フォビジャパン、独自パブリックチェーン「HECOチェーン」提供へ

フォビジャパンが「HECOチェーン」提供へ

国内で暗号資産(仮想通貨)取引所を運営するフォビジャパンが、Huobiグループの独自ブロックチェーン「HECO(ヘコ)チェーン」を提供することが2月22日分かった。取り扱い開始日等の詳細は今後改めて通知されるとのこと。

現在までに発表された情報によると「HECOチェーン」は、ネイティブトークンがHT(フォビトークン)となるパブリックチェーンとのこと。「Huobi ECO Chain」を略して「HECOチェーン」としているようだ。

またコンセンサスアルゴリズムは「HPoS」となっており、同チェーンでPoS(プルーフ・オブ・ステーク)の仕組みを採用したものと思われる。なおPoSとは、そのブロックチェーンが発行するトークンの保有量によって、ブロック生成の権利を得られる仕組み。保有量が多いほど、報酬が得られる可能性が高くなるのが一般的だ。なお「HECOチェーン」のGitHubによると、バリデーター(ブロック生成にかかわるネットワーク参加者)の最大数は21となっている。

その他「HECOチェーン」では、イーサリアムのスマートコントラクトのコントラクトコードを実行するための機能である「EVM(イーサリアムバーチャルマシン)」の互換性もサポートしているとのこと。またクロスチェーンにも対応しており、元のチェーンで一定量のトークンをロックしてから、「HECOチェーン」で対応する数のトークンを生成することで実現するとのことだ。

関連ニュース

暗号資産リスク(LSK)、フォビジャパンで上場へ

フォビジャパン、ビットコインと日本円の取引手数料を無料に

シンボル(XYM)、フォビジャパンで上場へ 

フォビジャパン、XRP保有者へのソロジェニック(SOLO)エアドロップ対応

フォビジャパン、IEO事業参入へ準備開始

参考:フォビジャパン
デザイン:一本寿和
images:iStocks/SiberianArt・wacomka・artacet

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【3/1話題】イーサL2「Blast」がメインネットローンチ、ワールドコインのTFHがSolanaウォレット企業買収など

イーサL2「Blast」、メインネットをリリース、ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行、GINKAN、「実世界の決済データとNFT情報を統合する技術」で特許取得、バイナンスにクロスチェーンプロトコル「Axelar(AXL)」上場へ、オーケーコインジャパンにエイプコイン(APE)上場へ、米マイニング企業マラソン、ビットコイン(BTC)のL2ネットワーク「Anduro」をローンチ、テレグラム、TONブロックチェーンで広告収入共有へ、香港が「デジタル人民元」の試験運用範囲拡大へ、クロスボーダー決済効率化で、グレースケール、SECに「現物ビットコインETF」のオプション承認を働きかける

ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行

暗号資産(仮想通貨)プロジェクト「ワールドコイン(Worldcoin)」関連企業のツールズ・フォー・ヒューマニティ(TFH:Tools For Humanity)が、ソラナ(Solana)基盤のウォレット「オットルウォレット(Ottr Wallet)」開発元のオットルファイナンス(Ottr Finance)を買収した