BitfinexがTetherをOMG Networkに統合することを発表

BitfinexがTetherをOMG Networkに統合することを発表

暗号資産(仮想通貨)取引所Bitfinex(ビットフィネックス)が、USドルペッグのステーブルコイン「テザー(Tether:USDT)」をOMG Network(旧OmiseGO)に統合することを6月1日発表した。

今回の統合はビットフィネックスがテザーの発行をイーサリアム(Ethereum)で行う際に発生する、イーサリアムの処理混雑時におけるトランザクション詰まりとガスの高騰を解消することを目的としている。ビットフィネックスは今回の統合によってUSDTトランザクションのコンファメーションにかかる時間と費用が削減できると推測しているとのことだ。

OMG Networkとはイーサリアムネットワークをスケーリングし、リアルタイムでのトランザクションのやりとりを可能にするレイヤー2ソリューションである。6月1日に「OMG Network V1 Mainnet Beta」のリリースが発表され、それに伴ってプロダクト名もOmiseGOからOMG Networkに変更された。

「OMG Network V1 Mainnet Beta」はMore Viable Plasmaという仕様を採用しており、これによってイーサリアムと同等の安全性を保ちつつ従来よりもトランザクションにかかるコストが66%ほどカットできるようになったとのことだ。

なおイーサリアムのトランザクション処理の混雑に対する弱さは初期から問題となっており、特にテザーは2020年4月時点でイーサリアムでのガス使用量の約20%を占めるほどの存在となっていたとのこと。

ビットフィネックスのCTOであるPaolo Ardoino(パオロ・アードイノ)氏は「USDTの入出金をOMG Network上で行うことで、我々はコストを下げ、パフォーマンスを向上させ、ルートチェーン(イーサリアム)への圧力を緩和することができる。これはビットフィネックスにとっても顧客にとってもイーサリアムエコシステムにとっても良いことだ」とコメントしている。

編集部のコメント

今回のニュースはOmiseGOがOMG Networkへリブランディングを行い、OMG Networkが新たなレイヤー2スケーリングソリューションとしてOMG Network V1 Mainnet Betaをリリース。そしてイーサリアムのブロックチェーンを利用してテザーを発行するBitfinexによってそのOMG Network V1 Mainnet Betaを導入し、そのメインネット上でテザーの発行が行われることが発表されたという内容になっています。

レイヤー2スケーリングソリューションとは、通常1つずつ処理されるトランザクションをいくつかまとめて1つのトランザクションとして扱うことでブロックチェーンの処理スピードを上げることを目指しているプロダクト全般を指します。このときトランザクションをただまとめるだけでは安全性が確保されないため、技術的な工夫が必要になります。

イーサリアムの創業者であるヴィタリック・ブテリン氏は今回のOMG Networkのリリースに関して「注目されていない間に、イーサリアムのレイヤー2ソリューションの初期展開は成功している。あとは改良とデプロイだ」とツイートし、続けてレイヤー2ソリューションの満たすべき要件や今後の展望などを述べています。

なおUSDTは、その発行量とTether Limitedが保有するドルの量を同じにすることによりドルに固定されます。またUSDTはテザープラットフォームで入手することができます。イーサリアムの他にOmni、Tron、EOS、Liquid Network、Algorandのブロックチェーンでも発行がされています。2019年には全ブロックチェーンで合計およそ2,120億ドル(約23兆円)相当の資金がUSDTとして送金されています。

また現在ではイーサリアムが最もUSDTの発行に利用がされており、イーサリアムのブロックチェーン上で行われたUSDTの取引数は2020年3月に全体の90%以上にまで上昇しています。

コメント:小俣淳平(あたらしい経済)

(images:istock/Who_I_am)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【8/3の話題】ルイヴィトンがブロックチェーンゲーム、ハッシュポートが前澤友作氏らから資金調達など(音声ニュース)

ルイヴィトンがブロックチェーンゲーム「LOUIS THE GAME」ローンチへ、ビープルがNFTアート提供、【取材】ハッシュポートが前澤友作氏から約4.8億円調達発表、共同でブロックチェーン新サービスも、アソビシステムらメタバース上にグローバル文化都市「メタトーキョー」設立、Decentralandに土地購入、韓国の11の暗号資産取引所が閉鎖の可能性、関係筋証言、米マイアミが「マイアミコイン」のマイニング開始へ、保有者にはBTCとSTXの利回り報酬も、暗号資産取引プラットフォームVoyager、決済企業Coinifyを約93億円で買収、米NCR、ビットコインATM展開のLibertyXを買収、暗号資産企業ブローカーの定義が議論に、米5,500億ドル規模のインフラ法案の税務報告項目にて、FTXがエンタメブランド向けNFTマーケットプレイス開発へ、米ドルフィンと提携で、コインベースプロでAlchemy Pay(ACH)、PlayDapp(PLA)、Rai Reflex Index(RAI)上場、ビットポイント、国内初のCardano(ADA)上場へ、クロアチア初、チリーズのSocios.comでディナモザグレブがファントークン発行へ、Coincheck NFT(β版)、NFTサッカーゲームSorareの取扱い開始へ、ポイ活でビットコイン、モッピーでの獲得ポイントがXRP、LTC、BCHにも交換可能に

Sponsored

クロアチア初、チリーズのSocios. comでディナモザグレブがファントークン発行へ

ブロックチェーン企業チリーズ(Chiliz)がクロアチア共和国の国内リーグ所属のサッカークラブであるディナモ・ザグレブ(Dinamo Zagreb)と提携し、チリーズ運営のファンエンゲージメントプラットフォーム「Socios.com(ソシオスドットコム)」にて同クラブのファントークンを発行することを8月2日発表した。同クラブはクロアチアでファントークンを発行する国内初のスポーツチームとなる。

ルイヴィトンがブロックチェーンゲーム「LOUIS THE GAME」ローンチへ、ビープルがNFTアート提供

LVMHグループのルイ・ヴィトンが、創業者ルイ・ヴェイン氏の生誕200年を記念したプロジェクト「LOUIS 200」の一環として、ブロックチェーンゲームアプリ「LOUIS THE GAME」をローンチすることを8月3日発表した。なおローンチ日である8月4日はヴェイトン氏の誕生日とのこと

アソビシステムらメタバース上にグローバル文化都市「メタトーキョー」設立、Decentralandに土地購入

アソビシステム株式会社、ParadeALL(パレードオール)株式会社、Fracton Ventures(フラクトンベンチャーズ)株式会社の3社が、NFTを活用した次世代メタバース(仮想空間)上に「グローバル文化都市トーキョー」を創り出すWeb3.0プロジェクトの始動を8月3日発表した。