ビートルズ記念品がNFTに、ジュリアン・レノンがオークション販売へ

ジュリアン・レノン、ビートルズ記念品をNFT化しオークション販売へ

ジョン・レノン(John Lennon)の長男ジュリアン・レノン(Julian Lennon)が、NFTマーケットプレイス「イエローハート(YellowHeart)」で、ビートルズの記念品コレクションをNFT化し、オークション販売することが1月24日分かった。

今回販売されるNFT「レノンコレクション(LennonConnection)」は、ビートルズの記念品をデジタル化し、ジュリアンの肉声メッセージが添えられたオーディオビジュアルコレクションだ。なおこのNFTは、IPFSおよびポリゴン(Polygon)ネットワークを採用している。

NFT化されるビートルズの記念品は、「Hey Jude」を創作したポール・マッカートニー(Paul McCartney)の手書きのメモや、ジョンが映画「Help!」やコンサートで着用していた衣装、ジュリアンがジョンから譲り受けたギターなど全6点だ。なおこれらのNFTの元となる現物の唯一の所有者はジュリアンとなっており、そのNFT版が今回オークション販売される形だ。

オークションは2月7日10時(太平洋標準時)より開始される。各商品のオークション開始価格は、手書きのメモが30,000ドル(約341万円)、映画で着用されていた黒いマントが8,000ドル(約92万円)、コンサートの服は6,000ドル(約68万円)、ギター3点それぞれ4,000ドル(約46万円)。

なお各商品は販売前より入札登録が可能となっており、記事執筆時点(1月26日11時)の各商品の最高入札額は、手書きメモが50,000ドル(約569万円)、黒マントが10,000ドル(約113万円)、コンサート衣装が8,000ドル(約92万円)、ギターは8,000ドル(約92万円)が2点と6,000ドル(約68万円)1点となっている。

また販売収益の一部は、ジュリアン・レノンが設立したホワイトフェザー財団(TWFF)を通じて、ブロックチェーンを用いた脱炭素のマーケットプレイスであるノリ(NORI)に寄付されるとのこと。NFT発行・販売に伴う二酸化炭素排出量を削減するためだという。

なおビートルズに関連したNFTとしては、昨年12月ラジオ番組など制作する「VOCR(VOICE OF CLASSIC ROCK)」が、著作権を保有しているビートルズのメンバーそれぞれの独占インタビューのアーカイブをNFT化し、オークションにて販売している。

関連ニュース

米ロックバンド「Kings Of Leon」がニューアルバムをNFTでリリース

米ロックバンド「リンキン・パーク」のマイク・シノダが初のNFTオークションを実施(落札額の3万ドルは学生へ寄付)

「NFTの次のヒットは音楽業界から生まれるだろう」、エルトンジョンやビヨンセの元マネージャー語る

英テクノミュージシャン、エイフェックス・ツイン(Aphex Twin)がNFT販売

参考:YellowHeat
デザイン:一本寿和
images:iStocks/enzodebernardo

この記事の著者・インタビューイ

呉心怡

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

合わせて読みたい記事

ゴールドマンサックス、評価額低迷する暗号資産企業の投資や買収を計画中。FTX崩壊を好機に

FTXの破綻により、暗号資産(仮想通貨)関連企業の評価額が低下し、投資家の関心が薄れている。 そしてその現状を踏まえ、世界有数の投資銀行であるゴールドマン・サックスは、数千万ドルを投じて暗号資産関連企業を買収または投資する計画を示した。