ビットコインステーキングプロトコル「バビロン」、テストネットをローンチ

バビロンがテストネットをローンチ

ビットコイン(BTC)をステーキング可能にするプロトコル「バビロン(Babylon)」のテストネットがローンチした。「バビロン」開発元のバビロンチェーン(Babylonchain)が2月28日発表した。

発表によると今回「バビロン」は、ビットコインのテストネット「シグネット(Signet)」にて立ち上げられたという。

「シグネット」は、開発者が本番環境に近い条件でアプリケーションやプロトコルをテストできるネットワーク。ただしビットコインのメインネットや他のテストネットのコンセンサスアルゴリズムがPoW(プルーフオブワーク)型であるのに対し、「シグネット」はPoA(プルーフオブオーソリティ)型となっている。PoAは、特定のノードが新たなブロックを生成し、トランザクションを検証する権限を持つコンセンサスアルゴリズム。そのため「シグネット」は他のテストネットよりも安定しやすいという特徴を持つ。

「バビロン」のテストネットは一般公開されており、BTC保有者は同プロトコルを使用して、BTCのステーキングをテストできるとのこと。

このテストネットプロセスを完了したユーザーについては、「ビットコインステーキングパイオニアNFT」がクレーム(請求)できるとのことだ。

「バビロン」は、ビットコインをPoSブロックチェーンにステーキング資産として導入する方法を提供するビットコインステーキングプロトコル。スタンフォード大学のデビッド・ツェー(David Tse)教授とフィッシャー・ユー(Fisher Yu)博士によって2022年に設立された。

なお「バビロン」のテストネットはコスモスSDK(Cosmos SDK)によって構築されている。2024年に実施される次のビットコイン半減期にあわせたメインネットローンチを目指して開発が進められているようだ。

同プロトコルは2022年にシードラウンドによる資金調達を完了しており、その際はIDG、DHVC、ブレイヤーキャピタルらから出資を受けていた。

また昨年12月に同プロトコルは、1,800万ドルを調達。同ラウンドはポリチェーンキャピタル(Polychain Capital)とハックVC(Hack VC)が共同主導の下、フレームワークベンチャーズ(Framework Ventures)、ポリゴンベンチャーズ(Polygon Ventures)、キャッスルアイランドベンチャーズ(Castle Island Ventures)、OKXベンチャーズ(OKX Ventures)、ファイナリティキャピタル(Finality Capital)、ブレイヤーキャピタル(Breyer Capital)、シンボリックキャピタル(Symbolic Capital)、IOSGベンチャーズ(IOSG Ventures)をはじめとした多くの投資家が参加したとのこと。

その他にも今回の発表の前日2月27日に、大手暗号資産取引所バイナンス(Binance)のVC部門バイナンスラボ(Binance Labs)が、「バビロン」へ出資したことが発表されている。

またコスモス(Cosmos)エコシステムにおいて、コスモスハブ(Cosmos Hub)に「バビロン」を統合する提案が2月13日にされている。

関連ニュース

参考:バビロンプレスリリースコスモス提案
images:iStocks/Nature

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【4/17話題】アバランチ上にトークン化のホームエクイティローン、a16zが新ファンドで72億ドル調達など

米ホミウムが「ホームエクイティローン」をトークン化、Avalancheで発行、a16z、5つの新ファンドで72億ドル調達、オフチェーンラボ、新たな不正行為証明「Arbitrum BOLD」をテストネットローンチ、ペイパル、NFTの購入者と出品者を保護プログラムの対象外に、ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ、ドイツ連邦銀行とMIT、「中銀デジタル通貨」の共同研究

ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ

ソラナ(Solana)上の分散型取引所(DEX)「ドリフト(Drift)」の独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施とその割り当て数が公開された。「ドリフト」のDAO(自立分散型組織)「ドリフトDAO財団(Drift DAO Foundation)」が4月16日発表した。なおエアドロップの実施日については明らかになっていない

【4/16話題】香港でビットコインとイーサリアムの現物ETFが承認、STEPNがアディダスとNFTスニーカーなど

香港SFC、ビットコインとイーサリアムの現物ETFを承認、STEPNがアディダスと提携、1000個限定のコラボNFTスニーカー発売へ、独連邦銀行LBBW、暗号資産カストディ事業に参入へ、お好み焼専門店「千房」がLINE NEXTと提携、クーポン等をNFTで販売へ、アスターの「Astar zkEVM」が問題解決で正常稼働、「Polygon CDK」に原因と報告、モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク、ブエノスアイレス当局がワールドコイン(WLD)提訴、ユーザー保護法違反で1.7億円の罰金可能性も