Fidelity Investments、機関投資家向けデジタル資産分析ソリュシーション「Sherlock」を発表

Fidelity Investments、機関投資家向けデジタル資産分析ソリュシーション「Sherlock」を発表

フィデリティ ・インベストメント(Fidelity Investments)が、デジタル資産のデータ分析ソリューション「シャーロック(SherlockSM)」を発表した。「SherlockSM」は機関投資家がデジタル資産をナビゲートするために、包括的なデータカバレッジと使いやすく直感的な分析ツールを一つの場所にまとめることで、デジタル資産をサポートするようだ。

「SherlockSM」は開発エコシステム、ネットワーク活動、取引、ソーシャルメディア活動、ニュースなど、主要な機関投資家向けデータプロバイダーが提供するデジタル資産に関する基本的および技術的データへの合理的なアクセスを提供するとともに、投資家が市場を評価するのに役立つ独自の分析を行う。

「SherlockSM」を利用することで、デジタルアセットネイティブ投資家から伝統的な資産運用会社まで、機関投資家は具体的に次のような資産のファンダメンタルおよびテクニカルビューを提供する幅広いデータにシームレスにアクセスすることができるようになるとのことだ。

機関投資家がアクセス可能になるデータは「開発エコシステムデータと詳細な分析、デジタル資産のネットワーク活動と経済性に関する豊富なデータと分析を含む、ブロックチェーンデータ、マーケットデータ(詳細なオーダーブックを含む)、デリバティブデータ(近日公開予定)、ソーシャルメディアデータ、業界の最新情報やコンテキストを提供するニュースとリサーチ」である。

フィデリティ応用技術センター(Fidelity Center for Applied Technology:FCAT)の製品管理担当副社長であるケビン・ヴォラ氏は「ここ数年でデジタル資産のデータ領域が飛躍的に成長しているのを目の当たりにして興奮していますが、市場が急速に成熟している一方で、機関投資家からは包括的でアクセス可能なデータソリューションがまだ必要だという声を聞いています。堅牢で洞察に満ちたデータセットと高度に直感的なツールの組み合わせにより、お客様がデータに基づいたデジタル資産投資の意思決定を行うことができるようになります」とコメントしている。

Blockchain Capital LLCのシニアアソシエイトであるキンジャル・シャー(Kinjal Shah)氏は「今日の暗号資産市場を調査する際の大きな課題は、無数のリソースから情報をつなぎ合わせることです。Sherlockは、このペースの速い市場で重要な、全体的でタイムリーなデータへのアクセスを提供することで、より効率的なリサーチを支援してくれます」とコメントしている。

Pareto TechnologiesのCIO兼共同設立者であるジュナイド・ガウリ(Junaid Ghauri)氏は「クオンツ・アセット・マネージャーとして、我々は取引の意思決定を行うために豊富なデータを必要としていますが、シャーロックはそれを提供する上でそれ以上のものを提供しています。私たちは、シャーロックが提供する開発データが、比較可能なプラットフォームとの中核的な差別化要因であることを発見し、私たちのチームは、シャーロックが提供する開発者の献身、開発者の活動、開発ネットワークデータを分析することによって、アルトコイン市場全体で繰り返しアルファ値の機会を特定することに成功しました」とコメントしている。

FCATの新興技術部門責任者であるアダム・シューラ氏は「当社は、変化する業界やお客様のニーズに応えるために、新興技術がどのように役立つかを常に探求しており、ブロックチェーンは、この技術やデジタル資産が金融業界の将来において重要な役割を果たすと考えているため、注力分野の一つとなっています。Sherlockは、機関投資家がデジタル資産をより効率的に調査することを支援しており、我々は実験を続け、テクノロジーがこの分野での投資の他の側面を簡素化するのに役立つ方法を探っています」とコメントしている。 

参考:businesswire

(images:iStock/champc・artsstock)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

保険料支払と保険金受取にビットコイン導入、米自動車保険メトロマイル

米自動車保険会社メトロマイル(Metromile)が、同社が提供するデジタル保険プラットフォームにおける保険料の支払いと保険金の受け取りの両方にビットコインを対応させることを5月6日発表した。なお保険料の支払いと保険金の受け取りの両方に暗号資産(仮想通貨)を導入するのは初の事例となるようだ

Crypto. comがセリエAと提携、コッパ・イタリア決勝にてトロフィーのNFT発行を予定

暗号資産(仮想通貨)取引所・決済サービスを提供するCrypto.com(クリプトドットコム)がイタリアプロサッカーリーグのセリエAとのパートナーシップ契約の締結を5月6日発表した。なおリリースによるとサッカーリーグとして暗号資産関連企業と提携をしたのは初の事例とのこと