プラズムネットワーク(Plasm Network)がUCバークレーのブロックチェーンアクセラレーションプログラム公式スポンサーに就任

プラズムネットワークがUCバークレーのブロックチェーンアクセラレーションプログラム公式スポンサーに就任

ステイクテクノロジーズ(Stake Technoloiges Pte Ltd)がUCバークレー (カリフォルニア大学バークレー校)の主催するブロックチェーン企業対象のアクセラレーションプログラム「Berkeley Blockchain Xcelerator」のスポンサーに就任したことを3月1日発表した。

ステイクテクノロジーズは日本発のパブリックブロックチェーンであるプラズムネットワーク(Plasm Network)の開発をリードする企業であり、今年1月には世界で初めてPolkadotのテストネット接続に成功、過去にはPolkadotエコシステム内で最多となる全6回の助成金(1月時点)をPolkadotの開発主体から獲得、トークン配布では約65億円相当のETHがスマートコントラクトにロックされるなどの実績を持っている企業である。また先月2月にはバイナンス(Binance)をリード投資家に約2.5億円の資金調達を行っている。

Berkeley Blockchain Xceleratorは、UCバークレーの工学部、Haas School(MBA)、Fortune500カンパニーにブロックチェーンコンサルティングなどを行っているBlockchain at Berkeleyによって提供される6ヶ月間のプログラムである。スポンサーやパートナーとしてWeb3 Foundation, Difinity, Pantera Capital, Coinbase Ventures, Blockchain Capitalなどの世界的な財団および投資家がサポートを行っている。

ステイクテクノロジーズは、2020年春学期のUCバークレー主催アクセラレーションプログラムにを卒業している。今回はプログラムの支援者となることで、UCバークレーに所属する起業家、開発者や研究者、他の支援者とより多角的に連携を深め、よりグローバルに展開をしていくとのことだ。

ステイクテクノロジーズの代表取締役CEOである渡辺創太氏は今回のスポンサー就任について「Berkeley Blockchain Xceleratorの根本的な哲学になっているのはPay It Forward(ペイフォワード)の精神です。選抜された企業はプログラムに無料で参加することができ、Coinbase VenturesやPanteraを始めとするトップ投資家および世界をリードする開発者や研究者にアクセスすることができます。弊社としてもこれからアクセラレーションプログラムを通じて生まれてくる次のイノベーションや起業家、学生、研究者にPay It Forwardの精神を持って貢献していきたいと考え、今回の意思決定に至りました」をリリースにてコメントをしている。

編集部のコメント

ステイクテクノロジーズはその実績を評価され、先月2月に大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)をリード投資家に約2.5億円の資金調達を実施しています。

あたらしい経済編集部では渡辺創太氏にインタビューを行っていますので、併せてご覧ください。

【緊急取材】日本から「世界に繋がる」パブリック・ブロックチェーンを。バイナンスをリード投資家に約2.5億円の資金調達したステイクテクノロジーズ渡辺創太氏インタビュー 

「バイナンスらからの資金調達の裏側、パブリックブロックチェーンで勝負する意味」ステイクテクノロジーズ 渡辺創太氏 インタビュー(2/2) 

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(imaes:iStocks/pgraphis)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【6/21話題】ビットフライヤーがFTX JPの買収合意、カナダでソラナのETP上場申請など

ビットフライヤーがFTX Japanの買収合意を正式発表、暗号資産のカストディと現物ETF提供を目指す、カナダ大手デジタル資産運用3iQ、カナダでソラナのETP上場を申請、米マイクロストラテジーがビットコイン追加購入、保有総数226331BTCに、ワールドコインがケニアでの事業再開へ、警察の捜査中止を受け、レイヤーゼロ、ZROエアドロ請求に寄付制度「Proof-of-Donation」導入、コインベースにLayerZero(ZRO)上場、CFTCがJump Tradingを調査中か=報道、インド金融情報機関、バイナンスへ225万ドルの罰金命令、野村HD子会社レーザーデジタル、アブダビグローバルマーケット(ADGM)のライセンス取得プロセス完了、ゲーム特化のソラナL2「ソニック」、シリーズAで1200万ドル調達

Sponsored