バイナンスの分散型取引所(DEX)がテストネットローンチ、ザッカーバーグ氏がフェイスブックへのブロックチェーン活用について語る、ビットポイントがタイに進出などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ラジオ「あたらしい経済ニュース」では、ブロックチェーン・仮想通貨・トークンエコノミーについての最新ニュースを編集部メンバーが平日毎日ラジオ音声でお届けします。またニュースの要点をまとめたトピックスも掲載していますので、ぜひとも1日のニュースのチェックにご活用ください。

バイナンスの分散型取引所「Binance DEX」がテストネットローンチ

・バイナンス独自チェーンで運用する分散型取引所「Binance DEX」が2月20日にテストネットローンチ

・主な特徴は「一定量を取引できる時間が長い」「分散型カストディで資金を管理」「秘密鍵をBinanceが提供するハードウェアウォレットで管理」「ICOは、BNBで資金調達することで、可能に」など

・本発表によりバイナンスのトークンであるBNBの価格が24時間で15%以上も価格が上昇

マーク・ザッカーバーグ氏が動画でブロックチェーンのフェイスブックへの活用についてや分散化の課題などを語る

・Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOが、自身がフェイスブック上で公開した動画でブロックチェーン技術活用への自らの見解を示した

・ブロックチェーン技術の採用例として、ログイン認証や情報へのアクセス権限などをさまなまなサービスに活用できる可能性があるとコメント

・一方分散化によって、SNS上でのトラブルを防止する機関が無くなるというデメリットについても言及

仮想通貨取引所ビットポイントがタイに進出

・株式会社リミックスポイントの子会社である、仮想通貨交換会社のビットポイントジャパンがタイに進出する方針を固めた

・1月31日付で現地タイ国法人と共同で設立し、約4割を出資する、暗号資産取引所運営会社「ビターブ」がタイの暗号資産取引所ライセンスを取得

・ライセンスは暗号資産取引所・デジタルトークン取引所・暗号資産ブローカー・デジタルトークンブローカーで、新規事業者として仮想通貨関連の許認可を得た企業はタイでは初めて

・近日中にもデジタルアセット取引所事業及びブローカー事業の開始を予定

サムスンがGalaxy S10でブロックチェーン基盤のウォレット機能搭載

・スマートフォン「ギャラクシー(Galaxy)誕生10周年を記念し「GalaxyS10」の販売が決定。その発表会でや公式の文章で本製品に秘密鍵を管理するウォレット機能が搭載されることが明らかに

・このウォレットはサムスンのデータ保護プラットフォームKnoxと共同で作られているもので、現在のところ、ブロックチェーン技術を活用した簡易ストレージであることだけがわかっている

一般社団法人日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)が2018年12月次の会員統計情報を公開

・一般社団法人日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)が2月20日、2018年12月次の会員統計情報を公開

・該当期間の顧客からの預かり資産残高は仮想通貨が2069億9700万円で現金が716億1800万円、口座数はのべ287万。また2018年12月に一度でも取引があるか、預かり残のある口座は161万で、稼働率は56%とのこと

・仮想通貨取引高の順位は、Bitcoin(BTC) 4051億2500万円、Ripple(XRP) 、3051億5000万円、Bitcoin Cash(BCH) 300億6900万円、Ethereum(ETH) 213億4700万円、Monacoin(MONA) 76億4800万円、Litecoin(LTC) 5億1600万円

・利用者に仮想通貨の取引の理解の一助として、会員各社の取引状況を集計し、今後も毎月公表していくとのこと

→詳しい情報は「一般社団法人日本仮想通貨交換業協会」公式サイトで https://jvcea.or.jp/about/statistics/

※詳しくは以下のラジオでお楽しみください

ラジオ再生は以下から(再生ボタンを押して10秒程度お待ちください)

Apple Podcastでも配信

Apple の Podcastでも配信しております。以下から購読いただくことで、お気軽にニュースをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Podcastを聴く

https://itunes.apple.com/jp/podcast/id1418374342?mt=2

images:iStock /artsstock

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

Googleが米国でのデジタル銀行サービス提供計画ProjectCasheを拡大、スタートバーンが経営体制変更と資金調達実施、日本STO協会に三菱UFJ信託銀行が入会などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

Googleがアメリカでのデジタル銀行サービス提供計画「Project Cashe(プロジェクト・キャッシュ)」の拡大を発表、アート×ブロックチェーン企業のスタートバーンが経営体制変更と資金調達を実施、日本STO協会に正会員として三菱UFJ信託銀行、賛助会員として他11社が新規入会、LayerXとウフルが安心安全なデータ流通の実現に向けIoT・ブロックチェーンで協業、日本ブロックチェーン協会(JBA)とガイアックスがアイデアソン「Blockchain Bootcamp 2020 Summer」を共催、クリプトスペルズがHuobi Japanとコラボキャンペーンを実施

Googleがアメリカでのデジタル銀行サービス提供計画「Project Cashe(プロジェクト・キャッシュ)の拡大を発表

Googleがアメリカでのデジタル銀行サービス提供計画「Project Cashe(プロジェクト・キャッシュ)の拡大を発表した。新しいパートナーとしてBank Mobile(バンクモバイル)、BBVA USA、BMO Harris(ビーエムオー・ハリス)、Coastal Community Bank(コースタル・コミュニティ・バンク)、First Independence Bank(ファーストインディペンデンス・バンク)、SEFCU(State Employees Federal Credit Union)を迎え入れるとのこと。「Project Cashe」は2019年11月に発表されていて、既にCity BankとSFCUはパートナーになっている。そして「Project Cashe」は2021年にサービス提供を開始する予定とのことだ。

日本ブロックチェーン協会(JBA)とガイアックスがアイデアソン「Blockchain Bootcamp 2020 Summer」を共催

株式会社ガイアックスが一般社団法人日本ブロックチェーン協会(JBA)と知識ゼロからブロックチェーンを学び、ビジネスアイディアを事業化するワークショップ(アイデアソン)「Blockchain Bootcamp 2020 Summer 〜ゼロから高速でブロックチェーンを学びアウトプットできる2日間〜」を8月29日より開催することを8月3日に発表した

プーチン大統領がロシアでの暗号資産支払い禁止法案に署名、イングランド銀行がアクセンチュアを即時グロス決済サービスの技術パートナーに任命などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

プーチン大統領がロシア国内での暗号資産(仮想通貨)支払いを禁止する法案に署名、元中国人民銀行副総裁の王永利(ワン・ギョンリ)氏が「中央銀行デジタル通貨(CBDC)はさらなる金融システムの安定化に関する役割も担うべき」と発言、イングランド銀行がアクセンチュアを即時グロス決済(RTGS)サービスの技術パートナーに任命、JVCEAとJCBAが2021年度税制改正にあたり共同で要望書取りまとめ、オタクコイン協会がオタク関連イベントに副賞として最大100万枚のオタクコインを無償付与するプログラム発表

元中国人民銀行副総裁の王永利(ワン・ギョンリ)氏が「中央銀行デジタル通貨(CBDC)はさらなる金融システムの安定化に関する役割も担うべき」と発言

元中国人民銀行副総裁で現Haixia Blockchain Researchの研究長を務める王永利(ワン・ギョンリ)氏が「中央銀行デジタル通貨(CBDC)は、現金の代替物としてだけでなく、中央銀行の果たす金融システムの安定化の役割も担っていくだろう」と自身のWechatアカウントで投稿した。