ヴィタリック、ブログで「ミームコイン」に言及

ヴィタリックがミームコインに言及

イーサリアム(Ethereum)の共同創業者であるヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)氏が、ミームコインの現状にスポットライトを当てたブログ記事を3月29日に公開した。

タイトルは「ミームコインは他に何があるでしょうか?:What else could memecoins be?」だ。

同ブログでヴィタリックは、最近ソラナ(Solana)ブロックチェーンで流行している人種差別的な表現を含むミームコインについて批判しており、ミームコイン全体についても「人種差別的ではないミームコインでさえ、多くの場合、価格が上がったり下がったりするだけで、その後何の価値ももたらしていないように見えます」と語っている。

しかしヴィタリックは、チャリティーコインなどを例に挙げ、良い面があるミームコインについても触れている。

ブログの結論として、ミームコインを楽しんでいるユーザーも多いことが認めれており、「少なくとも、悪いミームコインよりも良いミームコインのほうが多く、インサイダーやクリエイターを豊かにするだけでなく公共財を支援するミームコインが増えることが理想的だ」とヴィタリックは語っている。

またヴィタリックは「私は楽しみたいという人々の欲求を大切にしている」と述べ、「暗号資産の空間がこの流れに逆らうのではなく、何らかの形でこの流れに乗って泳いでいきたいと思っている」と付け加えている。

ミームコインは、先日イーサリアムが実装したアップグレード「デンクン(Dencun)」によって利用可能になったブロブ(blob)を利用したインスクリプションによってネットワークを混雑させたことから、さらに注目を集めていた。

ヴィタリックは今年に入り、以前より高頻度でブログを投稿している。今回の投稿の前日に当たる3月28日にも「イーサリアムにはブロブがあります。これからどうしましょう:Ethereum has blobs. Where do we go from here?」というタイトルのブログ記事を更新した。

同ブログでは、L2ネットワークのスケーリングを目的にした「デンクン」アップグレード後にネットワークの使用量が大きく増加し、ガス料金の高騰が引き起こった「ベース(Base)」を例に挙げ、L2ネットワーク自体のスケーリングの必要性に触れている。

関連ニュース

参考:ヴィタリックブログ
images:iStocks/AntonioSolano

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【4/22話題】ビットコイン4度目の半減期に到達、スラッシュがライフカードと提携など

ビットコイン(BTC)が4度目の半減期に到達、ブロック生成報酬は3.125BTCに、暗号資産決済スラッシュがライフカードと提携、「Slash Vプリカ SHOP」運営へ、アニモカJPがスクエニと提携、「SYMBIOGENESIS」のグローバルマーケティング強化で、FTX元CEOのSBF、プロモーターに対する訴訟に協力で投資家と和解=報道、米SEC、ジャスティン・サンらへの訴状修正で管轄権を主張、オーケーコインジャパン、対ビットコイン(BTC)取引ペアの取扱終了へ、テザーの「USDT」と「XAUT」、テレグラム「TON」上に発行開始、テザー社が事業部門を4組織に再編、デジタル資産分野の事業拡大に向け、機関投資家向けDeFi「Ondo Finance」発行の「USDY」、コスモスへ導入、マルジェラが「足袋シューズNFT」販売開始、The Fabricantと共同で、マイクロストラテジー会長マイケルセイラー、自社株の売却で3.7億ドル取得=報道