【解説】シンボル(XYM)のキプロス実装と、ネム(XEM)のハーロックとは? 何が変わる?(Symbol NEMコミュニティ トレスト氏)

シンボルのキプロスハードフォークが実装

暗号資産シンボル(Symbol/XYM)のハードフォーク「キプロス(Cyprus)」が11月12日に実装された。「Symbol&NEM」公式アカウントが報告した。

シンボルは、ネム(NEM/XEM)の大型アップデートとして今年3月に誕生した新たなブロックチェーン。ネムがパブリックなブロックチェーンなのに対し、シンボルはパブリックとプライベートのハイブリッド型としても運用可能なブロックチェーンで、企業の利用も期待されている。なおネムはPoI(Proof of Importance)、シンボルはPoS+(Proof of Stake Plus)という異なるコンセンサスアルゴリズムを採用しているのも特徴だ。

そしてネム(XEM)がシンボルのサブチェーンになることを決定する、ネムのハードフォーク「ハーロック(Harlock)」の今後の実施も予定されている。

「あたらしい経済」編集部は、国内のSymbol & NEMコミュニティの有識者のトレスト氏(@TrendStream)に取材。今回成功した「キプロス」ハードフォークと、今後の「ハーロック」、そしてこれらのハードフォークが成功することの意義について、語っていただいた。

Symbol & NEMコミュニティの有識者 トレスト氏 に取材

−今回実装されたシンボルのハードフォーク「キプロス」はどのようなものでしょうか?

前提として、NEMからSymbolが生まれた時に、NEMで初期から確保されていたXEM建てのプロトコル資金とほぼ同量のXYMが、Symbol側のプロトコル資金としても生まれました。

その管理をしているのがNEMトラストという初期投資家からなる数名のグループで、過去のNEM財団やNEMグループ、NEMソフトウェアなどの設立にも力を与えてきました。

しかしながら財団の2度の失敗や、Symbolローンチ後のNEMグループによる「技術普及よりもマーケティング」、「コミュニティよりも対企業」という路線がうまくワークせず、コミュニティからも疑問や批判の声が噴出していました。そこで今回のハードフォークはコア開発者らによってコミュニティ中心主義の資金運用体制を再構築することが大きな目的でした。

ハードフォークというと敵対的なものからチェーンの分岐が想像されると思いますが、これはNEMトラストなどの組織の同意を得た上での友好的ハードフォークであり、別途コインが生まれるといったようなことはありません。簡単に言うとアップグレードです。

今回のキプロスフォークで分散していたおよそ25億XYMのプロトコル資金がバーンされ、それらのアカウントを無効にし、同数を再生成しいくつかのアカウントにまとめられることになりました。

ハーロックハードフォークについて

−今後のNEMのハードフォーク「ハーロック」とは?

「ハーロック」も資金管理体制の再構築の点ではSymbolと同じです。およそ30億XEMのプロトコル資金がバーンされ、それらのアカウントを無効にし、同数が再生成され新しいアカウントにて管理されます。

SymbolのキプロスフォークとNEMのハーロックフォークが大きく違うのは、このフォークによりNEMがSymbolのサブチェーンというものになることです。

サブチェーンとしてのNEMには、新たにロイヤリティ(著作権などの使用料)とタックス(税金)という概念が導入されます。ロイヤリティは既存のNEMにあるレヴィ(徴収)機能を応用したもので、あるトークンの販売額の一定割合をアカウントに振り分けることができたり(例えばSymbol NFTが二次流通した時に原作者にも収益が入る等)、タックスは送金に加えて追加料金を支払ったりするためのものです。

ロイヤリティとタックス、どちらの取引もXEM建てとなりますが、流動性提供ノードを介してXYMと交換することができる……ということも計画されています。NEMがサブチェーンになりメインチェーンSymbolを引き立てることになります。

サブチェーン計画には、例えば画像保存専用のサブチェーンや動画保存専用のサブチェーンなども構築するなどし、それら目的に応じて構築された小さなサブチェーンの群れが決済レイヤーとしてのSymbolに相互接続し、1つのブロックチェーンにオンチェーンでデータを記録するには難しいことを解決しようとしています。

また、フォーク後には、Coinbaseが採用しているブロックチェーンネットワークを取り扱うためのオープンソースの仕様であるRosettaとNEMを統合する予定で、こちらはSymbolにもまた同様の計画が予定されています。

ハードフォークの成功が意味するもの

−今回ハードフォークが成功することに、どのような意義があるとお考えですか?

