韓国公的基金、来年からビットコインETFへ投資を計画か、【取材】ビットポイント、ジャスミー(JMY)を国内初上場、ポルカドット(DOT)も、1921点の重要文化財をNFT化へ、奈良県博物館「唐古・鍵 考古学ミュージアム」、福岡県遠賀町と福岡市南区でブロックチェーン活用プレミアム付商品券発行へ、博報堂や電通らの「JCBI」、消費者がNFTが正規なものか判断できる、ウォレットとコントラクトのアドレス認定事業開始、バイナンスNFT、競馬ゲーム「DeRace」のイニシャルゲームオファリング(IGO)実施へ、ナイジェリア、中銀デジタル通貨「eナイラ」ローンチ、中国大手eコマース「JD. COM」、記念NFTを初リリース

マスターカードとバックト、銀行や企業に暗号資産サービス導入の「CaaS(Crypto-as-a-Service)」提供へ

マスターカード(Mastercard)が、バックト(Bakkt)と提携し、銀行や加盟企業向けに、暗号資産関連サービスを導入できるソリューション(CaaS:Crypto-as-a-Service)を提供していくことが10月25日に発表された。バックトは米インターコンチネンタル取引所(ICE)の子会社であるデジタル資産サービス企業で、今月18日にティッカーシンボル「BKKT」でニューヨーク証券取引所に上場したばかりだ。

博報堂や電通らの「JCBI」、消費者がNFTが正規なものか判断できる、ウォレットとコントラクトのアドレス認定事業開始

「Japan Contents Blockchain Initiative(ジャパン・コンテンツ・ブロックチェーン・イニシアティブ:JCBI)が一般社団法人化したことと、コンテンツ企業向けのウォレットアドレスとコントラクトアドレスの認定事業を開始したことを10月26日発表した