【取材】デジタルガレージと大和証券が2種類のデジタル社債を発行

デジタルガレージと大和証券が2種類のデジタル社債を発行

株式会社デジタルガレージと株式会社大和証券グループがブロックチェーン技術を活用した有価証券発行の実証実験を開始したことを2月26日に発表した。この実証実験で、大和証券株式会社および大和フード&アグリ株式会社が、それぞれ「大和証券デジタル社債」、「大和F&Aデジタル社債」を発行した。

この実証実験ではデジタルガレージの子会社のブロックチェーン金融サービス事業を展開する株式会社クリプトガレージとの連携を通じ、短期間でデジタル社債発行の環境構築を実現できたとのこと。

デジタル社債の発行基盤はデジタルガレージの出資先であるブロックストリーム社の基盤「リキッドネットワーク(Liquid Network)」を活用している。

リキッドネットワークについては「Bitcoinブロックチェーンのフォークであり、Bitcoinのセキュリティを継承しながら、プロ間取引用の決済インフラとして機能性を充実させた半コンソーシアム型チェーン」とリリースで説明されている。

また社債の払込みに関しては、大和証券グループおよびクレディセゾングループのFintertech株式会社が前払式支払手段として「リキッドネットワーク」上に発行したデジタルコインを対価として行われる。そして社債の利払い、買入消却においてもデジタルコインが対価となる予定のようだ。

大和証券デジタル社債は、発行総額1,000万円、払込日と発効日2021年2月25日、償還日2021年3月26日、利率は年0.03%となっている。

大和F&Aデジタル社債は、発行総額100万円、払込日と発効日2021年2月25日、償還日2021年3月26日、利率は年0.10%となっている。そして日本経済新聞の報道によると、償還時に保有している投資家に対しては、大和証券グループが資本参加する株式会社みらいの畑が生産するトマトを特典として付与する予定とのことだ。

今後もデジタルガレージはクリプトガレージを通じて、今後もデジタルアセット関連プロジェクトに積極的に取り組み、技術的な側面から日本の金融・資本市場の発展に貢献していくとともに、デジタルガレージラボ(DG Lab)が進めるブロックチェーン関連事業開発において、STO市場の発展に繋がるデジタルアセット関連の研究開発を進めていく予定だ。

(追記:20時55分)

あたらしい経済編集部は、大和証券グループのデジタル社債発行担当者へ取材をおこなった。

大和証券グループのデジタル社債発行担当者へ取材

ーデジタル社債の発行プロセスは、 従来の社債発行プロセスと比較すると、 具体的に何が異なりましたでしょうか。

担当者:従来の社債発行プロセスでは、 保管振替機構と日銀を通じて証券決済と資金決済が行われております。

本件では、 証券と現金をブロックチェーン上のトークンとすることで、 こうした決済処理について、DVP決済を含め、 簡略化して行うことができました。

今回は社債の発行としましたが、 クラウドファンディングなどで行われている比較的規模の小さいアセットの証券化では、 保管振替機構や日銀のような仕組みもないため、 ブロックチェーンを活用する場合のコスト削減効果は、 より大きいと考えております。

ーリキッドネットワーク上で発行したデジタルコインの仕様、 そして技術基盤としてリキッドネットワークを選んだ理由を教えてください。

 担当者:今回、Fintertechが発行したデジタルコインは前払式支払手段であり、 ブロックチェーン上にその数量が記録されています。

リキッドネットワークを選択した理由は2点あります。1つ目は、 リキッドネットワークが、 ビットコインベースのプロトコルを採用したブロックチェーン技術であり、高いレベルでのセキュリティを担保しつつ、 様々なデジタルアセットの発行や流通等を、 商用化レベルで実現することが可能できるという点です。

 2つ目は、大和証券グループは、デジタルガレージとの連携・協業を深めてきた背景があり、そうした中で、 デジタルガレージの子会社であるクリプトガレージの有するアセッ ト発行やDvP決済等のコンポーネントを利用することで、 リキッドネットワーク上で短期間でデジタル社債発行のための実証実験を実現することが可能であったためです。

(images:iStocks/pgraphis・BestForBest)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

PerfumeのNFTアート、DBS銀行が貿易金融プラットフォーム提供開始などのニュース解説ラジオ

Perfume、NFTアートのリリース発表、シンガポールDBS銀行、オーストラリア・中国・香港・シンガポールの顧客向けに貿易金融プラットフォーム提供開始、バイナンスの株式トークン、香港及び欧州規制当局が調査か、SBIトレーサビリティ株式会社が新設、ブロックチェーン活用のトレーサビリティ・サービス等を提供しSDGsに貢献、EYが特許取得、ブロックチェーンを適用しサプライチェーンマネジメントを高度化(パートナー荻生泰之氏コメントあり)、コインベースプロにてテザー(USDT)が上場へ、NFTマーケットプレイス「nanakusa」と財務・管理会計システム「Gtax」が提携、公認アーティストにNFT販売レポート機能提供、NFTマーケットプレイス「ユニマ」が事前登録の受付開始、杉田陽平氏のアートや山口周氏の書籍が販売へ、日本初のNFTバーチャルスニーカー、発売から9分で完売、コインチェックとゲームエイトがNFT事業において連携開始

NFTマーケットプレイス「nanakusa」と財務・管理会計システム「Gtax」が提携、公認アーティストにNFT販売レポート機能提供

NFTマーケットプレイス「nanakusa(ナナクサ)」を運営するする株式会社スマートアプリと暗号資産(仮想通貨)の財務・管理会計ソフト「Gtax(ジータックス)」を提供する株式会社Aerial Partnersが提携し、nanakusa公認クリプトアーティスト向けに「Gtax for Creators」を提供することを4月22日発表した。

シンガポールDBS銀行、オーストラリア・中国・香港・シンガポールの顧客向けに貿易金融プラットフォーム提供開始

シンガポールのDBS銀行が、アジア太平洋地域の主要な貿易拠点における貿易金融のデジタル化を推進するため、貿易金融プラットフォーム「Contour」の提供を法人顧客に拡大したことを発表した。サービス展開を拡大するアジア太平洋地域の主要な貿易拠点は、オーストラリア、中国、香港、シンガポールだ。