クラーケン、UAEアブダビで取引所運営ライセンス取得

クラーケンがアブダビでライセンス取得

UAE(アラブ首長国連邦)の首都アブダビにある国際金融センター「アブダビ・グローバル・マーケット(Abu Dhabi Global Market:ADGM)」が、金融自由区域で規制対象となる暗号資産(仮想通貨)取引所を運営するためのライセンスを、クラーケングループに付与したことを4月25日発表した。

クラーケンMENA(中東・北アフリカ)は、規制下におけるUAEの法定通貨ディルハム(AED)での資金調達、取引、カストディサービスを通じて、暗号資産へのアクセス提供を目指している。

ADMGは2018年に暗号資産規制の枠組みを導入し、それ以来、地元・地域・国際企業の暗号資産活動の主要なグローバルハブおよびビジネスプラットフォームとしての地位を確立している。

UAEの主要なビジネスハブであるドバイも、3月にデジタル資産を管理する初の法律を発行し、この分野を監督する仮想資産規制局(VARA)を設立した。

2011年に設立されたクラーケングループは、60カ国で900万人以上の顧客にサービスを提供している。

関連ニュース

バイナンス、UAEアブダビで金融ライセンス取得

バイナンス、ドバイで暗号資産取引所のライセンス取得

ロシアの富裕層がUAEで暗号資産を清算か、不動産など購入

バイナンス、バーレーンで暗号資産サービスプロバイダーのライセンス取得

ドバイ政府が暗号資産規制法を公布、規制当局設置も 

※この記事は「あたらしい経済」がロイターからライセンスを受けて編集加筆したものです。
Abu Dhabi licences Kraken to operate crypto exchange
Reporting by Saeed Azhar, Editing by Louise Heavens
翻訳:大津賀新也(あたらしい経済)
images:Reuters

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【12/5話題】博報堂とステイクが博報堂キースリー新設、ギャラクシーデジタルがカストディのGK8買収など(音声ニュース)

博報堂とアスター(ASTR)のステイク、ハッカソン企画・運営「博報堂キースリー」新設、ギャラクシーデジタル、カストディ企業GK8買収、みずほリサーチ&テクノロジーズとSBI R3 Japan、Datachainとクロスチェーン技術で連携開始、アリババクラウド、アバランチ(AVAX)開発インフラをサポート、オーケーコインジャパンがパレット(PLT)ステーキングサービス提供へ、バイナンスにweb3学習PFの「Hooked Protocol(HOOK)」がIEOで上場、イタリア、暗号資産への課税強化。税率26%へ=報道、ニア財団、南米大手食品加工「グルポ・ヌトレサ」と提携、体操界新時代エース「堀川倫太郎」、FiNANCiEでトークン発行、3×3バスケ「信州松本ダイナブラックス」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored