分散型取引所「dYdX」、月間取引1300万円未満の手数料を無料に

dYdX、月間取引1300万円未満の手数料を無料に

分散型取引所(DEX)dYdX(ディーワイディーエックス)が、月間取引額が10万ドル(約1,300万円)未満の一般ユーザーに対し、取引手数料を無料にすると8月1日発表した。

dYdX担当者によると、暗号資産を取り扱う取引所として初の試みになるという。 なお月間10万ドルを超える取引に対しては、引き続き現行の手数料がユーザーに課される。10万ドル以上の場合は取引額によってメイカー手数料とテイカー手数料は異なるが、5,000万ドル以上からはメイカー手数料は無料となる。

dYdXは2017年に開始した分散型のデリティブ取引を提供するプラットフォームだ。ローンチ以降現在までで累計取引高は6,308億ドルを超え、59,000人を超えるユーザーを獲得しているという。

先日7月28日には5周年を迎えており、今後はプロトコルバージョン4として、ネットワークをイーサリアムのレイヤー2ソリューションである「Stark-net(スタークネット)」からコスモスのPoS(プルーフオブステーク)のコンセンサスアルゴリズム「Tendermint(テンダーミント)」に基づく独自ブロックチェーンに移行することを発表している。

関連ニュース

分散型取引所dYdX、コスモス(ATOM)エコシステムで稼働へ 

DeFi「dYdX」がガバナンストークン配布、ステーキング開始もエラー判明 

DEXのCurve、イーサリアムL2のOptimismに100万OP配布を申請 

アスターのDEX「ArthSwap(ARSW)」厳しい滑り出し、CEX上場後に価格急落

【10分解説】コスモスの分散型取引所、「Gravity DEX」とは?(CauchyE代表 木村優氏) 

参考:dYdX5周年
images:iStocks/Lemon_tm
デザイン:設楽悠介

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【6/24話題】メタプラネットが10億円分のビットコイン追加購入へ、リップル社に対する民事訴訟の一部が棄却など

メタプラネット、10億円分のビットコイン追加購入を予告、トルコ暗号資産取引所「BtcTurk」のハッキング被害、バイナンス捜査協力で盗難資産を一部凍結、カリフォルニア州判事がリップル社に対する民事訴訟の一部を棄却、個人原告による残りの訴訟は裁判へ、イーサリアムL2「ブラスト」のトークンエアドロ、1週間後に迫る、スイ(SUI)のMysten Labs、分散型ストレージおよびDAプロトコル「Walrus」公開、web3ゲーム特化「ローニンネットワーク」、ポリゴンCDK活用のzkEVMチェーン構築可能に

Sponsored

カリフォルニア州判事がリップル社に対する民事訴訟の一部を棄却、個人原告による残りの訴訟は裁判へ

米リップル(Ripple)社への民事訴訟において、米カリフォルニア州の連邦判事は、リップル社が連邦証券法に違反したとの申し立てを棄却したが、リップル社CEOのブラッド・ガーリングハウス(Brad Garlinghouse)氏に対する民事証券訴訟は裁判に進むこととなった

【6/21話題】ビットフライヤーがFTX JPの買収合意、カナダでソラナのETP上場申請など

ビットフライヤーがFTX Japanの買収合意を正式発表、暗号資産のカストディと現物ETF提供を目指す、カナダ大手デジタル資産運用3iQ、カナダでソラナのETP上場を申請、米マイクロストラテジーがビットコイン追加購入、保有総数226331BTCに、ワールドコインがケニアでの事業再開へ、警察の捜査中止を受け、レイヤーゼロ、ZROエアドロ請求に寄付制度「Proof-of-Donation」導入、コインベースにLayerZero(ZRO)上場、CFTCがJump Tradingを調査中か=報道、インド金融情報機関、バイナンスへ225万ドルの罰金命令、野村HD子会社レーザーデジタル、アブダビグローバルマーケット(ADGM)のライセンス取得プロセス完了、ゲーム特化のソラナL2「ソニック」、シリーズAで1200万ドル調達

Sponsored