コスモス(ATOM)のインターチェーン財団、2023年開発資金4000万ドル支出へ。日本からデータチェーン支援対象に

インターチェーン財団が4000万ドルを支出へ

コスモス(Cosmos)のインフラストラクチャの開発・運営を支援するインターチェーン財団(ICF:Interchain Foundation)が、2023年の開発資金として約4000万ドルを費やす予定であることを2月21日に発表した。

インターチェーン財団は、これまで「コメットBFT(CometBFT)」、「コスモスハブ(CosmosHub)」、「コスモスSDK(CosmosSDK)」といったコスモスの基盤となるコアインフラストラクチャの開発を進めるエンジニアチームに対し、資金提供を行ってきた。

なお「コメットBFT」はコスモスで利用されているコンセンサスエンジンであり、「コスモスハブ(CosmosHub)」はコスモスネットワークの中心となっているブロックチェーン。またコスモスSDK(CosmosSDK)は独自のブロックチェーン作成を容易にしてくれるフレームワークだ。

またインターチェーン財団は、コスモスエコシステムでスマートコントラクトを実行するための、イーサリアム(Ethereum)と互換性のあるコントラクト実行環境を実装する「CosmWasm」と「Ethermint」の開発の支援も行っている。

今回インターチェーン財団が資金を投じるプロジェクトとして、上記各分野などにおいて複数選定がされている状況だ。ただし最終決定をする前段階であるとのことで、最終的なリストについては近日中に公開するとのこと。

ちなみに日本からはDatachain(データチェーン)が、インターオペラビリティ(相互運用性)の分野にて現在リストされている。データチェーンは、企業と共同で異なるブロックチェーン間のインターオペラビリティに関する取り組みを行うSpeee(スピー)の子会社だ。

なおインターチェーン財団が以前行っていた少額助成金プログラムは、コスモスエコシステムが実装を目指すブロックチェーン間通信技術の開発を優先するために停止されたままである。いずれ再開するとしているが、当面は停止すると公式のミディアムで語られている。

ちなみに最近のコスモスに関する動きとして、コスモスハブが2月17日にメジャーアップグレード「Rho」を実行している。

また2023年の第1四半期中には、「コスモスハブ」に接続するチェーンが「コスモスハブ」のバリデーターを利用して自身を保護できるようにする「インターチェーンセキュリティ(Interchain Security)」という機能を実装する「レプリケーティッドセキュリティ(Replicated Security)」のアップグレード予定が発表されている。

関連ニュース

参考:インターチェーン財団
デザイン:一本寿和

images:iStocks/blackdovfx・ChrisGorgio

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【7/18話題】ステートストリートが独自ステーブルコイン検討、ビットトレードの全取引ペアの売買手数料が無料化など(音声ニュース)

ステートストリート、独自ステーブルコインの発行検討か=報道、香港規制当局ら、ステーブルコイン発行体のライセンス取得義務についての協議結果を報告、早期立法化へ、ビットトレード、全取引ペアの売買手数料を無料化へ、BTC担保の米ドルステーブルコイン「USDh」、BTCトークン規格「Runes」でローンチ、Polygon LabsがZK証明システム「Plonky3」公開、オープンソースに、マウントゴックスが債権者への弁済を報告、クラーケンへ48,641BTC送金も、ドイツ当局、ビットコイン売却で28.8億ドルの収益、スタンダードチャータード銀行支援のZodia Markets、Elwoodの暗号資産OTC事業を買収、テレグラムの「TON」、ビットコイン間のトークンブリッジサービス「トンテレポートBTC」発表