ブロックチェーン活用の新型コロナウィルス陰性デジタル証明書、カリブ海アルバ島にて試験運用

ブロックチェーン活用の新型コロナウィルス陰性デジタル証明書、カリブ海アルバ島にて試験運用

カリブ海アルバ島にて、ブロックチェーン活用の新型コロナウィルス陰性を証明する「アルバ・ヘルス・アプリ(Aruba Health App)」の試験運用が行われていることが明らかになった。

このアプリはアルバ島保険局とDID(デジタルアイデンティティ)のスタートアップ企業であるIndicio(インディシオ)、航空輸送業界のITプロパイダーであるSITA(シータ)が共同で試験運用を行っている。

アルバ島は、新型コロナウィルス感染症によるパンデミック後の観光産業の再建に注力する一方で、島を訪れる人々からの感染リスクを最小限に抑えることを目指している。アルバ島は世界の他の多くの国に比べてパンデミックの影響を受けておらず、ほとんどの観光客に開放されているという。しかしながら観光客と島の住民の安全を確保するために、すべての観光客は飛行機に乗る72時間前に受けたPCR検査の結果が陰性である必要があるとのことだ。

「アルバ・ヘルス・アプリ」を使用して診断結果をアルバ政府に提出した旅行者は、ブロックチェーン技術を使用した旅行者向けのデジタル健康証明書「トラステッド・トラベラー・クレデンシャル(trusted traveler credential)」が発行される。この証明書は旅行者のスマートフォンにて表示され、ホテル、レストラン、エンターテイメント施設にてQRコードを読み込むことで各施設の利用が出来るようになるとのこと。

またアルバ島政府は、この証明書を利用してPCR検査で陰性の結果が出るまで、訪問者がホテルの部屋から出られないように管理をすることが出来るとのことだ。

SITAの米州担当プレジデントであるダイアナ・エインテルス(Diana Einterz)氏は「旅行者が旅の途中で検証可能な健康データを関連するステークホルダーと共有できるようにすることは、業界の回復を早めることにつながります。安全かつセキュアに国境を開くことは極めて重要です。今回のトライアルにより、モバイルデバイスから政府、空港、航空会社と住所などのクレデンシャル情報を安全に共有できるようにすることで、旅行者がより多くのコントロールと利便性を得られる単一のトラベルトークンに一歩近づくことができました」とコメントしている。

Indico社のCEOであるヘザー・ダール(Heather Dahl)氏は「SITA for Arubaとともに構築した分散型アイデンティティ・エコシステムにより、私たちはより良い未来への道を切り開きました。人々がプライバシーを放棄することなく、経済を再開し、旅行を再開することができます。私たちはパンデミックの問題を解決するだけでなく、プライバシーとセキュリティの問題も解決します。それは、この技術が最初から、自分のデータとアイデンティティをコントロールする人の権利を尊重するように設計されているからです。アルバとSITAは、旅行におけるプライバシーファーストのアイデンティティ技術で世界をリードしており、その先駆的な取り組みは、来るべきより公平な世界のための基礎を築いています」とコメントしている。

関連ニュース

米NY州がワクチン接種証明ブロックチェーンアプリ「エクセルシオールパス」ローンチ

韓国がブロックチェーンを活用したワクチン接種証明書を導入へ

スペイン12か所の空港にてコロナ陰性証明書発行、独ブロックチェーン企業TE-FOOD

ドイツもブロックチェーンでコロナ対策か、IBMがドイツのコロナワクチン接種証明システム開発事業を270万ユーロ(約3億5000万円)で落札 

参考:SITA Indicio.tech

(images:iStock/Molnia)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【9/30話題】バイナンスがETHWのマイニングプール提供、ワーナーミュージックとオープンシー提携など(音声ニュース)

バイナンスがPoW版イーサリアム「ETHW」のマイニングプール提供開始、1か月は無料で、ワーナーミュージックとオープンシー提携、Music NFTプロデュースへ、メタマスク、暗号資産やNFT一覧表示機能「Portfolio Dapp」β版を公開、DG Daiwa Venturesがアフリカ暗号資産取引所「Yellow Card」へ出資、Polychainらと、ビットポイントがIOSTのネットワークノード参加、ステーキングサービスも今後展開へ、アバランチ(AVAX)活用の再保険「Re」、シードラウンドで約20億円調達、共和党議員ら米国個人年金制度(401k)の投資先拡大する法案提出、暗号資産も対象に、米ブラックロック、欧州でブロックチェーン関連企業ETF発売、USDCのサークル、決済システム企業エレメンツ買収、暗号資産決済の簡略化目指す、BISやイスラエル・ノルウェー・スウェーデンの中銀、CBDC調査プロジェクト開始、フェイスブックとインスタの「NFT投稿機能」全米ユーザー利用可能に、クロス投稿も、FTXグローバル、「Synapse (SYN)」取り扱いへ、バイナンス、ニュージーランドで「金融サービス提供ライセンス」取得、フラクトン、ファイルコイン(FIL)開発のプロトコルラボと協業、京都府丹後にコミュニティ通貨「コッペ」導入、カヤック「まちのコイン」活用で、日本ガイシとリコー、BC活用の電力デジタルサービス事業化で合弁会社設立へ、Bリーグ所属3チームがFiNANCiEでNFT配布、岩手ビッグブルズ・佐賀バルーナーズ・鹿児島レブナイズ、堤幸彦、本広克行、佐藤祐市の「SUPER SAPIENSS」、ジェネレーティブNFT販売へ

Sponsored