アバランチのAva Labs、「サブネット」アーキテクチャ強化でアップグレード提案

Ava Labsがサブネットのアーキテクチャ強化のためアップグレードを提案

レイヤー1ブロックチェーンAvalanche(アバランチ)開発の米Ava Labs(アバラボ)が、「サブネット」のアーキテクチャ強化を目的としたアップグレード「Astra(アストラ)」を10月31日に提案した。

なお「サブネット」は、アバランチチェーンを利用した独自ブロックチェーンを構築できる機能。

今回の提案は、新しいタイプのバリデーター「SOV:Subnet-Only Validators(サブネット専用バリデーター)」を導入することで、「サブネット」がプライマリネットワークから独立して稼働する方法を強化する目的がある。アバラボのエンジニア部ヴァイスプレジデントであるパトリック・オグラディ(Patrick O’Grady)氏が提案した。

これまで「サブネット」のバリデーターは、プライマリネットワークのContract Chain(Cチェーン)、Platform Chain(Pチェーン)、Exchange Chain(Xチェーン)の検証も行う必要があった。

今回提案されているアップグレードが実施されると「サブネット」のバリデーターは、自身の「サブネット」の運用とPチェーンの同期にのみ注力できるようになる。

これにより「サブネット」のバリデーターが実質的にプライマリネットワークのバリデーターとして機能する必要がなくなり、計算量とハードウェアへの要求が低減されるため、導入コストが削減されるとのことだ。

アバランチは以前から「サブネット」に関するアップグレードを定期的に行っている。昨年12月に行われたソフトウェアアップグレード「Banff5(バンフファイブ)」では、「サブネット」間で相互通信およびデータ共有を可能にする機能「Avalanche Warp Messaging:AWM(アバランチワープメッセージング)」が導入された。

オグラディ氏は今回の提案のアブストラクトで、「これ(SOV)により、プライマリネットワーク上での同期やバリデーターになることなく、アバランチサブネットを検証し、『AWM』に参加できます」と説明している。

またアバラボは今年9月、ブロックチェーンの状態を保存するための独自のデータベース「ファイアウッド(Firewood)」の開発者向け試験版を公開しており、バリデーターへのハードウェア要件を緩和させるような取り組みを行っている。

関連ニュース

参考:ギットハブ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Butsaya

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【6/21話題】ビットフライヤーがFTX JPの買収合意、カナダでソラナのETP上場申請など

ビットフライヤーがFTX Japanの買収合意を正式発表、暗号資産のカストディと現物ETF提供を目指す、カナダ大手デジタル資産運用3iQ、カナダでソラナのETP上場を申請、米マイクロストラテジーがビットコイン追加購入、保有総数226331BTCに、ワールドコインがケニアでの事業再開へ、警察の捜査中止を受け、レイヤーゼロ、ZROエアドロ請求に寄付制度「Proof-of-Donation」導入、コインベースにLayerZero(ZRO)上場、CFTCがJump Tradingを調査中か=報道、インド金融情報機関、バイナンスへ225万ドルの罰金命令、野村HD子会社レーザーデジタル、アブダビグローバルマーケット(ADGM)のライセンス取得プロセス完了、ゲーム特化のソラナL2「ソニック」、シリーズAで1200万ドル調達

Sponsored