【取材】NFTアバターサービス「METABA」とは? 大塚愛やホリエモンらのアバター販売開始(コルク 佐渡島庸平 インタビュー)

NFTアバターサービス「METABA(メタバ)」とは?

小説家や漫画家をはじめとしたクリエイターのエージェント事業を展開するコルクが、NFTアバターサービス「METABA(メタバ)」を発表した。「METABA」から著名人をモチーフにした3DボクセルアバターNFTが発売され、そのアバターが身につけることの出来るファッションアイテムNFTも制作される。

そしてユーザーは追ってリリースされる「METABA」のアプリで、アバターに洋服や靴などのNFTアイテムを自由に着せ替えて楽しむことができるという。

これらのアバターは「THE SANDBOX」や「VR CHAT」「cluster」にすでに対応しており、それらのメタバースサービスで利用が可能なマルチユースアバターだ。

そしてコルクは1月1日19時ごろ、大塚愛、SEAMO、堀江貴文、ドラゴン桜の桜木建二、作家の岸田奈美、HoneybearのアバターNFTと、アパレルブランド「ANNA SUI」のファッションアイテムNFTを「OpenSea」で販売開始した。なおNFTがミントされたブロックチェーンはポリゴン(Polygon/MATIC)だ。

それぞれのアバターNFTはOpenSeaで販売

そしてコルクは今後もさまざまな著名人やブランドと提携し、アバターやファッションアイテムのNFTを発行していく予定とのこと。

コルク佐渡島庸平氏に取材

「あたらしい経済」編集部は、株式会社コルクの代表取締役CEO佐渡島庸平氏に取材。今回発表した「METABA」について訊いた。

株式会社コルク 代表取締役CEO 佐渡島庸平氏

−−メタバースの中で、アバターに注目した理由は?

メタバースはこれからたくさん生まれてくると思います。でもこれまでのSNSプラットフォームのようにどんどんと入れ替わっていくと僕は思っているんですよね。特に若い世代はFacebookからInstagramに、TikTokに、Snapchatとこれまで移ってきたように、メタバースも乗り換えていくはず。

マクドナルドを幼少時代に食べると大人になっても食べたくなるのと同じで、ポケモンやフォートナイトような、子供の頃に遊んだゲームは今後も長期的なメタバースになる可能性があるんですが、それも10年はもっても30年は続かないかもしれない。

つまりメタバースで覇権を握るのはかなり難しいのではと考えています。そんな中でメタバースを乗り換えていけるアバターに注目しました。

−−コルクの事業として「METABA」をやろうとた理由は?

コルクってどんな会社かというと、物語を創ってきた会社なんです。そしてその物語は何のために必要かというと、みんなのアイデンティティのために必要だと考えています。みんなそれぞれの物語の中で生きていて、時には様々な物語に触発されながら、その中でどんなアバターを身に纏うのか? 

つまりアバターについて深く考えることは、どう生きるかを考えることで、アイデンティティを考えること。だからこれはコルクがやるべき事業だと考えました。

−−これまでのコルクの事業とのシナジーは?

例えば、これからはコルクの作家さんが作品と作るときは、本が出版されるよりも先にまずそのストーリーを身に纏ったアバターが、先にNFTとして販売されていくようにしていきたいと思ってます。

その作品のファンの人が、その物語の中の憧れのキャラクターになりたくてアバターを買って、メタバース上でそのキャラクターのように振る舞ったりできることって、これまでにない体験だと思うんですよね。

−−ファッションアイテムも作成する理由は?

ファッションって、自分のアイデンティティを高めるのを手伝ってくれるものだと思うんですよね。だからアバターのアイデンティティをより高めるのもとして、ファッションは重要だと考えました。

だから特にアイデンティティと結びついているブランドからお声がけしていて、まずは「ANNA SUI」さんと組むことになりました。まだ言えませんが、今後も様々なブランドとの提携の話が進んでいます。

−−「METABA」アプリではどんなことができる?

まずはアバターにファッションアイテムで着せ替えなどができるようにしていますが、今はまだ発表できない面白い仕組み実装予定です。ヒントは、「コンテンツDJ」ですかね。音楽の世界にはDJという組み合わせの魅力を作る人がいますが、それ以外のコンテンツに対してDJ的に振舞うことってまだ確立していないでうよね。それは要は編集行為なんですけど、その編集行為自体に価値が出てくる時代を作りたいと思っていて、いろんな仕掛けを考えています。

−−今後の展開は?

