国内初、ビットコインSV(BSV)がフォビジャパンで上場へ

フォビジャパンがビットコインSV取り扱いへ

国内暗号資産(仮想通貨)取引所フォビジャパンが、新たに暗号資産ビットコインSV:Bitcoin Satoshi Vision(BSV)を取り扱う予定であることが5月26日分かった。

取り扱い開始は6月中旬の予定で、予定通りに上場すれば国内初の事例となる。

なお発表によると、取扱い開始日や対象となるサービス詳細については、決定次第、改めて告知が行われるとのことだ。

現在フォビジャパンの取引所ではビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)、イーサリアムクラシック(ETC)、ライトコイン(LTC)、モナコイン(MONA)、ネム(XEM)、ステラルーメン(XLM)、リップル(XRP)、フォビトークン(HT)ベーシックアテンショントークン(BAT)、オントロジー(ONT)、トロン(TRX)、クオンタム(QTUM)、ジム(XYM)、リスク(LSK)、エイダ(ADA)、ポルカドット(DOT)、エンジンコイン(ENJ)を取り扱っており、ビットコインSVが加わることにで同取引所での取り扱い暗号資産銘柄は全部で20種類となる予定だ。

なおフォビジャパンでの直近の新規銘柄上場として、ポルカドット(DOT)とエンジンコイン(ENJ)が5月11日より取り扱い開始している。

ビットコインSVは、ビットコインキャッシュ(BCH)からハードフォークして誕生した暗号資産だ。長年にわたって自らがビットコインの生みの親サトシ・ナカモトであると主張している、クレイグ・ライト(Craig Wright)氏によって2018年11月に開発されている。ビットコイン・ビットコインキャッシュよりもブロックサイズを拡大することで「スケーラビリティ問題」を解決することを目指したブロックチェーンとなっている。

現在のビットコインSVの時価総額は約1290億円となっている(5/26コインマーケットキャップ調べ)。

関連ニュース

フォビジャパン、「ポルカドット(DOT)」と「エンジンコイン(ENJ)」上場へ

フォビジャパン、独自パブリックチェーン「HECOチェーン」提供へ

フォビジャパン、ビットコインと日本円の取引手数料を無料に

フォビジャパン、XRP保有者へのソロジェニック(SOLO)エアドロップ対応

フォビジャパン、IEO事業参入へ準備開始

参考:フォビジャパン
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【11/29話題】BlockFiが破産申請、LINEのBITFROMTがサービス終了へなど(音声ニュース)

BlockFiが破産申請、債権者10万人越え。FTX破綻の連鎖で、LINE運営のグローバル取引所「BITFROMT」、サービス終了へ、経営破綻のFTX、従業員への給与支払い再開、米クラーケンが米外国資産管理局と和解、対イラン制裁違反について、フィデリティ、「Fidelity Crypto」でビットコインとイーサ取引サービス提供開始、米コインベースにNFTゲームプラットフォームの「Vulcan Forged PYR(PYR)」上場へ、クリプトドットコムがレストランガイド「La Liste」と提携、web3支援へ、ガイアックス、鳥取県智頭町および静岡県松崎町の「美しい村DAO」サポート開始、NOT A HOTELがメンバーシップNFT第2弾販売へ、「Coincheck NFT(β版)」が先行取扱い、暗号資産と法定通貨の決済インフラXanPool、約57億円調達

Sponsored