フォビジャパン、ビットコインと日本円の取引手数料を無料に

フォビジャパン、BTC/JPYの取引手数料を無料に

国内暗号資産(仮想通貨)取引所フォビジャパンが、ビットコイン/日本円(BTC/JPY)の取引手数料を0%(無料)で提供することが1月31日分かった。

対象となるのはフォビジャパンの取引所サービスで、2月1日より開始するという。

発表によるとメイカー0.008〜0.100%およびテイカー0.024〜0.100%だったのを、共に0%へ変更したとのことだ。

なおフォビジャパンの直近の動向としては、先月1月11日に取引所サービスにおいて暗号資産シンボル:Symbol(XYM:ジム)の取り扱いを開始している。

現在フォビジャパンの取引所ではビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)、イーサリアムクラシック(ETC)、ライトコイン(LTC)、モナコイン(MONA)、ネム(XEM)、ステラルーメン(XLM)、リップル(XRP)、フォビトークン(HT)ベーシックアテンショントークン(BAT)オントロジー(ONT)、トロン(TRX)、クオンタム(QTUM)、シンボル(XYM)の15銘柄を取り扱っている。

なお国内取引所では、コインチェックもブラウザのみで利用できる「販売所」機能において、BTC/JPYの取引手数料を無料で提供している。

関連ニュース

シンボル(XYM)、フォビジャパンで上場へ

デザイン:一本寿和
images:iStocks/dalebor・LongQuattro

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【4/18題】TikTokのByteDance子会社がSui採用、ワールドコインが「World Chain」今夏ローンチへ

TikTokのByteDance子会社、ゲーム等のサポート事業に「Sui」採用、ワールドコイン(WLD)、独自のイーサリアムL2「World Chain」今夏ローンチへ、日銀、「中銀デジタル通貨」の連絡会議の中間整理を報告、EY、企業向け契約管理ソリューション「EY OCM」ローンチ。イーサリアム上で、ニュージーランド中銀、デジタル通貨の開発協議スタート

【4/17話題】アバランチ上にトークン化のホームエクイティローン、a16zが新ファンドで72億ドル調達など

米ホミウムが「ホームエクイティローン」をトークン化、Avalancheで発行、a16z、5つの新ファンドで72億ドル調達、オフチェーンラボ、新たな不正行為証明「Arbitrum BOLD」をテストネットローンチ、ペイパル、NFTの購入者と出品者を保護プログラムの対象外に、ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ、ドイツ連邦銀行とMIT、「中銀デジタル通貨」の共同研究