OKXがトルコに暗号資産取引所「OKX TR」正式ローンチ

OKXがトルコにサービス展開

海外大手暗号資産(仮想通貨)取引所OKX(オーケーエックス)が、トルコにて新たな取引所「OKX TR」を開設した。OKXが2月27日発表した。

「OKX TR」では、トルコの法定通貨「トルコリラ(TRY)」の直接入金が可能とのこと。同取引所ではUSDT/TRY、BTC/TRY、ETH/TRYなどの主要な取引ペアをユーザーに提供するという。

OKXは昨年5月、トルコへの市場進出を発表していた。その後同取引所はトルコにオフィスを開設し現地で人材雇用した。

現在トルコでは、マネーロンダリングやテロ資金供与を防止するための対策が不十分な「グレーリスト」からトルコを除外するよう国際犯罪監視団を説得するため、暗号資産を対象とする新たな法律の準備が進められている。

その背景として、2021年に金融活動作業部会(FATF)は、トルコをいわゆるグレーリストに格下げしたことにある。

同国メフメト・シムシェキ(Mehmet Simsek)財務相は、昨年10月31日に国会の委員会で演説を行った。演説にてシムシェキ財務相は「FATFの報告書によればトルコは、同委員会が定めた40の基準のうち、1つを除くすべてに完全に適合している」と述べた。

関連ニュース

参考:OKX
images:iStocks/LuckyStep48

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【4/19話題】アプトスラボが金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンスが違約金支払いインド再参入かなど

アプトスラボ、マイクロソフト・SKテレコム・ボスコンらと提携。金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンス、約3億円の違約金を支払いインド再参入か=報道、バイナンスがドバイでVASPライセンス取得、個人投資家にもサービス提供可能に、バイナンス、トークンローンチプラットフォーム「Megadrop」公開。「BounceBit(BB)」取扱へ、イーサリアムのモバイルOS開発「ethOS」、web3スマホ「ethOS phone」発売開始、米クラーケン、独自開発のセルフカストディウォレット「Kraken Wallet」リリース、OKX、レイヤー2ブロックチェーン「X Layer」ローンチ