スペイン12か所の空港にてコロナ陰性証明書発行、独ブロックチェーン企業TE-FOOD

スペイン12か所の空港にてコロナ陰性証明書発行

スペインにある12か所の空港にて、ブロックチェーンを活用した新型コロナウィルスに関する健康証明書の発行テストが実施された。このことは独ブロックチェーン企業、TE-FOOD(TEフード)が4月27日に発表した。

TEフードは今回のテストにて検査管理ソリューション「TrustOne(トラストワン)」の提供を行っている。

「TrustOne」を利用することで乗客が入出港の際に行った自身の検査結果に基づき、新型コロナウィルス感染症について陰性であることの証明ができる。このソリューションが導入されたことで、検査に関する登録から予約、支払い、サンプリング、検査評価、検査結果の連絡まで検査手順がデジタル化されたとのことだ。また旅行会社や関係当局はこのソリューションにより、検査結果の出所や有効性を確認でき、証明書に関する不正行為を軽減できるとしている。

なおテスト対象となるのは、バルセロナ空港、ラ・パルマ空港、アリカンテ空港、ランサローテ国際空港、パルマ・デ・マヨルカ空港、イビザ空港、フエルテベントゥラ空港、メノルカ空港、テネリフェ空港、ビルバオ空港、バレンシア空港、グランカナリア空港の12か所である。

関連ニュース

ドイツもブロックチェーンでコロナ対策か、IBMがドイツのコロナワクチン接種証明システム開発事業を270万ユーロ(約3億5000万円)で落札

米NY州がワクチン接種証明ブロックチェーンアプリ「エクセルシオールパス」ローンチ

参考:TE-FOODトラストワン

(images:iStock/Molnia・NatanaelGinting

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【9/27話題】博報堂とアスターのステイクが新会社、Oasysでセガ「三国志大戦」リリースへなど(音声ニュース)

博報堂とアスター(ASTR)のステイク、ジョイントベンチャー設立へ、【取材】セガ「三国志大戦」のIP活用ブロックチェーンゲーム、Oasysでリリースへ、グリーがweb3事業参入を表明、ブロックチェーンゲーム開発を視野、SBIVCトレードが「ステーキングサービス」開始へ、カルダノ(ADA)から、フォビジャパン、テゾス(XTZ)取扱いへ、コインベース、オランダで暗号資産ライセンス取得、WEFが「Crypto Sustainability Coalition」発足、気候変動対策におけるweb3の可能性調査で、チリーズ(CHZ)の「Socios. com」、マレーシアのサッカークラブ「ジョホール」と提携、ラグビー用品専門店「ラグビーオンライン」、FiNANCiEでトークン発行、コンコーディアム(CCD)でweb3ドメインサービス「CNS」開始、Bictory Finance開発、NFTアートの祭典「CAWA TOKYO 2022」、9月27日から開催

Sponsored

コンコーディアム(CCD)でweb3ドメインサービス「CNS」開始、Bictory Finance開発

DeFi(分散型金融)やNFTにおけるブロックチェーンの安全性と規制問題に取り組むweb3ソフトウェア開発企業ビクトリーファイナンス(Bictory Finance)が、コンコーディアム(Concordium)ブロックチェーン上でウォレット・ネーム・システム「Concordium Name Service(CNS)」を9月27日に発表した。

Sponsored