ビットコインに特化した決済アプリStrikeがアフリカにサービスを展開

Strikeがアフリカにサービスを展開

ビットコイン(BTC)特化の決済アプリStrike(ストライク)が、アフリカ市場へサービス展開を開始した。同社の創設者兼CEOのジャック・マラーズ(Jack Mallers)氏が2月27日発表した 。

同氏によるとストライクは、アフリカ向けに「Strike Africa(ストライク・アフリカ)」を開始。ガボン、コートジボワール、マラウイ、ナイジェリア、南アフリカ、ウガンダ、ザンビアからサービス展開を開始したという。

これら対象国に対して「ストライク・アフリカ」では、オンランプ・オフランプ(法定通貨から暗号資産・暗号資産から法定通貨)、ビットコインの売買、USDT売買、オンチェーン決済、フルサービスのライトニングネットワークウォレット、グローバルP2P決済などを提供するとのこと。

なおストライクの公式Xによると「ストライク・アフリカ」は、ガーナとケニアからもオファーがあるとのこと。そのため次回リリース配信時には、両国をサポート対象国としてリストアップする予定とのことだ。

ストライクは昨年5月、米ドルステーブルコイン「USDT」のサポートを追加している。そのためストライクでは現在暗号資産は、BTCとUSDTのみが取り扱われている。

関連ニュース

参考:Jack Mallers
images:iStocks/MARHARYTA-MARKO・your_photo

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【4/19話題】アプトスラボが金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンスが違約金支払いインド再参入かなど

アプトスラボ、マイクロソフト・SKテレコム・ボスコンらと提携。金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンス、約3億円の違約金を支払いインド再参入か=報道、バイナンスがドバイでVASPライセンス取得、個人投資家にもサービス提供可能に、バイナンス、トークンローンチプラットフォーム「Megadrop」公開。「BounceBit(BB)」取扱へ、イーサリアムのモバイルOS開発「ethOS」、web3スマホ「ethOS phone」発売開始、米クラーケン、独自開発のセルフカストディウォレット「Kraken Wallet」リリース、OKX、レイヤー2ブロックチェーン「X Layer」ローンチ