XYMとXEMの新しく再生されたプロトコル資金は、スイスに設立される「不死鳥財団(Fushicho Foundation)」で保管され、イーサリアム財団などと同じような形で運用することが目的とされています。その名前には日本コミュニティへのこれまでのリスペクトが込められて日本語が採用されています。彼らはまず日本に注力をすることで、それが成功例として世界に広がることに期待しています。

その信託には3名のコア開発者と供に、米Valkyrieが新たに信託に加わることになります。Valkyrieの4人の連帯保証人とSymbolの3人のコア開発者による4of7の新しいマルチレベルのマルチシグアカウントに資金は保管されています。

Valkyrieは米国における暗号通貨規制の波を乗り越えるための支援と、欧米でのカストディアンや取引所の拡大を支援し、流動性提供、会計、監査、コンプライアンスの管理を行います。

その他にも、技術の研究開発に特化した非営利団体(501c3)「Symbolシンジケート」を米国デラウェア州に立ち上げる予定です。501c3を取得すると、米国拠点では数少ない暗号通貨NGOとなるようです。

また、バミューダ拠点の「リンガフランカ」という組織も立ち上げる予定です。これは取引所やマーケットメイカー、流動性プロバイダーとの関わりに焦点を置いた組織です。イーサリアムのエコシステム全体で大きな成功を収めている、クアドラティック・ファンディングという新しいタイプの民主的資金調達モデルをSymbolとNEMにも導入して、コミュニティ主導の資金調達を実現させようとしています。

取材:トレスト氏(@TrendStream

参考資料

・スペースパイレーツの指針

・ハーロック、キプロス、そして壮大な宇宙の物語

・Symbolハードフォーク「キプロス」の詳細

・NEMハードフォーク「ハーロック」の概要

Header Image:iStock/ankarb・inkoly

この記事の著者・インタビューイ

設楽悠介

「あたらしい経済」編集長/幻冬舎コンテンツビジネス局局長
幻冬舎のブロックチェーン専門メディア「あたらしい経済」を創刊。同社コンテンツビジネス局で新規事業やコンテンツマーケティングを担当。幻冬舎コミックス、エクソダス等の取締役も兼務。個人活動としてAmazon Musicで「みんなのメンタールーム」やVoicyで「風呂敷畳み人ラジオ」、PodcastとYouTubeで「#欲望のSNS」などのコンテンツを配信。Forbes JapanでWeb3に関するコラム「ポストDXの世界」連載中。著書に『「畳み人」という選択 』(プレジデント社)。

「あたらしい経済」編集長/幻冬舎コンテンツビジネス局局長
幻冬舎のブロックチェーン専門メディア「あたらしい経済」を創刊。同社コンテンツビジネス局で新規事業やコンテンツマーケティングを担当。幻冬舎コミックス、エクソダス等の取締役も兼務。個人活動としてAmazon Musicで「みんなのメンタールーム」やVoicyで「風呂敷畳み人ラジオ」、PodcastとYouTubeで「#欲望のSNS」などのコンテンツを配信。Forbes JapanでWeb3に関するコラム「ポストDXの世界」連載中。著書に『「畳み人」という選択 』(プレジデント社)。

合わせて読みたい記事

「NFTにもっと流動性を」ユニマがNFT買取サービスをはじめる理由(モバイルファクトリー COO 深井未来生)

「あたらしい経済」はモバイルファクトリー 取締役COO・ビットファクトリー 代表取締役の深井未来生氏を取材。同社が買取サービスを開始した理由、マーケットプレイスの今後のアップデート、そしてどのようにこれから日本のNFT市場を盛り上げていきたいかなどについて訊いた。

【独占取材】北島康介が目指すプロスポーツ業界の変革、「Web3.0」で新たなアスリートエコノミーを

「あたらしい経済」はプロスポーツに最先端のテクノロジーを活用しようと試みる、北島康介氏に独占インタビューを実施。北島康介氏がなぜチーム運営にWeb3.0の技術を活用しようと考えたのか、具体的にどのような取り組みを検討しているのかについて訊いた。

【取材】芥川賞作家 上田岳弘、Loot系NFT「Obsession2020」をグラコネと発行

ミスビットコインこと藤本真衣氏が代表を務める株式会社グラコネが、芥川賞作家の上田岳弘氏とコラボしてNFTプロジェクトを開始した。このプロジェクトは「Obsession2020」と名付けられており、現在NFT業界のトレンドになっている「Loot (for Adventurers) 以下:Loot」の仕組みを応用した実証実験とのことだ。なお技術協力としてNandemoToken氏も参画している。

本のゲラがNFT、山口周ベストセラー『ビジネスの未来』の裏側が限られた読者の手へ

今年の4月、NFTマーケットプレイス「ユニマ」の情報が飛び込んできた。そしてユニマのローンチ後にNFTとして販売されるコンテンツの中に、『ビジネスの未来 エコノミーにヒューマニティを取り戻す』という書名、そしてその著者である山口周氏の名前があった。なお当時の発表では、企画詳細については「出版社と実施に向け協議中」となっており明かされていなかった。

Sponsored

【取材】職場コミュニティ活性化支援サービス「PRAISE CARD」とは?(博報堂広報室)

株式会社博報堂と株式会社博報堂コンサルティングが、日本ユニシス株式会社と共同で、職場コミュニティの活性化支援アプリサービス「PRAISE CARD(プレイズ カード)」を開発を8月23日発表した。 「PRAISE CARD」は、職場コミュニティの活性化と、その活性度の分析を通じてコミュニティの状態の可視化を支援するサービスとのこと。コロナ禍のテレワークで離れて業務を行っている社員同士が、専用スマホアプリからデジタルカードを送りあうことで、日頃の協力や行動に対し社員同士で感謝や称賛の気持ちを伝えることができる。