新作NFTゲーム「マイクリプトサーガ」オフィシャルサービス開始

新作NFTゲーム「マイクリプトサーガ」オフィシャルサービス開始

ブロックチェーンゲーム開発を行うdouble jump.tokyo(ダブルジャンプトウキョウ)株式会社が、NFTを活用したPC/スマートフォン用の新作ゲーム「マイクリプトサーガ」のオフィシャルサービスを開始したことを5月31日発表した。

「マイクリプトサーガ(マイサガ)」はdouble jump.tokyoの1年ぶりの新作ゲームとして、今年1月31日よりプレミアムβサービスを開始していた。

このゲームは人気ブロックチェーンゲーム「My Crypto Heroes」の開発陣による、ブロックチェーン技術を活用した2~4人でのリアルタイム対戦を楽しめるマインドカードゲームだ。スマートフォン/PCのWebブラウザやイーサリアムウォレットアプリを通じて、プレイできるとのこと。

またマイサガではPolygon(ポリゴン)のブロックチェーンを採用している。ポリゴンはイーサリアムのスケーリングソリューションとして、サイドチェーン技術Plasma(プラズマ)を応用することでセキュリティを担保しつつ、低ガス料金・高スループットを実現。コンセンサスアルゴリズムにPoSを採用し、NFTを生成するために必要なガスはイーサリアムの1/1000以下となっている。

なおマイサガのオフィシャルサービスのリリースを記念して、同作のアート制作を手がけた納口龍司氏の原画アートNFTを、2回にわけてオークション販売するとのこと。

第1弾のオークション販売はNFTマーケットプレイスのOpenSea(オープンシー)にて5月31日21:00 〜 6月3日21:00までの期間、オニャンコポン(Nyame)、アメミット(Ammit)、サラマンダー(Salamanders)、クシナダヒメ(Kushinadahime)、バハムート(Bahamut) の以上5点の原画アートが出品される。

また第2弾のオークション販売は、国内NFTマーケットプレイスであるnanakusa(ナナクサ)で6月3日21:00 〜 6月6日21:00までの期間にて寿老人(Jurojin)、飯綱権現(Izuna Gongen)、メデューサ(Medusa)、クリシュナ(Krishna)、麒麟(Qilin)の以上5点の原画アートが出品される。

なお第1弾、第2弾ともに全てのアートのスタート価格は0.1ETHとなっている。

おすすめ記事

【独占取材】ポリゴンが目指す、人々がブロックチェーンをストレスなく使える世界(Polygon VP-Growth Arjun Kalsy)

アーティストファーストなNFTマーケットプレイス「nanakusa」が目指す世界(スマートアプリ 高長徳 インタビュー)

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【9/22の話題】GMOトラストとINXが提携、Internet Computer(ICP)がビットコインに接続予定など(音声ニュース)

GMOトラストとINXが提携、ステーブルコイン「GYEN」と「ZUSD」上場へ、DFINITY財団「Internet Computer(ICP)」、ビットコインへの接続予定を発表、米フィギュア、米国規制に準拠した形でデジタル証券取引を完了、暗号資産取引所「FTX」、利用制限の対象国に日本を追加、オーケーコインジャパンがIOST保有者へのDONエアドロップに対応、国内取引所で対応分かれる、バイナンス、オーストラリアで先物やオプションなどの取引停止へ、米オスプレイ、ポリゴン(Polygon/MATIC)の投資信託発表、オランダ投資銀行ABNアムロ、パクソスの決済ソリューションに参加、米コインベースが暗号資産貸付サービス提供を中止、【取材】芥川賞作家 上田岳弘、Loot系NFT「Obsession2020」をグラコネと発行、「福岡県ブロックチェーンフォーラム」11月15日開催、「NFT」と「トレーサビリティ」のセッション予定