分散型取引所「dYdX」、月間取引1300万円未満の手数料を無料に

dYdX、月間取引1300万円未満の手数料を無料に

分散型取引所(DEX)dYdX(ディーワイディーエックス)が、月間取引額が10万ドル(約1,300万円)未満の一般ユーザーに対し、取引手数料を無料にすると8月1日発表した。

dYdX担当者によると、暗号資産を取り扱う取引所として初の試みになるという。 なお月間10万ドルを超える取引に対しては、引き続き現行の手数料がユーザーに課される。10万ドル以上の場合は取引額によってメイカー手数料とテイカー手数料は異なるが、5,000万ドル以上からはメイカー手数料は無料となる。

dYdXは2017年に開始した分散型のデリティブ取引を提供するプラットフォームだ。ローンチ以降現在までで累計取引高は6,308億ドルを超え、59,000人を超えるユーザーを獲得しているという。

先日7月28日には5周年を迎えており、今後はプロトコルバージョン4として、ネットワークをイーサリアムのレイヤー2ソリューションである「Stark-net(スタークネット)」からコスモスのPoS(プルーフオブステーク)のコンセンサスアルゴリズム「Tendermint(テンダーミント)」に基づく独自ブロックチェーンに移行することを発表している。

関連ニュース

分散型取引所dYdX、コスモス(ATOM)エコシステムで稼働へ 

DeFi「dYdX」がガバナンストークン配布、ステーキング開始もエラー判明 

DEXのCurve、イーサリアムL2のOptimismに100万OP配布を申請 

アスターのDEX「ArthSwap(ARSW)」厳しい滑り出し、CEX上場後に価格急落

【10分解説】コスモスの分散型取引所、「Gravity DEX」とは?(CauchyE代表 木村優氏) 

参考:dYdX5周年
images:iStocks/Lemon_tm
デザイン:設楽悠介

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【3/1話題】イーサL2「Blast」がメインネットローンチ、ワールドコインのTFHがSolanaウォレット企業買収など

イーサL2「Blast」、メインネットをリリース、ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行、GINKAN、「実世界の決済データとNFT情報を統合する技術」で特許取得、バイナンスにクロスチェーンプロトコル「Axelar(AXL)」上場へ、オーケーコインジャパンにエイプコイン(APE)上場へ、米マイニング企業マラソン、ビットコイン(BTC)のL2ネットワーク「Anduro」をローンチ、テレグラム、TONブロックチェーンで広告収入共有へ、香港が「デジタル人民元」の試験運用範囲拡大へ、クロスボーダー決済効率化で、グレースケール、SECに「現物ビットコインETF」のオプション承認を働きかける

ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行

暗号資産(仮想通貨)プロジェクト「ワールドコイン(Worldcoin)」関連企業のツールズ・フォー・ヒューマニティ(TFH:Tools For Humanity)が、ソラナ(Solana)基盤のウォレット「オットルウォレット(Ottr Wallet)」開発元のオットルファイナンス(Ottr Finance)を買収した