ビットバンクの経営顧問に大和証券 丸尾浩一氏が就任

ビットバンクの経営顧問に大和証券 丸尾浩一氏が就任

国内暗号資産(仮想通貨)取引所を運営するビットバンク株式会社が、同社経営顧問に大和証券株式会社の丸尾浩一氏を任命したことを6月1日発表した。

丸尾浩一(まるお こういち) 氏は、大和証券株式会社にて法人副本部長、事業法人担当、法人企画担当、専務取締役などを歴任し、今年4月より大和証券初となるエグゼクティブアドバイザーに就任した人物だ。メルカリやラクスル、freee、BASEといった多くの新興企業を主幹事として株式市場に送り出し、産業の黎明期にあるスタートアップ企業の成長を支援した実績を持つ。

ビットバンクは今回、丸尾氏を経営顧問に迎えることで、同社の経営戦略及びコーポレートガバナンスをより一層強化し、日本の暗号資産業界の発展を牽引する企業として、さらなる成長を遂げていきたいとしている。

ビットバンク株式会社の代表取締役社長である廣末紀之(ひろすえのりゆき)氏はリリースにて「当社は国内暗号資産業界の黎明期より、その健全な発展に向けて活動して参りました。昨今、世界有数の機関投資家も暗号資産を新たなアセットクラスとして認知し、その取り扱いに向けて動き始めるなど、より社会における重要性が増してきている状況にありますが、そのような環境下において、我々産業に従事する事業者は、社会の一員として、より一層のコーポレートガバナンス体制の強化を行う必要があると考えております。

この度、豊富なコーポレートガバナンス、コーポレートファイナンスに関するご経験、ご知見を有する丸尾氏に経営顧問にご就任いただくことで、当社の経営体制がより一層強化されるものと確信しております」とコメントしている。

デザイン:一本寿和
images:iStock/4×6

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

あたらしい経済編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

あたらしい経済編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

「ブロックチェーンが国家戦略に」政府成長戦略にてBC活用が明記

内閣官房の成長戦略会議事務局が、日本における成長戦略計画が閣議決定されたことを6月18日発表した。 この計画の「第2章 新たな成長の原動力となるデジタル化への集中投資・実装とその環境整備」には「ブロックチェーン等の新しいデジタル技術の活用」が明記されている。これによりブロックチェーンが国家戦略として取り組まれることになった

【6/18の話題】JCBとソラミツがサイバー空間サービスキット提供へ、デジタル庁重要施策にBCなど(音声ニュース)

JCBとソラミツ、サイバー空間サービスキットを提供へ。エピック・ゲームスのゲームエンジン上で、デジタル庁の重要施策にブロックチェーン、「デジタル社会の実現に向けた重点計画」が閣議決定、米共和党、暗号資産での政治献金可能へ、アフリカでDeFi活用しエネルギーアクセス加速、Energy WebとENGIE Energy Accessが提携、チリーズのSocios. com、NBAセブンティシクサーズと提携、モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル(MSCI)、暗号資産インデックス導入を検討か、PayPalやセールスフォースらから約15億円調達、ブロックチェーンBIツールのTRM、世界銀行がエルサルバドルのBTC導入の支援拒否。環境面と透明性を理由に、CNN、NFT販売サービス「Vault by CNN」発表、ピラミッドやスフィンクスがNFTに、エンジンとバーチャルワールズが提携、マクラーレン・レーシングがテゾスと提携、NFTプラットフォーム構築へ、露ノリリスク・ニッケル、銅とニッケルを裏付けにしたETCのトークン発行

デジタル庁の重要施策にブロックチェーン、「デジタル社会の実現に向けた重点計画」が閣議決定

「デジタル社会の実現に向けた重点計画」が閣議決定 ・「デジタル社会の実現に向けた重点計画」が6月18日に閣議決定された。この計画にはブロックチェーンについての言及もあり、デジタル庁の重要施策にブロックチェーンが入れ込まれたことになる。