プロバスケットボールチームの岩手ビッグブルズ、FiNANCiEにてクラブトークン発行

プロバスケットボールチームの岩手ビッグブルズ、FiNANCiEにてクラブトークン発行

株式会社フィナンシェが、同社提供のブロックチェーン技術を利用した次世代クラウドファンディングサービス「FiNANCiE(フィナンシェ)」において、B3.LEAGUE(ジャパン・バスケットボールリーグ)に所属しているプロバスケットボールチーム、岩手ビッグブルズのクラブトークンの発行と販売の開始を6月18日発表した。

リリースによると、今回のクラブトークン販売売上は、主に岩手ビッグブルズのクラブ運営、強化費用に利用されるとのこと。また同チームの地元岩手の地域活動や、ファンとクラブを共に作り上げていく新たなファンコミュニケーションの取り組みに対しても利用する予定としている。

なおクラブトークン購入者については、投票企画への参加や参加型イベントへの招待、特典抽選への応募などの権利が得られる。トークン保有数に応じて投票数が多くなる仕組みとなっている。

ファンディング実施期間は6月18日16:00~8月2日15:59までの予定となっている。

参考:FiNANCiE

この記事の著者・インタビューイ

呉心怡

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

合わせて読みたい記事

ゴールドマンサックス、評価額低迷する暗号資産企業の投資や買収を計画中。FTX崩壊を好機に

FTXの破綻により、暗号資産(仮想通貨)関連企業の評価額が低下し、投資家の関心が薄れている。 そしてその現状を踏まえ、世界有数の投資銀行であるゴールドマン・サックスは、数千万ドルを投じて暗号資産関連企業を買収または投資する計画を示した。