コスモス開発会社オールインビッツ、ガバナンス専用チェーン「GovGen」立ち上げとCosmos Hubのフォークチェーン発表

ガバナンス専用チェーン「GovGen」立ち上げ

コスモス(Cosmos)エコシステムの開発会社オールインビッツ(All in Bits)が、ガバナンス専用チェーン「ガバジェン(GovGen)」立ち上げを2月24日発表した。また同社は同日、コスモス(Cosmos)エコシステムの中心となるブロックチェーン「コスモスハブ(Cosmos Hub)」からフォークするチェーン「アトムワン(AtomOne)」の立ち上げ予定も発表している。

「ガバジェン」は、「コスモスハブ」からフォークする「アトムワン」の構成を、立ち上げ前から定義して最終決定するのを支援する為に構築されたブロックチェーンとのこと。

「アトムワン」については、「コスモスハブ」の安全性を高める為の橋渡しや創設時のビジョンを維持する為に立ち上げられるとオールインビッツのブログで説明されている。このことから「アトムワン」の立ち上げは「コスモスハブ」との競合を目的としていないという。

なお「ガバジェン」は日本時間で今月27日23時(PST:27日6時)にローンチされ、また「ガバジェン」の独自トークン「GOVGEN」がエアドロップ(無料配布)される予定だ。「GOVGEN」はガバナンストークンとして機能し、譲渡や取引が不可となっている。

「GOVGEN」のエアドロップ対象者は、コスモスハブのコミュニティにて昨年11月に可決された提案「#848. ATOM半減: 最大値を設定。インフレ率を10%に設定(ATOM Halving : Set the max. Inflation Rate to 10%)」に対して、NOまたはNO_WITH_VETOに投票を行った「ATOM」保有者だ。「ATOM」は「コスモスハブ」の独自トークンである。

ちなみに提案「848」は「ATOM」のインフレ率を20%から10%に削減することを目的としており、これにより「ATOM」の現在のインフレ率が約14%から約10%になるという。また「ATOM」のステーキングで得られる利回りが約19%から約13.4%になるとのこと。

オールインビッツはこの投票結果を受け、「コスモスハブ」コミュニティの少数派が「コスモスハブは、ミッションやトークン設計、セキュリティなどの核心的な側面で異なる意見を代表する派閥にますます弱くなっている」と発表にて説明している。

ちなみに提案「848」は投票締め切りの直前まで否決されると予想されていた。しかし最終的には賛成41.1%、反対38.5%の僅差で可決された経緯がある。

関連ニュース

参考:オールインビッツ
images:iStocks/francescoch

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【4/19話題】アプトスラボが金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンスが違約金支払いインド再参入かなど

アプトスラボ、マイクロソフト・SKテレコム・ボスコンらと提携。金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンス、約3億円の違約金を支払いインド再参入か=報道、バイナンスがドバイでVASPライセンス取得、個人投資家にもサービス提供可能に、バイナンス、トークンローンチプラットフォーム「Megadrop」公開。「BounceBit(BB)」取扱へ、イーサリアムのモバイルOS開発「ethOS」、web3スマホ「ethOS phone」発売開始、米クラーケン、独自開発のセルフカストディウォレット「Kraken Wallet」リリース、OKX、レイヤー2ブロックチェーン「X Layer」ローンチ