GMOコイン、オーエムジー(OMG)取扱廃止とネム(XEM)一部サービス終了へ

GMOコインがオーエムジー取扱廃止へ

国内暗号資産(仮想通貨)取引所GMOコインが、暗号資産オーエムジー(OMG)の取り扱い廃止予定を6月20日発表した。

また同時にネム(XEM)の一部サービス終了についてもアナウンスがされている。「販売所」、「暗号資産FX」、「つみたて暗号資産」が終了の対象だ。

GMOコインは、今回のオーエムジー取り扱い廃止およびネム一部サービス終了の理由について「グローバルでの流動性不足により、当社でのカバー取引やプライス生成の継続が困難」と説明している。

7月10日には両銘柄共に「つみたて暗号資産」毎月プランが最終積立日となる。7月22日には両銘柄の「暗号資産FX」の新規注文が受付終了。同日にオーエムジーの預入受付終了となる。

そして7月28日には両銘柄の「つみたて暗号資産」毎日プランが最終積立日となり、7月29日には両銘柄における「販売所」、「暗号資産FX」のサービスが終了。オーエムジーについては同日に「取引所(現物取引)」、「貸暗号資産ベーシック」のサービスが終了になるとのこと。

ただし、7月29日以降もオーエムジーの送付は対応しているとのこと。ネムについても「取引所(現物取引)」、「貸暗号資産ベーシック」、預入および送付は引き続き利用できるとのこと。

これによりGMOコインでの取り扱い暗号資産は、合計で23銘柄となる。

オーエムジー取り扱い廃止により同取引所では、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)、リップル(XRP)、ネム(XEM)、ステラルーメン(XLM)、ベーシックアテンショントークン(BAT)、テゾス(XTZ)、クアンタム(QTUM)、エンジンコイン(ENJ)、ポルカドット(DOT)、コスモス(ATOM)、シンボル(XYM)、モナコイン(MONA)、カルダノ(ADA)、メイカー(MKR)、ダイ(DAI)、チェーンリンク(LINK)、FCRコイン(FCR)、ドージコイン(DOGE)、ソラナ(SOL)、アスター(ASTR)を取り扱う。

なお今回のGMOコインの発表と同日、コインチェックもオーエムジーの取り扱い廃止予定を発表していた。

はじめてのビットコインはメルカリで

関連ニュース

参考:GMOコイン
デザイン:一本寿和

images:iStocks/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【3/1話題】イーサL2「Blast」がメインネットローンチ、ワールドコインのTFHがSolanaウォレット企業買収など

イーサL2「Blast」、メインネットをリリース、ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行、GINKAN、「実世界の決済データとNFT情報を統合する技術」で特許取得、バイナンスにクロスチェーンプロトコル「Axelar(AXL)」上場へ、オーケーコインジャパンにエイプコイン(APE)上場へ、米マイニング企業マラソン、ビットコイン(BTC)のL2ネットワーク「Anduro」をローンチ、テレグラム、TONブロックチェーンで広告収入共有へ、香港が「デジタル人民元」の試験運用範囲拡大へ、クロスボーダー決済効率化で、グレースケール、SECに「現物ビットコインETF」のオプション承認を働きかける

ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行

暗号資産(仮想通貨)プロジェクト「ワールドコイン(Worldcoin)」関連企業のツールズ・フォー・ヒューマニティ(TFH:Tools For Humanity)が、ソラナ(Solana)基盤のウォレット「オットルウォレット(Ottr Wallet)」開発元のオットルファイナンス(Ottr Finance)を買収した