Discordのロール情報をNFTに、Knotが「Proved」ローンチ

Discordのロール情報をNFTに、Knotが「Proved」ローンチ

Web3関連プロダクト開発企業のKnotが、コミュニティアプリ「Discord」上のロール情報をNFT化できるサービス「Proved」をローンチしたことが2月1日に分かった。

なお「Discord」上のロール情報とは、各チャンネルの管理者によって与えられる役割のこと。ロールが与えられたユーザーはその範囲内で行動が可能となり、例えばDiscord内のチャンネルを作成・削除する権限や、絵文字・スタンプの管理をする権限などがある。

今回ローンチした「Proved」では、そのロール情報をNFT化できるというサービスだ。このサービスを活用することで「DAOやWeb3等に関わる仕事の実績や経歴を証明することができます」とKnotの小林清剛氏はツイートしている。

なお「Proved」でのNFTは、ポリゴンネットワーク(Polygon Network)上にミントされ、そのガス代は運営が負担するためにユーザーは無料とのことだ。

Knotは、日本でWeb3系の参加者を多く集めているDAO(自律分散型組織)の「和組DAO」の創設者で管理者の小林清剛氏が昨年12月にサンフランシスコで創業した企業だ。

Knot創業時に小林氏は「偽名経済(Pseudonymous Economy)に関わるプロダクトに取り組んでいます」とツイートしており、「Proved」がそのプロダクトだと考えられる。Discord上では、本名ではなく偽名(ニックネーム)で活動している人が多く状況にあり、今回の「Proved」が「偽名経済」をどう加速させるかに注目だ。

参考:Proved
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Suwaree-Tangbovornpichet・antoniokhr

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【12/5話題】博報堂とステイクが博報堂キースリー新設、ギャラクシーデジタルがカストディのGK8買収など(音声ニュース)

博報堂とアスター(ASTR)のステイク、ハッカソン企画・運営「博報堂キースリー」新設、ギャラクシーデジタル、カストディ企業GK8買収、みずほリサーチ&テクノロジーズとSBI R3 Japan、Datachainとクロスチェーン技術で連携開始、アリババクラウド、アバランチ(AVAX)開発インフラをサポート、オーケーコインジャパンがパレット(PLT)ステーキングサービス提供へ、バイナンスにweb3学習PFの「Hooked Protocol(HOOK)」がIEOで上場、イタリア、暗号資産への課税強化。税率26%へ=報道、ニア財団、南米大手食品加工「グルポ・ヌトレサ」と提携、体操界新時代エース「堀川倫太郎」、FiNANCiEでトークン発行、3×3バスケ「信州松本ダイナブラックス」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored