コスモス(ATOM)のインターチェーン財団、2024年開発資金に約37億円支出へ

コスモスのインターチェーン財団、2024年開発資金に約37億円支出へ

コスモス(Cosmos)のインフラストラクチャの開発・運営を支援するインターチェーン財団(ICF:Interchain Foundation)が、2,640万ドル(約37億円)を2024年の開発資金として支出することを12月14日発表した。

インターチェーン財団は2,640万ドルのうち、「コメットBFT(CometBFT)」に300万ドル(約4.2億円)、「コスモスSDK(Cosmos SDK)」に450万ドル(約6.3億円)、「IBCプロトコル(ブロックチェーン間通信プロトコル)」に750万ドル(約10.6億円)、「コスモワズム(CosmWasm)」に 250万ドル(約3.5億円)、「コスモJS(CosmJS)」に15.5万ドル(約2,000万円)を割り当てる予定としている。

またインターチェーン財団が資金提供する、これらアーキテクチャのセキュリティ監査の為に150万ドル(約2.1億円)が割り当てられる予定だという。

なお各アーキテクチャに割り当てられる開発資金の利用方法として、「コメットBFT」ではモジュール性や効率性、安定性の向上に、「コスモスSDK」では、モジュール性と構成可能性の拡大に、そして「IBCプロトコル」では、コスモスエコシステム全体における成長に向けて開発資金が充てられる予定とのこと。

また「コスモワズム」では、分散型アプリ(dApp)機能および「IBCプロトコル」との接続強化に向け、さらに「コスモJS」では、「コスモスSDK」との互換性のギャップを埋める為に開発資金が充てられる予定とのことだ。

なお「コメットBFT」は、コスモスで利用されているコンセンサスエンジンであり、「コスモスSDK」は独自のブロックチェーン作成を容易にしてくれるフレームワークだ。

また「コスモワズム」は、コスモスエコシステムでスマートコントラクトを実行する為の、イーサリアム(Ethereum)と互換性のあるコントラクト実行環境である。そして「コスモJS」は、ジャバスクリプト(JavaScript)ベースのクライアントを「コスモスSDK」と統合する為のライブラリとなっている。

なおインターチェーン財団における2023年度の開発資金には約4000万ドルが充てられる予定と発表されていた。

関連ニュース

参考:インターチェーン財団
images:iStocks/Abscent84・BadBrother

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【7/19話題】ポリゴンの「MATIC」から「POL」移行は9月4日に、コインチェック流出NEM収受事件の上告棄却など(音声ニュース)

ポリゴンラボ、「MATIC」の「POL」移行は9月4日に予定、最高裁、コインチェック流出NEM収受事件の上告を棄却、インド暗号資産取引所ワジールX、マルチシグウォレットのハッキング受け2億ドル超が不正流出、トランプが「ビットコインカンファレンス2024」で資金調達イベント実施か、1名参加費は約1.3億円=報道、ヴィタリック、「親クリプト派という理由だけで候補者を選ぶべきでない」と警告、米クラーケン、機関投資家向けカストディサービスを英国と豪州に拡大、コインベースにゲーム特化型L2「Ancient8(A8)」上場へ、香港金融管理局「ステーブルコイン発行者サンドボックス」にアニモカブランズら参加

Sponsored