BitfinexがTetherをOMG Networkに統合することを発表

BitfinexがTetherをOMG Networkに統合することを発表

暗号資産(仮想通貨)取引所Bitfinex(ビットフィネックス)が、USドルペッグのステーブルコイン「テザー(Tether:USDT)」をOMG Network(旧OmiseGO)に統合することを6月1日発表した。

今回の統合はビットフィネックスがテザーの発行をイーサリアム(Ethereum)で行う際に発生する、イーサリアムの処理混雑時におけるトランザクション詰まりとガスの高騰を解消することを目的としている。ビットフィネックスは今回の統合によってUSDTトランザクションのコンファメーションにかかる時間と費用が削減できると推測しているとのことだ。

OMG Networkとはイーサリアムネットワークをスケーリングし、リアルタイムでのトランザクションのやりとりを可能にするレイヤー2ソリューションである。6月1日に「OMG Network V1 Mainnet Beta」のリリースが発表され、それに伴ってプロダクト名もOmiseGOからOMG Networkに変更された。

「OMG Network V1 Mainnet Beta」はMore Viable Plasmaという仕様を採用しており、これによってイーサリアムと同等の安全性を保ちつつ従来よりもトランザクションにかかるコストが66%ほどカットできるようになったとのことだ。

なおイーサリアムのトランザクション処理の混雑に対する弱さは初期から問題となっており、特にテザーは2020年4月時点でイーサリアムでのガス使用量の約20%を占めるほどの存在となっていたとのこと。

ビットフィネックスのCTOであるPaolo Ardoino(パオロ・アードイノ)氏は「USDTの入出金をOMG Network上で行うことで、我々はコストを下げ、パフォーマンスを向上させ、ルートチェーン(イーサリアム)への圧力を緩和することができる。これはビットフィネックスにとっても顧客にとってもイーサリアムエコシステムにとっても良いことだ」とコメントしている。

編集部のコメント

今回のニュースはOmiseGOがOMG Networkへリブランディングを行い、OMG Networkが新たなレイヤー2スケーリングソリューションとしてOMG Network V1 Mainnet Betaをリリース。そしてイーサリアムのブロックチェーンを利用してテザーを発行するBitfinexによってそのOMG Network V1 Mainnet Betaを導入し、そのメインネット上でテザーの発行が行われることが発表されたという内容になっています。

レイヤー2スケーリングソリューションとは、通常1つずつ処理されるトランザクションをいくつかまとめて1つのトランザクションとして扱うことでブロックチェーンの処理スピードを上げることを目指しているプロダクト全般を指します。このときトランザクションをただまとめるだけでは安全性が確保されないため、技術的な工夫が必要になります。

イーサリアムの創業者であるヴィタリック・ブテリン氏は今回のOMG Networkのリリースに関して「注目されていない間に、イーサリアムのレイヤー2ソリューションの初期展開は成功している。あとは改良とデプロイだ」とツイートし、続けてレイヤー2ソリューションの満たすべき要件や今後の展望などを述べています。

なおUSDTは、その発行量とTether Limitedが保有するドルの量を同じにすることによりドルに固定されます。またUSDTはテザープラットフォームで入手することができます。イーサリアムの他にOmni、Tron、EOS、Liquid Network、Algorandのブロックチェーンでも発行がされています。2019年には全ブロックチェーンで合計およそ2,120億ドル(約23兆円)相当の資金がUSDTとして送金されています。

また現在ではイーサリアムが最もUSDTの発行に利用がされており、イーサリアムのブロックチェーン上で行われたUSDTの取引数は2020年3月に全体の90%以上にまで上昇しています。

コメント:小俣淳平(あたらしい経済)

(images:istock/Who_I_am)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

欧州中央銀行がステーブルコインのリスク指摘、業界有識者らFinCEN文書を非難、アモニカブランズのゲームがダッパーラボのBCフロウに移行などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

欧州中央銀行(ECB)がステーブルコインのリスクを指摘、暗号資産業界の有識者らが「フィンセン(FinCEN)文書」を非難、アモニカブランズのゲームタイトルがダッパーラボの独自ブロックチェーンフロウに移行、米CIAがブロックチェーンなどの新技術の開発研究をする「CIAラボ」設立

アモニカブランズのゲームタイトルがダッパーラボの独自ブロックチェーンフロウに移行

中国香港を拠点とするゲーム開発会社アモニカブランズ(Animoca Brands)が同社が提供するゲームタイトル「スターガール(Star Girl)」を、ブロックチェーン開発企業であるダッパーラボ(Dapper Labs)の独自ブロックチェーン「フロウ(Flow)」に移行することを9月22日発表した。またアモニカブランズは「フロウ」にて「MotoGP™」をテーマにしたブロックチェーンゲームをリリースすることも併せて発表した。

フェイスブックらのリブラ協会が運営会社のCEOを発表、日本損害保険協会とNECがブロックチェーン技術の共同検証開始などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

フェイスブックらのリブラ協会が運営会社リブラネットワークスのCEOを発表、一般社団法人日本損害保険協会とNECが共同保険の事務効率化を目的にブロックチェーン技術の共同検証開始、米ユタ州がブロックチェーンベースの医療データ共有システム構築のためHHSテクノロジーグループと提携、LINEが海外展開する暗号資産(仮想通貨)取引所ビットフロント(BITFRONT)が暗号資産の預入で利息が獲得できるサービスを開始

米ユタ州がブロックチェーンベースの医療データ共有システム構築のためHHSテクノロジーグループと提携

BtoBソリューションを提供するソフトウェア企業HHSテクノロジーグループ(HHS Technology Group:HTG)が米国ユタ州と提携しブロックチェーンを活用した、災害時などに患者の診療情報を医療提供者間で共有するためのシステムを構築することを9月14日に発表した。

LINEが海外展開する暗号資産(仮想通貨)取引所ビットフロント(BITFRONT)が暗号資産の預入で利息が獲得できるサービスを開始

LINE株式会社が、暗号資産(仮想通貨)レンディングプラットフォームを運営するセルシウス・ネットワーク(Celsius Network)と提携し、LINEが運営するグローバル向け暗号資産(仮想通貨)取引所「ビットフロント(BITFRONT)」において、ユーザーが暗号資産の預入で利息が獲得できる「Earn Interest」サービスを提供開始したことを9月17日発表した。