Bリーグ「佐賀バルーナーズ」がFiNANCiEでクラブトークン発行

「佐賀バルーナーズ」がクラブトークン発行

ブロックチェーン技術を利用した次世代クラウドファンディングサービス「FiNANCiE(フィナンシェ)」にてB.LEAGUE B2に所属する「佐賀バルーナーズ」のクラブトークンの発行と販売の開始が9月9日発表された。

Bリーグ所属のチームがクラブトークンを発行するのは「仙台89ERS(エイティナイナーズ)」、「岩手ビッグブルズ」、「横浜ビー・コルセアーズ」に続く4例目となる。

「佐賀バルーナーズ」は2018年に発足し、地域リーグからB3参入、2019-20シーズンにはB3からBリーグ最速でB2に昇格したチームだ。

今回発行のクラブトークンは「バルーナーズトークン」としてFiNANCiE上で発行され、販売売上は主に「佐賀バルーナーズ」のクラブ強化・運営費用に利用するとのこと。

また「バルーナーズトークン」購入者は特典として、クラブの投票企画への参加や参加型イベントへの招待、特典抽選への応募などの権利が得られる。投票はトークン保有数に応じて投票数が多くなる仕組みや保有しているトークン数の割合によって抽選特典の当選確率が変動する仕組みとなっている。また一定のトークンを保有しているサポーターには限定の特典も提供されるとのことだ。

現在発表されている投票企画案は「佐賀バルーナーズ」公式YouTubeの企画を決める投票、試合のMVPや年間MVP選手を選ぶ投票があげられており、また抽選特典案として選手とのオンライン交流会参加権、選手から直接サインをもらえる権利などがあげられている。

「佐賀バルーナーズ」のファンディング実施期間は9月9日11:00~10月24日23:59の予定となっている。

関連ニュース

B1リーグ初、横浜ビー・コルセアーズがFiNANCiEでクラブトークン発行

プロバスケットボールチームの岩手ビッグブルズ、FiNANCiEにてクラブトークン発行

【取材】FiNANCiEがBリーグ「仙台89ERS」のクラブトークンを発行

参考:FiNANCiE

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【9/17の話題】アバランチ財団が約250億円調達、パレットトークン(PLT)がコインチェックでレンディングなど(音声ニュース)

パブリックブロックチェーン「Avaranche」運営のアバランチ財団、約250億円調達、パレットトークン(PLT)、コインチェックでレンディング可能に。また公式ウォレットでのステーキングも開始、コインチェック、IOST保有者へのDONエアドロップ非対応を発表、CryptoGames、「NFTStudio」にThe Graph導入、米マスターカードがNFTキャンペーン、ASローマのモウリーニョ監督との共同制作で、著名アーティストらが出資、分散型音楽配信サービス「Audius」が約52億円調達、みずほ銀と丸紅、ブロックチェーンでサプライチェーンファイナンス実施、Datachain、コルダとの異種ブロックチェーン相互接続モジュールをリリース、【取材】ブロックチェーンで魚を追跡、都内魚屋が「IBM Food Trust」活用、LINEのNFTマーケットプレイス、二次流通機能が本格開始、女子ラクロスチーム「NeO」、FiNANCiEでクラブトークン発行、チリーズのSocios. comがNBAゴールデンステイトウォリアーズと提携

米マスターカードがNFTキャンペーン、ASローマのモウリーニョ監督との共同制作で

マスターカード(Mastercard)が、NFTを制作することが9月16日にわかった。このNFTはマスターカードのグローバルアンバサダーで、著名サッカー監督のジョゼ・モウリーニョ(José Mourinho)氏との共同制作とのこと。ジョゼ・モウリーニョ氏は現在はイタリアセリエAのASローマの監督を務めている。