スケボー堀米雄斗選手が初NFT、「NEO TOKYO PUNKS」NIKO24とコラボしNFT販売へ。PBADAOが「8CH1」プロジェクト発表

堀米雄斗選手 × NIKO24  NFTプロジェクト始動

web3ウォレット/NFT配布ソリューション「pokke」や、複数のデジタルアートプロジェクトを手掛けるPBADAOが、スケートボードの堀米雄斗選手のNFTアートプロジェクト開始を2月8日発表した。

「8CH1(ハチ)」と名付けられたこのプロジェクトで、堀米雄斗選手と人気NFTコレクション「NEO TOKYO PUNKS」のNFTクリエイターNIKO24氏のコラボが実現する。

発表で公開された、NIKO24氏による堀米雄斗選手のイラスト

このプロジェクトのテーマは「七転び八起き」。何度転んでも立ち上がり、新たなトリック(技)に「挑戦」するスケーターの不屈の精神がインスピレーションの源になっているとのこと。プロジェクトの詳細は近日中に発表とのことだが、NFTの販売や、さらにNFT購入者だけが入手できるアイテムや限定イベントも予定されているようだ。

公式サイトを確認すると、堀米雄斗選手も登場する「8CH1」プロジェクトのティザー動画が公開されている。

今回の「8CH1」プロジェクト開始にあたり堀米雄斗選手は以下のようにコメントしている。

『今回のコラボレーションのお話しをいただいた時は、「七転び八起き」のコンセプトがスケーターとしても共感できましたし、驚きとともにとてもワクワクしました。NFTアートのキャラクターである8CH1が、手に取ってくれるみなさんにとって、まさに身近なお守りのような存在になってくれたら嬉しいですし、NFTという新しいテクノロジーを通じて、さらに多くの人がスケートボードの魅力を知るきっかけになってくれることを願っています』

なお今後のNFTの販売についての詳細やプロジェクトの予定などは、「8CH1」公式サイトで公開していくとのことだ。

参考:「8CH1」公式サイト

関連ニュース

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

設楽悠介

「あたらしい経済」編集長/幻冬舎コンテンツビジネス局局長
幻冬舎でブロックチェーン/暗号資産専門メディア「あたらしい経済」を創刊。同社コンテンツビジネス局で編集や電子書籍事業、新規事業を担当。幻冬舎コミックスの取締役を兼務。「Fukuoka Blockchain Alliance」のボードメンバー。テレビ番組「スポットライト」(RKB)、ラジオ「テンカイズ」(TBS)にレギュラー出演。「みんなのメンタールーム(Amazon audible)」「風呂敷畳み人ラジオ(Voicy)」「あたらしい経済ニュース」等のポッドキャストも配信。著書に『畳み人という選択』(プレジデント社)。

「あたらしい経済」編集長/幻冬舎コンテンツビジネス局局長
幻冬舎でブロックチェーン/暗号資産専門メディア「あたらしい経済」を創刊。同社コンテンツビジネス局で編集や電子書籍事業、新規事業を担当。幻冬舎コミックスの取締役を兼務。「Fukuoka Blockchain Alliance」のボードメンバー。テレビ番組「スポットライト」(RKB)、ラジオ「テンカイズ」(TBS)にレギュラー出演。「みんなのメンタールーム(Amazon audible)」「風呂敷畳み人ラジオ(Voicy)」「あたらしい経済ニュース」等のポッドキャストも配信。著書に『畳み人という選択』(プレジデント社)。

合わせて読みたい記事

【4/19話題】アプトスラボが金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンスが違約金支払いインド再参入かなど

アプトスラボ、マイクロソフト・SKテレコム・ボスコンらと提携。金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンス、約3億円の違約金を支払いインド再参入か=報道、バイナンスがドバイでVASPライセンス取得、個人投資家にもサービス提供可能に、バイナンス、トークンローンチプラットフォーム「Megadrop」公開。「BounceBit(BB)」取扱へ、イーサリアムのモバイルOS開発「ethOS」、web3スマホ「ethOS phone」発売開始、米クラーケン、独自開発のセルフカストディウォレット「Kraken Wallet」リリース、OKX、レイヤー2ブロックチェーン「X Layer」ローンチ