GMOコイン、オーエムジー(OMG)取扱廃止とネム(XEM)一部サービス終了へ

GMOコインがオーエムジー取扱廃止へ

国内暗号資産(仮想通貨)取引所GMOコインが、暗号資産オーエムジー(OMG)の取り扱い廃止予定を6月20日発表した。

また同時にネム(XEM)の一部サービス終了についてもアナウンスがされている。「販売所」、「暗号資産FX」、「つみたて暗号資産」が終了の対象だ。

GMOコインは、今回のオーエムジー取り扱い廃止およびネム一部サービス終了の理由について「グローバルでの流動性不足により、当社でのカバー取引やプライス生成の継続が困難」と説明している。

7月10日には両銘柄共に「つみたて暗号資産」毎月プランが最終積立日となる。7月22日には両銘柄の「暗号資産FX」の新規注文が受付終了。同日にオーエムジーの預入受付終了となる。

そして7月28日には両銘柄の「つみたて暗号資産」毎日プランが最終積立日となり、7月29日には両銘柄における「販売所」、「暗号資産FX」のサービスが終了。オーエムジーについては同日に「取引所(現物取引)」、「貸暗号資産ベーシック」のサービスが終了になるとのこと。

ただし、7月29日以降もオーエムジーの送付は対応しているとのこと。ネムについても「取引所(現物取引)」、「貸暗号資産ベーシック」、預入および送付は引き続き利用できるとのこと。

これによりGMOコインでの取り扱い暗号資産は、合計で23銘柄となる。

オーエムジー取り扱い廃止により同取引所では、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)、リップル(XRP)、ネム(XEM)、ステラルーメン(XLM)、ベーシックアテンショントークン(BAT)、テゾス(XTZ)、クアンタム(QTUM)、エンジンコイン(ENJ)、ポルカドット(DOT)、コスモス(ATOM)、シンボル(XYM)、モナコイン(MONA)、カルダノ(ADA)、メイカー(MKR)、ダイ(DAI)、チェーンリンク(LINK)、FCRコイン(FCR)、ドージコイン(DOGE)、ソラナ(SOL)、アスター(ASTR)を取り扱う。

なお今回のGMOコインの発表と同日、コインチェックもオーエムジーの取り扱い廃止予定を発表していた。

はじめてのビットコインはメルカリで

関連ニュース

参考:GMOコイン
デザイン:一本寿和

images:iStocks/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【7/18話題】ステートストリートが独自ステーブルコイン検討、ビットトレードの全取引ペアの売買手数料が無料化など(音声ニュース)

ステートストリート、独自ステーブルコインの発行検討か=報道、香港規制当局ら、ステーブルコイン発行体のライセンス取得義務についての協議結果を報告、早期立法化へ、ビットトレード、全取引ペアの売買手数料を無料化へ、BTC担保の米ドルステーブルコイン「USDh」、BTCトークン規格「Runes」でローンチ、Polygon LabsがZK証明システム「Plonky3」公開、オープンソースに、マウントゴックスが債権者への弁済を報告、クラーケンへ48,641BTC送金も、ドイツ当局、ビットコイン売却で28.8億ドルの収益、スタンダードチャータード銀行支援のZodia Markets、Elwoodの暗号資産OTC事業を買収、テレグラムの「TON」、ビットコイン間のトークンブリッジサービス「トンテレポートBTC」発表