個展 「銀河文字展2022」来場者に音声でNFT配布、SUSHI TOPとQUICKが

個展 「銀河文字展2022」来場者に音声でNFT配布

SUSHI TOP MARKETING(スシトップマーケティング)と金融情報サービス提供のQUICK(クイック)が、現代アーティスト新井文月氏の個展 「銀河文字展2022」の来場者に対し、音声によるNFT配布を実施することを8月1日発表した。

発表によるとNFTの配布には、SUSHI TOP MARKETING開発のNFT配布ソリューション「NFT Audio Shot」が使用されるという。

来場者がNFTを受け取るには、個展会場に掲示・表示されたQRコード、もしくはチラシに印字されたQRコードをスマートフォンで読み取り、ブラウザを開いた状態で会場内で流れる音声をスマートフォンで取得できれば良いとのことだ。

なおNFTがミントされるブロックチェーンはアスターネットワーク(Aster Network)のカナリアチェーン、シデンネットワーク(Shiden Network)となっている

またメタマスク(MetaMask)などのEVM系のウォレットを保有していない場合でも、シデンネットワーク上のNFTを受け取れる仕組みが実装されているとのこと。

「銀河文字展2022」は8月1日~8月6日、11:00~18:00の期間にて、銀座第7ビルギャラリーで開催されている。会場限定NFT配布の他、オリジナルのNFTアートも展示されるとのことだ。

なお「あたらしい経済」編集部ではSUSHI TOP MARKETING株式会社 代表取締役CEO 徳永大輔氏に、NFTの音声配布を含めたSUSHI TOP MARKETINGの事業やトークングラフマーケティングについて、またweb3で広告やマーケティングはどう変わるかなどについて語っていただいたインタビュー音声の試し聴きを公開している。ぜひ併せてご確認いただきたい。

NFTとトークングラフマーケティング(SUSHI TOP MARKETING 徳永大輔)

参考:SUSHI TOP MARKETING
images:iStocks/Chinnapong
デザイン:設楽悠介

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【12/7話題】メタマスクがインフラのユーザーデータ保存短縮、StrikeのアフリカへのLN送金など(音声ニュース)

メタマスク、「インフラ」のユーザーデータ保存を7日に短縮、Strike、ビットコインライトニングでアフリカ諸国への送金サービス「Send Globally」ローンチ、EVM互換の国産ブロックチェーン「Japan Open Chain」、IEOに向けフォビジャパンと覚書締結、バイナンスが「Ape NFT」ステーキング提供へ、「BAYC」など対象でApeCoin獲得可能に、米ワーナーミュージックとポリゴンとLGNDが提携、「LGND Music」ローンチへ、スイスSEBA銀行と香港HashKeyが提携、経産省、NFTとメタバース活用の実証事業を実施へ、コインベースジャパンにテゾス(XTZ)上場、米コインベース、「MultiversX(EGLD)」上場へ

Sponsored

ゴールドマンサックス、評価額低迷する暗号資産企業の投資や買収を計画中。FTX崩壊を好機に

FTXの破綻により、暗号資産(仮想通貨)関連企業の評価額が低下し、投資家の関心が薄れている。 そしてその現状を踏まえ、世界有数の投資銀行であるゴールドマン・サックスは、数千万ドルを投じて暗号資産関連企業を買収または投資する計画を示した。