バイナンス提供の株式トークンが規制違反か、ドイツ規制当局より警告

バイナンス提供の株式トークンが規制違反、ドイツ規制当局より警告

ドイツ連邦金融監督庁(BaFin)が大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が提供する「Binance Stock Tokens」について規制違反に該当することを4月28日公表し、警告を行った。

BaFinの公表した声明文によると「承認された目論見書を作成せずに有価証券を公募することは、免除が適用される場合を除き、EU目論見書規則の第3条第1項に基づく目論見書作成義務の違反となる」としたうえで、バイナンスが「Binance Stock Tokens」を提供する前に目論見書を提出していないことを指摘している。

また目論見書発行の義務違反は規制に基づく行政犯罪となり、最高500万ユーロ(約6.6億円)または直近の会計年度の総売上高の3%の罰金が科せられる可能性があり、さらに違反行為から得られる経済的利益の2倍までの罰金が課せられることもあるとしている。

バイナンスは株式をトークン化して販売するサービスとして4月12日に「Binance Stock Tokens」を発表した。その同日よりサービス第一弾として米テスラ(Tesla Inc.)の株式をトークン化、第二弾として4月15日に米国大手暗号資産取引所コインベース(Coinbase)の株式をトークン化し取引を開始し、続いて4月26日にはアップル(Apple)、マイクロソフト(Microsoft)、マイクロストラテジー(MicroStrategy)の株式トークンのリリースも発表している。なおこれらはトークン1単位が該当株式1株に相当し、株式トークンの価値は実際の株式に裏付けられているため、株式トークンの価格は実際の株式と連動して変化する仕組みとなっている。バイナンスは株式トークンの価値を担保するために、ドイツの規制された資産管理会社であるCMエクイティー(CM-Equity AG)に委託し株式の管理を行っていると発表している。

関連ニュース

バイナンスの株式トークン、香港及び欧州規制当局が調査か

参考:BaFinFinancial Times

(images:iStock/Abscent84・NatanaelGinting)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

保険料支払と保険金受取にビットコイン導入、米自動車保険メトロマイル

米自動車保険会社メトロマイル(Metromile)が、同社が提供するデジタル保険プラットフォームにおける保険料の支払いと保険金の受け取りの両方にビットコインを対応させることを5月6日発表した。なお保険料の支払いと保険金の受け取りの両方に暗号資産(仮想通貨)を導入するのは初の事例となるようだ

Crypto. comがセリエAと提携、コッパ・イタリア決勝にてトロフィーのNFT発行を予定

暗号資産(仮想通貨)取引所・決済サービスを提供するCrypto.com(クリプトドットコム)がイタリアプロサッカーリーグのセリエAとのパートナーシップ契約の締結を5月6日発表した。なおリリースによるとサッカーリーグとして暗号資産関連企業と提携をしたのは初の事例とのこと