ソフトバンクG元副社長の佐護勝紀やアニモカら、岩瀬大輔創業のNFTプラットフォーム「Kollektion」に出資

岩瀬大輔氏創業の「Kollektion」、約7.4億円の資金調達

香港拠点のNFTプラットフォーム「Kollektion(コレクション)」が、640万ドル(約7.4億円)の資金調達を実施したことが分かった。これにより同プラットフォームの累計調達額は1050万ドル(約12億円)となったとのこと。

この出資は、ソフトバンクグループの元副社長である佐護勝紀氏と、香港を拠点にブロックチェーンゲームを展開するアニモカブランズ(Animoca Brands)が主導したとのこと。

調達資金の利用目的については「技術面の強化」とのことで、同プラットフォームは2022年中にも、二次流通およびオークション機能、コミュニティイベント活性化を目的とした新機能の実装を予定しているとのことだ。

「Kollektion」を運営するコレクションリミテッド(KLKTN Limited)は、ライフネット生命保険の元取締役会長の岩瀬大輔氏が、音楽プロデューサー兼ソングライターのジェフ・ミヤハラ氏、ブロックチェーン企業ダッパーラボ(Dapper Labs)で、「クリプトキティーズ(Cryptokitties)」の開発に携わったファビアーノ・ソリアーニ氏と共同創業した企業。昨年7月に「Kollektion」を運営開始し、作曲家兼プロデューサーの大沢伸一氏や、ロックミュージシャンMIYAVI氏、韓国人シンガーソングライターのケビン・ウー氏、人気俳優のカン・ドンウォン氏や元IZ*ONEメンバーのカン・ヘウォン氏等のNFTアイテムを発売している。

また昨年12月には週刊漫画誌「ヤングマガジン」との連携を発表し、12月から新たに連載が始まった漫画作品『code:ノストラ』(原作:安童夕馬 / 漫画:明石英之)のNFTを販売している。

なお「Kollektion」は現在クレジットカードでの決済を採用している。またブロックチェーンにはダッパーラボのブロックチェーン「Flow(フロウ)」が採用されている。

以前あたらしい経済編集部が岩瀬氏へ「FLOW」を採用した理由について取材を行ったところ、「NBA TopShot」で確固たる実績があること、ガス代が低廉であることなど、イーサリアムがもつ課題を解決し、マスB2C向けに最適化されたチェーンであるからと回答を得ている。

なお岩瀬氏はコレクションリミテッドの他に、DeFi(分散型金融)の保険プロトコルを開発するInsureDAO(インシュアー・ダオ)でチェアマンを務めている。

関連ニュース

【取材】漫画ページのオーナーになれるNFT、ヤンマガ新連載『code:ノストラ』のNFTがKollektionで販売

【取材】日本発DeFi保険プロトコル「InsureDAO」、約1.2億円を調達(CEO斯波晃士氏、Chairman岩瀬大輔氏)

デザイン:一本寿和
images:iStocks/ChrisGorgio・ismagilov

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【9/26話題】アスターが日経新聞に全面広告、バイナンスが日本市場参入検討かなど(音声ニュース)

アスター(ASTR)が日経新聞に全面広告、企業ロゴ329社掲載「 #web3ならできる 」がトレンド入り、GMO Web3の新取締役にミスビットコイン藤本真衣、顧問には京大の首藤一幸やアスター渡辺創太が就任、バイナンス、日本市場参入検討か=報道、メタバースインフラ開発Hadean、Epic Gamesらから約43億円調達、DBS銀行、認定投資家の暗号資産取引を可能に、テザー「USDT」、ポルカドット(DOT)上に発行開始、フィナンシェ、スポーツ4団体に暗号資産発行やグローバル展開の総合的支援を開始

Sponsored

フィナンシェ、スポーツ4団体に暗号資産発行やグローバル展開の総合的支援を開始

NFT事業やファントークン発行プラットフォーム「FiNANCiE」を展開するフィナンシェが、同プラットフォームを利用するスポーツ団体に対して、ブロックチェーン上のトークン(暗号資産)発行とその後の流通、グローバル展開までの総合的な支援を開始したことを9月26日発表した

メタバースインフラ開発Hadean、Epic Gamesらから約43億円調達

メタバースのインフラを開発するハデーン(Hadean)が、シリーズAラウンドで3,000万ドル(約43億円)の資金調達実施を9月23日に発表した。同社は分散型クラウドコンピューティングのオープンプラットフォームとして、web3やメタバースを実現するためのインフラを開発している。なお現在同社は、マインクラフトやソニー、ゲームズコインなどと複数年契約を締結しているとのことだ。