アバランチ(AVAX)、「Durango」アップグレードをメインネットに実装完了

アバランチのDurangoアップグレードがメインネット実装

レイヤー1ブロックチェーン「アバランチ(Avalanche)」のアップグレード「デュランゴ(Durango)」が、同ネットワークのメインネットに3月7日に実装完了した。

「デュランゴ」の主な実装は、新たなクロスチェーン・メッセージング・プロトコル「テレポーター(Teleporter)」だ。

アバランチは、サブネット同士が相互運用を実現するために使用する通信規格「アバランチ・ワープ・メッセージング(AWM:Avalanche Warp Messaging)」を実装している。

「テレポーター」は、この「AWM」を基盤にして構築されたメッセージングプロトコルだ。同プロトコルを利用することで開発者は、簡単に「AWM」の機能を自身のサブネットで利用可能になり、別のサブネット上のスマートコントラクトの呼び出しなどが可能になる。

また「テレポーター」はアバランチのCチェーン(Contract Chain)でも実装され、EVM搭載のサブネットがCチェーンと相互運用可能になるとのことだ。

なおサブネットとは、アバランチのブロックチェーンエコシステム上に独自のブロックチェーンを構築できるサービス、およびそれにより構築されたブロックチェーンのことだ。またCチェーンは、EVMを実装したスマートコントラクトが利用できるチェーンで、dAppsの構築に利用される。

「デュランゴ」は2月1日にプレリリースコードが公開され、2月14日にアバランチのテストネットである「フジ(Fuji)」に実装された。その後約1か月のテストを経て、メインネットで実装が完了した。

アバランチの開発を主導する米アバラボ(Ava Labs)は最近、独自に開発した機能やサービスをいくつか発表している。1月27日にはトランザクションの処理工程を分離することで、独立に並列して処理する仕組みを採用した独自開発の新たなスケーリング技術「ヴェリクス(Vryx)」を発表している。

関連ニュース

参考:アバランチブログ
images:iStocks/SiberianArt・artacet

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【5/22話題】車のサブスクKINTOが安全運転でNFT発行の実証実験、メルカリがイーサリアム取引サービス開始など

トヨタのサブスクKINTO、安全運転ドライバーにNFT(SBT)発行の実証実験、メルカリ、イーサリアム(ETH)取引サービス開始、イーサリアム現物ETF上場承認に期待、SECが取引所に申請書修正を要請、共和党トランプ陣営、複数の暗号資産で政治資金の寄付受け入れ開始、NTTデジタルが新プロジェクト「web3 Jam」立ち上げ、ブロックチェーン活用で円滑な企業連携めざす、ブラジル中央銀行、暗号資産規制について年末での提案を計画、ビットトレードにソラナ(SOL)上場へ、SBIホールディングス、ブロックチェーンノードサービス提供のChainstackへ出資