韓国KB金融グループ、暗号資産関連商品の提供に向け委員会発足

韓国KBが暗号資産関連商品の提供に向け「デジタル資産運用準備委員会」を発足

韓国金融大手のKB金融グループが、暗号資産(仮想通貨)関連商品の提供に向けて「デジタル資産運用準備委員会」を発足したことが2月21日分かった。

同委員会はKB金融グループの資産運用部門であるKBアセットマネジメント内に設置されるとのことで、国内外のデジタル資産市場のリサーチを通じて関連商品の発売を準備することを主な目的として発足されたとのことだ。

KBアセットマネジメントの運用本部長であるキム・ホンゴン氏は「暗号資産の現物に投資するETF(上場投資信託)で構成された間接的なファンドや暗号資産を対象にした株式型ファンドなどをできるだけ早く発売する。(中略)顧客対象暗号資産カンファレンスを開催し、定期刊行物も出版する」と委員会について述べている。

さらにKBアセットマネジメントは、従来の資産と韓国外の暗号資産への分散投資を組み込んだ元本保証型のファンドを立ち上げる可能性があるという。このようなファンドは外部委託先の運用会社によって管理が行われ、退職年金の運用などに利用される可能性がある。

今回のデジタル資産運用委員会設置の理由については、他の主要国の暗号資産導入スピードが挙げられている。

発表によると、アメリカやカナダではグレイスケールやフィデリティのように暗号資産運用を専門とする資産運用会社が大きく成長していることを指摘している。またアジア圏においてもシンガポール最大の銀行であるDBSグループによる暗号資産取引所の設立計画やフィリピンのユニオンバンクによる暗号資産の取引・保管サービスの提供計画など、世界的に暗号資産を導入する金融機関が増加している。

今回の「デジタル資産運用準備委員会」の発足は、これらの状況を考慮して、韓国内の銀行においても早急に暗号資産を導入する必要があると判断したものと考えられる。

関連ニュース

DBS銀行、個人投資家向け暗号資産取引サービスを今年度リリースか

約4兆円運用の韓国公的基金、来年からビットコインETFへ投資を計画か

フィリピンの主要銀行ユニオンバンクがスタンダードチャータード銀行とブロックチェーンを使ったリテール債券発行の実証実験に成功

韓国にて暗号資産取引のライセンス制度開始

韓国の11の暗号資産取引所が閉鎖の可能性、関係筋証言

参考:KBアセットマネジメント
デザイン:一本寿和
images:iStocks/pgraphis・ismagilov

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

【6/29話題】ArthSwap厳しい滑り出し、クラーケンJPが元素騎士メタバース上場など(音声ニュース)

アスターのDEX「ArthSwap(ARSW)」厳しい滑り出し、CEX上場後に価格急落、国内初、クラーケンジャパンが元素騎士メタバース(MV)取り扱い開始、米コージェント銀行、ブロックチェーンでの決済サービス導入、米サークルとNYCB、カストディパートナー契約、カストディの「PolySign」約72億円調達、機関投資家向けサービス強化へ、投資企業サイファーパンク、ビットコインとイーサ全て売却、ロビンフッドで「チェーンリンク(LINK)」上場、JASRACが楽曲情報管理にブロックチェーン、「KENDRIX」、ゴールドマンサックス、コインベース株の投資判断「売り」に=報道、クリプトスペルズが「TCG-verse」へ、「Oasys」のL2に独自チェーン開発、、ディープコイン(DEP)、フォビグローバルに上場へ、コイントレードがカルダノ(ADA)、パレットトークン(PLT)、アイオーエスティー(IOST)取扱いへ、ペルシジャジャカルタ、「Socios. com」でファントークン発行へ

Sponsored