ドルチェ&ガッバーナ、限定NFTコミュニティ立ち上げと第2弾のNFT販売を発表

ドルチェ&ガッバーナが限定コミュニティ立ち上げとNFT販売へ

ファッションブランドのドルチェ&ガッバーナ(Dolce&Gabbana)が、デジタルマーケットプレイスのUNXDと共同で、メンバー限定NFTコミュニティ「DGFamily」を立ち上げたことが2月21日分かった。

UNXDの公式サイトによると、「DGFamily」コミュニティのメンバーは、ドルチェ&ガッバーナの限定スワッグパック(イケてるパック)など、デジタルウェアラブル及び実物ウェアラブルの両方を備えた一連の限定ドロップにアクセスできるとのこと。

またドルチェ&ガッバーナは「DGFamily」コミュニティのメンバーのみが入手できる、NFTのデジタルコレクティブルズ「DGFamily Boxes」を販売することも発表している。

「DGFamily Boxes」はブラックボックス・ゴールドボックス・プラチナボックスの3段階のレアリティで構成されており、「DGFamily Boxes」を購入した所有者は、独占的なデジタル及び実物コレクティブルズのドロップや、メタバースへのアクセス、実際に行われるイベントへの招待など、各ボックスのレアリティに基づいて段階的にロックを解除できるとのこと。また各ボックスは「DGFamily」コミュニティのメンバーシップとしても機能するとのことだ。

現在公開されている「DGFamily Boxes」のミンティングホワイトリストに、ユーザーが自身のアドレスを登録できる。アドレスを登録することで、公式に「DGFamily Boxes」がNFTとしてミント(鋳造/発行)される前に、コレクションを先にミントできる抽選に参加できるとのことだ。

また「DGFamily Boxes」の価格や数量、販売日などの詳細は、ドルチェ&ガッバーナとUNXDのツイッター及びコミュニティアプリ「Discord」で後日公開予定となっている。

UNXDは「DGFamily Boxes」のミントについて、「まずイーサリアムでミントされ、その後UNXD上の所有者のウォレットに転送されます」とし、「このプラットフォームは、ポリゴンネットワーク(Polygon Network)に基づいて構築されており、手数料とエネルギー使用量を削減するメリットがあります」とも説明している。

なおこれらのドルチェ&ガッバーナの作品は、「DGFamily」コミュニティ以外の場所では入手できないとのことだ。

ドルチェ&ガッバーナとUNXDとの取り組みは、今回で2回目となる。

昨年9月、ドルチェ&ガッバーナは初のNFTコレクション「コレツィオーネ・ジェネシ(Collezione Genesi:ジェネシスコレクション)」全9点を、UNXDでオークション販売した。

なお「コレツィオーネ・ジェネシ」は、日本円で総額約6億円の落札額だった。

関連ニュース

ドルチェ&ガッバーナ、初のNFTコレクション

 ドルチェ&ガッバーナがNFTを発表、ポリゴンネットワークで発行 

参考:TwitterUNXD
デザイン:一本寿和
images:iStocks/winhorse・Svetlana-Borovkova

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【4/16話題】香港でビットコインとイーサリアムの現物ETFが承認、STEPNがアディダスとNFTスニーカーなど

香港SFC、ビットコインとイーサリアムの現物ETFを承認、STEPNがアディダスと提携、1000個限定のコラボNFTスニーカー発売へ、独連邦銀行LBBW、暗号資産カストディ事業に参入へ、お好み焼専門店「千房」がLINE NEXTと提携、クーポン等をNFTで販売へ、アスターの「Astar zkEVM」が問題解決で正常稼働、「Polygon CDK」に原因と報告、モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク、ブエノスアイレス当局がワールドコイン(WLD)提訴、ユーザー保護法違反で1.7億円の罰金可能性も

モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク

モジュラーブロックチェーンプロジェクトのアベイル(Avail)が、独自トークン「AVAIL」のエアドロップを実施する予定のようだ。このことは4月11日にX匿名アカウントBitcoineo氏が同エアドロップに関する情報を投稿した際に、アベイルの広報担当が「リーク情報」としたことで分かった

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

【取材】グリー初のブロックチェーンゲーム、「釣りスタ」で「Sui」採用、自民党が「web3ホワイトペーパー2024」策定、暗号資産取引の申告分離課税の検討やレバレッジ倍率等に提言、ソラナ(SOL)の混雑問題改善に向け修正版ソフトウェアがリリース、テスト実施へ、Chainlink、クロスチェーンメッセージングアプリ「Transporter」リリース、Japan Open Chainと日本郵便、山形県山辺町の「NFTアート」発行・販売へ、米ジェミナイ、英サッカークラブ「RBFC」へ約7億円のビットコイン投資、アニモカジャパンがNFTローンチパッドを今夏提供へ、プロジェクトの募集も