DeFiプラットフォームdYdX、ガバナンストークン発行

DeFiプラットフォームdYdX、ガバナンストークン発行

DeFiトレーディングプラットフォームであるdYdXが、ガバナンストークンを発行することを8月4日に発表した。

dYdXファウンデーションによると、ガバナンストークンの名称は「DYDX」であり、DYDXトークンの保有者はトークンを利用してガバナンスに関する提案に投票を行うことや、トークンをステーキングして報酬としてトークンを受け取ることなどができるとのこと。

DYDXトークンの発行は、dYdXのトレーダーや流動性プロバイダーを含めたコミュニティ全体での共同作業を可能にし、dYdXの将来の成長と分散化を促進するとのことだ。

トークンの発行は2021年8月3日から開始され、今後5年間で10億トークン発行される予定となっている。その内訳はトレーダーや流動性プロバイダーや過去のマイナーなどを含めたコミュニティに50%、これまでの投資家に27.73%、dYdXトレーディング株式会社とdYdXファウンデーションの創業者や従業員などに15.27%、dYdXトレーディング株式会社とdYdXファウンデーションの未来の従業員に7%となっている。

2026年7月以降は最大インフレ率2%を上限として、ガバナンス提案によって1年間の新規発行量を決定するとのことだ。

なおアメリカやその他の規制されている地域では、DYDXトークンを受け取ることができないとのことだ。

参考:dYdX Foundation
デザイン:一本寿和
images:iStocks/artacet

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

ワールドコイン(WLD)、「World App」ユーザー数が1000万人突破、メルカリのビットコイン(BTC)取引サービス、利用者数200万人突破。サービス開始1年で、米サークル、ブラックロックのトークン化ファンド「BUIDL」を「USDC」に交換可能に、川崎重工とSettleMint、ブロックチェーン活用による品質管理の実証実験、GMOコイン、レバレッジ取引に6銘柄追加。ソラナ(SOL)やコスモス(ATOM)など、米ドルステーブルコイン「FDUSD」、Sui(SUI)上にローンチ、Bitfinex Securities、ヒルトンホテルへの資金提供としてエルサルバドル初のトークン化債券を導入、バイナンス、米当局と和解後にコンプライアンス遵守へ向け注力、新CEO語る、a16z crypto、ゼロ知識証明を用いたソリューション「Jolt」リリース、米クラーケン、アイルランドとベルギーで「モネロ(XMR)」上場廃止へ