DeFi「dYdX」がガバナンストークン配布、ステーキング開始もエラー判明

「dYdX」ガバナンストークン配布、ステーキング開始もエラー判明

DeFi(分散型金融)トレーディングプラットフォームであるdYdXが、ガバナンストークンの発行を9月8日開始した。8月に計画が発表されたものだ。

dYdXファウンデーションによると、ガバナンストークンの名称は「DYDX」であり、DYDXトークンの保有者はトークンを利用してガバナンスに関する提案に投票を行うことや、トークンをステーキングして報酬としてトークンを受け取ることができるとされている。

なお実施された「DYDX」のエアドロップ(配布)は、過去3年間にプラットフォーム上で1回でも取引を完了したユーザーが対象となった。ただしアメリカやその他の規制されている地域では、DYDXトークンは受け取り対象外だった。

dYdXは「DYDX」配布と同時に、「DYDX」のステーキング「Safety Staking Pool」を提供開始した。しかしこのサービスローンチ直後にスマートコントラクトのデプロイプロセスにエラーがあることが判明している。

これを受け、dYdXは「Safety Staking Pool」へのアクセスを一時的に停止した。今後については「Safety Staking Pool」の設計上、ステーキングしている預金が最低28日間ロックされることになっているとし、来週中にガバナンス内にてアップグレード案が可決されれば、問題なく資金を引き出せるようになるとのことだ。

なおガバナンストークン「DYDX」の配布を受けてか、大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が提供するボラティリティの高いトークンの取引に特化したプラットフォーム「イノベーションゾーン」では、9月9日2:00(UTC)よりDYDX/BNB、DYDX/BTC、DYDX/BUSD、DYDX/USDTの取引ペアにて取引が開始、また暗号資産取引所フォビグローバル(Huobi Global)でも9月8日16:30(UTC)よりDYDXの上場をUSDTとの取引ペアにて開始している。

関連ニュース

DeFiプラットフォームdYdX、ガバナンストークン発行

デザイン:一本寿和
images:iStocks/liuzishan・bestdesigns

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

ゴールドマンサックス、評価額低迷する暗号資産企業の投資や買収を計画中。FTX崩壊を好機に

FTXの破綻により、暗号資産(仮想通貨)関連企業の評価額が低下し、投資家の関心が薄れている。 そしてその現状を踏まえ、世界有数の投資銀行であるゴールドマン・サックスは、数千万ドルを投じて暗号資産関連企業を買収または投資する計画を示した。