まず直近は日本国内の色々なIPのアバターを作成していく予定です。ワールドワイドで認知されているようなIPとも話を進めています。

それらのアバターは発行数を絞ったものにしていくので、先々は汎用性がありロット数の多い、多くのユーザーが気軽に買えるアバターも作っていく予定です。

さらに様々なメタバース空間で「METABA」のアバターが使えるように、その対応も進めていき、そして「METABA」のメタデータやプログラムなどをオープンソースで公開しようと思ってます。そうして「METABA」の二次創作アバターを、みんなが売れるようにしていきたいと考えています。

参考:「METABA」公式サイト

取材/編集:設楽悠介(あたらしい経済)

この記事の著者・インタビューイ

設楽悠介

「あたらしい経済」編集長/幻冬舎コンテンツビジネス局局長
幻冬舎のブロックチェーン専門メディア「あたらしい経済」を創刊。同社コンテンツビジネス局で新規事業やコンテンツマーケティングを担当。幻冬舎コミックス、エクソダス等の取締役も兼務。個人活動としてAmazon Musicで「みんなのメンタールーム」やVoicyで「風呂敷畳み人ラジオ」、PodcastとYouTubeで「#欲望のSNS」などのコンテンツを配信。Forbes JapanでWeb3に関するコラム「ポストDXの世界」連載中。著書に『「畳み人」という選択 』(プレジデント社)。

「あたらしい経済」編集長/幻冬舎コンテンツビジネス局局長
幻冬舎のブロックチェーン専門メディア「あたらしい経済」を創刊。同社コンテンツビジネス局で新規事業やコンテンツマーケティングを担当。幻冬舎コミックス、エクソダス等の取締役も兼務。個人活動としてAmazon Musicで「みんなのメンタールーム」やVoicyで「風呂敷畳み人ラジオ」、PodcastとYouTubeで「#欲望のSNS」などのコンテンツを配信。Forbes JapanでWeb3に関するコラム「ポストDXの世界」連載中。著書に『「畳み人」という選択 』(プレジデント社)。

合わせて読みたい記事

Web3時代はすぐそこか? 暗号資産・ブロックチェーン業界を牽引する52人の「2022年の展望」

「あたらしい経済」の年始の特別企画として、ブロックチェーン・暗号資産業界を国内外で牽引するプレイヤーや有識者の方々に「2022年の展望」を寄稿いただきました。 この記事には私たちがこれからの「あたらしい経済」時代をサバイバルしていくための、多くのヒントやインサイトに溢れています。

【解説】シンボル(XYM)のキプロス実装と、ネム(XEM)のハーロックとは? 何が変わる?(Symbol NEMコミュニティ トレスト氏)

「あたらしい経済」編集部は、国内のSymbol & NEMコミュニティの有識者のトレスト氏(@TrendStream)に取材。今回成功した「キプロス」ハードフォークと、今後の「ハーロック」、そしてこれらのハードフォークが成功することの意義について、語っていただいた。

「NFTにもっと流動性を」ユニマがNFT買取サービスをはじめる理由(モバイルファクトリー COO 深井未来生)

「あたらしい経済」はモバイルファクトリー 取締役COO・ビットファクトリー 代表取締役の深井未来生氏を取材。同社が買取サービスを開始した理由、マーケットプレイスの今後のアップデート、そしてどのようにこれから日本のNFT市場を盛り上げていきたいかなどについて訊いた。

【独占取材】北島康介が目指すプロスポーツ業界の変革、「Web3.0」で新たなアスリートエコノミーを

「あたらしい経済」はプロスポーツに最先端のテクノロジーを活用しようと試みる、北島康介氏に独占インタビューを実施。北島康介氏がなぜチーム運営にWeb3.0の技術を活用しようと考えたのか、具体的にどのような取り組みを検討しているのかについて訊いた。

【取材】芥川賞作家 上田岳弘、Loot系NFT「Obsession2020」をグラコネと発行

ミスビットコインこと藤本真衣氏が代表を務める株式会社グラコネが、芥川賞作家の上田岳弘氏とコラボしてNFTプロジェクトを開始した。このプロジェクトは「Obsession2020」と名付けられており、現在NFT業界のトレンドになっている「Loot (for Adventurers) 以下:Loot」の仕組みを応用した実証実験とのことだ。なお技術協力としてNandemoToken氏も参画している。