Strike、ビットコインライトニングでアフリカ諸国への送金サービス「Send Globally」ローンチ

Strike、ライトニングでアフリカ諸国への送金サービスローンチ

ビットコインのライトニングネットワークで決済サービスを提供する米ストライク(Strike)が、アフリカ諸国への即時低額決済を可能にするサービス「センドグローバリー(Send Globally)」を12月6日に発表した。

「Send Globally」は、6日から米国のすべてのストライクユーザーが利用でき、ナイジェリア、ケニア、ガーナを初期の対象国としている。

ストライクはアフリカの決済プラットフォームであるビットノブ(Bitnob)と提携し、アフリカへの即時決済を実現。

また「Send Globally」を使うと、ストライクのユーザーは、ナイジェリア、ガーナ、ケニアに取引手数料なしで即座にビットコインを送金することができるという。

支払いは即座に各国の法定通貨であるナイラ(ナイジェリア)、セディ(ケニア)、シリング(ガーナ)に変換され、受取人の銀行口座、モバイルマネー口座、ビットノブの口座に直接振り込まれるとのことだ。

ストライクの創業者兼CEOであるジャック・マラーズ(Jack Mallers)氏は「国境を越えた決済における高い手数料、遅い決済、革新性の欠如は、発展途上国に悪影響を及ぼしています。アフリカ国内外への送金に法外な手数料がかかり、既存のプロバイダーがサービスを停止しているため、決済会社はアフリカでの運営に苦慮しており、人々は家族にお金を送ることができません。ストライクは、人々が米ドルを簡単かつ即座に国境を越えて送金する機会を提供します」とコメントしている。

ビットノブの創設者兼CEOであるバーナード・パラ(Bernard Parah)氏は「現在の金融システムは、アフリカの人々や機関が平等にアクセスできるように設定されていません。私たちが構築したものは、米ドルの流動性を調達する際の金融機関への圧力を軽減するものです。米国からアフリカの人々へ、最も安価な方法で簡単に価値を交換できるようになりました。私たちは、アフリカに送金する人々の送金手数料を何十億ドルも節約することができるのです」とリリースで伝えている。

参考:Strike
images:iStocks/24K-Production
デザイン:一本寿和

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【1/27話題】TanéがDeNAらから約10億円調達、Amazonが4月にデジタル資産事業立ち上げかなど(音声ニュース)

Tanéがweb3インキュベーター事業開始、DeNAやB Dashらから約10億円の資金調達も、Amazonが4月にデジタル資産事業を立ち上げか、BCゲームやNFT検討=報道、FTXが米国司法省の調査に異議。債権者は日本および米国規制当局なども、米国民主党議員ら、PCAOBへ暗号資産監査会社の監視強化を要求。FTX破綻受け、Sui(SUI)基盤のウォレット「Ethos Wallet」がシードラウンドで約5.4億円調達、gumi Cryptosら出資、SBI VCトレード、自動円転機能搭載「SBI Web3ウォレット」提供開始、Doodles2が「Flow」でローンチへ、ウェアラブルNFTでカスタマイズ可能に、大阪府太子町が「あるやうむ」と連携協定、NFTで地方創生促進へ、オランダ中銀、コインベースに約4.6億円の罰金支払命令、金融格付け機関ムーディーズ、ステーブルコインのスコアリングシステム開発中か=報道、DeFiレンディング「Aave(AAVE)」、イーサ上にv3立ち上げへ、アメリカンイーグルがブロックチェーン導入、綿花調達の透明性を確保で

Sponsored

アメリカンイーグルがブロックチェーン導入、綿花調達の透明性を確保で

綿花のサプライチェーン透明性に取り組むUSコットン・トラスト・プロトコル(U.S. Cotton Trust Protocol 以下、トラストプロトコル)のネットワークメンバーに、米アパレル企業のアメリカン・イーグル・アウトフィッターズ(American Eagle Outfitters以下、AEO)が新たに加入したことが1月26日発表された