投資支援プラットフォームを運営するクリプタクトがコミュニティ型投資SNS「アイデアブック」をリリース

投資支援プラットフォームを運営するクリプタクトがコミュニティ型投資SNS「アイデアブック」をリリース

株式会社クリプタクトが、コミュニティ型総合投資SNS「アイデアブック」をリリースした。

「アイデアブック」は、投資にまつわる投稿や交流ができる、投資に特化したSNS。

「アイデアブック」では、株式、為替(FX)投資信託、仮想通貨など様々な金融商品(約4,000種類)についての投資アイデアを投稿することができる。それぞれの投資アイデアには、閲覧数「いいね」数などが表示され、気になったアイデアをブックマークしたり、ユーザーをフォローすることで、その後のパフォーマンスを確認することもできるとのこと。そして一度投稿したアイデアは修正や削除ができないため、個々の投資実績が蓄積されていくとのことだ。

あたらしい経済編集部は株式会社クリプタクト代表取締役 斎藤 岳氏へ「多くの人にとってお金は非常に重要なものですが、なぜこれまで投資型SNSは存在しなかったと考えられますか?2.2020年末までの目標はなんでしょうか?」と質問を投げかけた。

1.なぜこれまで投資型SNSは存在しなかったと考えられますか?

既存の投資に関するサービスの設計思想の根本には、「金融商品を販売する側」の発想が色濃く出たものが中心であると考えています。 つまり例えば株であれば、個別株銘柄(という商品)について意見交換する場は数多くあります。

しかし投資をする側、つまりはユーザーの発想でいうと、商品そのものの議論よりも、まずどういったアイデアに基づいて投資をするのか、どういう切り口でそういった商品を売買するのか、そういった説明が必要なこととなります。 特定の銘柄の株をよく知っていない限り、こういった株銘柄単位での意見交換というのは個人にはハードルが高いことと思います。

また実際に投資をする際も、特定の銘柄ありきで入るのではなく、これから世の中がどうなっていくか予測し、銘柄選定、というのが自然の流れです。

投資家が投資を検討する際に必要な「どういった社会/経済を予測するか」という入口の視点から入ったサービスは、おそらく初めてのものだと思います。

なぜ「投資する側の視点」が欠如していたかというのは色々な理由があると思いますが、弊社のマネジメントはヘッジファンドで運用を10年以上おこなっていましたが、そういったプロとしての経験のある人間が、ここの市場参入していない、というのが一つだと思います。 プロとしての経験やそこから個人投資家になった人間だからこそ思いついたサービス設計だったと考えています。

2.2020年末までの目標はなんでしょうか?

6月1日にリリースしたプロダクトは必要最低限の機能を備えたものになります。 ここから皆さんに使ってもらう中で「こういった機能があった方がいい。ここが使いにくい。」など、フィードバックをいただき、実装させることにより、より需要にマッチした、理想とするサービスにしていきたいと思っています。

2020年年末までの目標としては、もちろん完成/ゴールは常にないのですが、サービスとしてこういった声の大部分に応えた、及第点のあるものに仕上げていくことを目指しています。 そして、来年以降はプラットフォームとして、サービス利用者の拡大に大きくまい進していきたいと考えています。

具体的な数値の目標でなく恐縮ですが、フィードバックいただければ順次反映させていきますので、お使いいただきぜひ忌憚のないご意見いただければと存じます。

編集部のコメント

対象となる金融商品は、株式は東京証券取引所に上場する東証1部2部、マザーズ、REIT、ETF等約3,700銘柄に加え、名古屋、札幌、福岡証券取引所に上場する株式、為替は米ドル、ユーロなど12の外国通貨が対象で、全て円建て、そして仮想通貨は時価総額上位の99コインが対象となるとのことです。

コメント:竹田匡宏あたらしい経済)

(images:AliseFox–)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

サウジアラビア通貨庁とアラブ首長国連邦中央銀行がデジタル通貨に関する共同プロジェクト「アバー(Aber)」の最終報告書発表

サウジアラビアの中央銀行であるサウジアラビア通貨庁(SAMA:Saudi Arabian Monetary Agency)とアラブ首長国連邦中央銀行(CBUAE:Central Bank of the United Arab Emirates)が、中央銀行デジタル通貨(CBDC)とブロックチェーンに関する両国共同のプロジェクト「アバー(Aber)」の最終報告書を11月29日発表した。

ビットコインが過去最高値更新、バブル再来か、もはやバブルでもないのか

暗号資産(仮想通貨)ビットコインの価格が高騰している。2020年11月30日、海外取引所のバイナンスでは19,799ドル、Bitstampでは19,666ドルと、過去最高値を更新。また米国大手取引所コインベースでは17年12月に記録した過去最高値19,891ドルにはどとかなかったものの19,873ドルを記録した。米ドル建てで20,000ドルの大台に迫る勢いを見せた。各取引所で過去最高値更新後、一旦価格の19,000ドル近くまで下落も見られたが、その後も現時点まででは19,000ドルから20,000ドルの間を推移している。

日本のRegTech企業バセット(Basset )が分散型金融領域のリスク評価サービスをスタート

金融データ分析アルゴリズムを提供するRegTech(規制:Regulationと技術:Technologyを合わせた造語)企業のバセット(Basset)が 分散型金融(DeFi)領域へのリスク評価サービスを開始し、イーサリアム上で稼働するスマートコントラクトに対するリスク分析のためのオラクルを提供することを11月30日に発表した。

欧州中央銀行理事がデジタル決済に関する意見表明、独財務大臣がデジタルユーロへの早急な対応示唆、FXcoinが住友商事Gと実証実験などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

欧州中央銀行理事がデジタル決済革命やデジタル・ユーロに関する意見を表明、ドイツの財務大臣がデジタル・ユーロへの早急な対応を示唆、FXcoinが住友商事グループ会社間の債権債務を暗号資産(仮想通貨)XRPを用いて決済する実証実験実施、TKPの「株主総会ライブ配信支援パッケージ」にウィルズがブロックチェーン電子議決権行使プラットフォーム「WILLsVote」を提供開始

TKPの「株主総会ライブ配信支援パッケージ」にウィルズがブロックチェーン電子議決権行使プラットフォーム「WILLsVote」を提供開始

株式会社ティーケーピー(TKP)が株式会社ウィルズと販売提携契約を締結し、TKP提供の「株主総会ライブ配信支援パッケージ」においてウィルズのブロックチェーン技術を活用した電子議決権行使プラットフォーム「WILLsVote(ウィルズボート)」を提供開始することを11月30日発表した。

ドイツの財務大臣がデジタル・ユーロへの早急な対応を示唆

ドイツの財務相を務めるオラフ・ショルツ(Olaf Scholz)氏が「消費者や企業からデジタルマネーに対する大きな需要があることから、ヨーロッパはデジタル決済のソリューションを考え出すためにより懸命に努力すべきだ」とヨーロッパのデジタル決済に関するオンラインカンファレンスで述べたことを11月27日にロイター通信が報じた。