#XEM

【解説】シンボル(XYM)のキプロス実装と、ネム(XEM)のハーロックとは? 何が変わる?(Symbol NEMコミュニティ トレスト氏)

「あたらしい経済」編集部は、国内のSymbol & NEMコミュニティの有識者のトレスト氏(@TrendStream)に取材。今回成功した「キプロス」ハードフォークと、今後の「ハーロック」、そしてこれらのハードフォークが成功することの意義について、語っていただいた。

XEMの大型アップデートが完了、Symbol(XYM)が誕生

XEMの大型アップデートが完了し、新たなブロックチェーンSymbol(XYM)が誕生したことが3月17日に明らかになった。 これによりNEMグループは「NEM NIS1」と並行して、Symbolを正式に2つのチェーンのエコシステムにしていく。 Symbolの通貨XYMは、NEM保有数に応じてSymbolローンチと同時に1:1の比率で分配される予定だ。なお現時点で、国内取引所がどのように対応するか明らかになってはいない

コインチェック仮想通貨ネム(NEM/XEM)流出事件、31人を検挙

2018年に発生した暗号資産(仮想通貨)ネム(XEM)が暗号資産取引所コインチェックから流出した一連の事件において、ネムの不正な交換に応じたとみられる31人が警視庁により組織犯罪処罰法違反(犯罪収益収受)容疑で逮捕や書類送検されたことが、1月22日共同通信など報道各社が報じた