韓国にて暗号資産取引のライセンス制度開始

韓国にて暗号資産取引のライセンス制度開始

韓国の金融規制当局である金融監督院(FSS)が、同国の暗号資産(仮想通貨)関連事業者のライセンス制度を開始した。早ければ8月にも金融当局公認の暗号資産取引所が登場する見込みであると、地元メディアが5月30日に報じた。

報道によると暗号資産事業者は9月24日の期限までに韓国金融委員会(FSC)の金融情報分析院(FIU)に登録書類を提出しなければならないとのこと。FIUは最大限迅速に審査をする方針であるため、審査期間が短縮される可能性もあり、「書類が整えられたものであれば、3か月もかからず審査が終わる可能性もある」と関係者は述べているとのことだ。

届け出については、「特定金融取引情報の報告及び利用等に関する法律(特禁法)」に基づき、情報セキュリティに関する国際規格の1つである情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)認証が必要となる。なお現在韓国で60社程度ある暗号資産業者でISMS認証を受けたのは20社程度であるとのことだ。

また報道によると現状ではFIUにライセンスを申請した事業者はいないとのこと。申請には前述したISMS認証の他、銀行による入出金アカウントの実名確認書類の実態調査が必要で、現在その調査が行われている最中であるためとのこと。

なお既存の事業者が9月24日までに届け出をしない、もしくは受理されない状態での営業継続を行えば不法となる。未申告での営業は5年以下の懲役または5千万ウォン以下の罰金の処罰が下されるとのことだ。

参考:Yonhap News Agency
デザイン:一本寿和
images:iStock/pgraphis・flowgraph

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【3/1話題】イーサL2「Blast」がメインネットローンチ、ワールドコインのTFHがSolanaウォレット企業買収など

イーサL2「Blast」、メインネットをリリース、ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行、GINKAN、「実世界の決済データとNFT情報を統合する技術」で特許取得、バイナンスにクロスチェーンプロトコル「Axelar(AXL)」上場へ、オーケーコインジャパンにエイプコイン(APE)上場へ、米マイニング企業マラソン、ビットコイン(BTC)のL2ネットワーク「Anduro」をローンチ、テレグラム、TONブロックチェーンで広告収入共有へ、香港が「デジタル人民元」の試験運用範囲拡大へ、クロスボーダー決済効率化で、グレースケール、SECに「現物ビットコインETF」のオプション承認を働きかける

ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行

暗号資産(仮想通貨)プロジェクト「ワールドコイン(Worldcoin)」関連企業のツールズ・フォー・ヒューマニティ(TFH:Tools For Humanity)が、ソラナ(Solana)基盤のウォレット「オットルウォレット(Ottr Wallet)」開発元のオットルファイナンス(Ottr Finance)を買収した