DeFiプラットフォームdYdX、ガバナンストークン発行

DeFiプラットフォームdYdX、ガバナンストークン発行

DeFiトレーディングプラットフォームであるdYdXが、ガバナンストークンを発行することを8月4日に発表した。

dYdXファウンデーションによると、ガバナンストークンの名称は「DYDX」であり、DYDXトークンの保有者はトークンを利用してガバナンスに関する提案に投票を行うことや、トークンをステーキングして報酬としてトークンを受け取ることなどができるとのこと。

DYDXトークンの発行は、dYdXのトレーダーや流動性プロバイダーを含めたコミュニティ全体での共同作業を可能にし、dYdXの将来の成長と分散化を促進するとのことだ。

トークンの発行は2021年8月3日から開始され、今後5年間で10億トークン発行される予定となっている。その内訳はトレーダーや流動性プロバイダーや過去のマイナーなどを含めたコミュニティに50%、これまでの投資家に27.73%、dYdXトレーディング株式会社とdYdXファウンデーションの創業者や従業員などに15.27%、dYdXトレーディング株式会社とdYdXファウンデーションの未来の従業員に7%となっている。

2026年7月以降は最大インフレ率2%を上限として、ガバナンス提案によって1年間の新規発行量を決定するとのことだ。

なおアメリカやその他の規制されている地域では、DYDXトークンを受け取ることができないとのことだ。

参考:dYdX Foundation
デザイン:一本寿和
images:iStocks/artacet

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

【9/17の話題】アバランチ財団が約250億円調達、パレットトークン(PLT)がコインチェックでレンディングなど(音声ニュース)

パブリックブロックチェーン「Avaranche」運営のアバランチ財団、約250億円調達、パレットトークン(PLT)、コインチェックでレンディング可能に。また公式ウォレットでのステーキングも開始、コインチェック、IOST保有者へのDONエアドロップ非対応を発表、CryptoGames、「NFTStudio」にThe Graph導入、米マスターカードがNFTキャンペーン、ASローマのモウリーニョ監督との共同制作で、著名アーティストらが出資、分散型音楽配信サービス「Audius」が約52億円調達、みずほ銀と丸紅、ブロックチェーンでサプライチェーンファイナンス実施、Datachain、コルダとの異種ブロックチェーン相互接続モジュールをリリース、【取材】ブロックチェーンで魚を追跡、都内魚屋が「IBM Food Trust」活用、LINEのNFTマーケットプレイス、二次流通機能が本格開始、女子ラクロスチーム「NeO」、FiNANCiEでクラブトークン発行、チリーズのSocios. comがNBAゴールデンステイトウォリアーズと提携

米マスターカードがNFTキャンペーン、ASローマのモウリーニョ監督との共同制作で

マスターカード(Mastercard)が、NFTを制作することが9月16日にわかった。このNFTはマスターカードのグローバルアンバサダーで、著名サッカー監督のジョゼ・モウリーニョ(José Mourinho)氏との共同制作とのこと。ジョゼ・モウリーニョ氏は現在はイタリアセリエAのASローマの監督を務めている。