ツイッターが有料スペース等で暗号資産を試験導入、ストライプ提供

ツイッターが有料スペース等で暗号資産を試験導入、ストライプ提供

ツイッターと決済インフラ企業ストライプ(Stripe)が、収益を暗号資産で受け取ることのできる機能を一部のツイッターユーザーに試験導入したことを4月22日に発表した。

ツイッター社は、「Stripe Connect」というプロダクトを通して「Super Follows」や「Ticketed Spaces」などに取り入れた。「Super Follows」は、ユーザーがフォロワー向けにユニークな有料コンテンツを作成することができるサービスで、「Ticketed Spaces」は、音声でのスペースのライブイベント配信ができる機能だ。「Stripe Connect」とは、ソフトウェアプラットフォームやマーケットプレイスが簡単に支払いインフラを組み込むためのプロダクトで、KYCにも対応している。

まずストライプは、ポリゴン(Polygon)ネットワークの米ドルステーブルコイン「USDC」での支払いに対応するとのこと。ストライプがポリゴンネットワークを選んだのは、手数料の安さ、スピード、イーサリアムとの統合、幅広いウォレットの互換性があるからだという。また今後対応するブロックチェーンを増やす予定とのことだ。

ツイッター社のクリエイター向けプロダクトリードのエスター・クロフォード(Esther Crawford)氏は、次のようにコメントしている。

「ツイッターは、人々が今起こっていることについて会話を交わす場所です。私たちは、そのような会話を促進するクリエイターがお金を稼ぎ、視聴者と新しい方法でつながることができるよう支援することに注力しています。クリエイターが報酬を得る方法をより多く選択できるよう、ストライプを通じて暗号資産による報酬の提供を開始することに興奮しています」

参考:ストライプ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Sundry-Photography・sumkinna

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【5/24話題】米SECがイーサリアム現物ETF承認、NYでXRPの取引再開、かぼすちゃん亡くなるなど

米SEC、イーサリアム現物ETF上場の取引所申請を承認、米コインベース、NYで「XRP」の取引再開、野村HD、ブロックチェーンのバリデータ事業など行うKudasai子会社Omakaseに出資、香港SFC、イーサリアム現物ETFのステーキング許可を検討か=報道、ドージコイン(DOGE)のモデル「かぼすちゃん」亡くなる、STEPN運営のFSL、web3ライフスタイルアプリ「STEPN GO」αテスト開始、GMOコイン、「暗号資産FX」に6銘柄追加(DOT・ATOM・ADA・LINK・DOGE・SOL)、メタマスクがビットコイン(BTC)のサポート開始か=報道、「FRBと日銀がビットコインを100万ドルに上昇させるカギ」、アーサーヘイズ考察