サザビーズでビットコインに刻まれた詩が落札、詩単体の出品は初

個人の詩が販売されるのは初

米オークションハウス大手のサザビーズ(Sotheby’s)開催のオークションにて、ビットコイン「オーディナルズ(Ordinals)」によるインスクリプション(NFT)として販売されたアナ・マリア・カバジェロ(Ana Maria Caballero)氏の詩「コード(Cord)」が落札された。サザビーズがXにて1月23日伝えている。

サザビーズの副社長兼デジタルアート部門責任者マイケル・ブハンナ(Michael Bouhanna)氏によれば、「コード」はサザビーズにおいて、手稿本や書籍を除き、初めて詩単体を販売した作品だという。

また海外メディアディクリプト(Decrypt)によれば、詩のテキストだけが売られた今回のオークションを、言葉や言語、詩をそれ自体で価値があることを証明する機会だったとカバジェロ氏は評している。

ちなみに「コード」の落札価格は、0.28BTC(当時の価格で11,430ドル:約169万円)だ。

カバジェロ氏は、コロンビア系アメリカ人の詩人・アーティスト。同氏の作品はビバリー国際賞、コロンビアのホセ・マヌエル・アランゴ国家詩賞など複数の賞を受賞。MAXXI BVLGARI賞のデジタル部門にノミネートされた作品もある。

また同氏は、現代デジタル詩(デジタルポエトリー)の第一人者として認められており、マドリードの伝統的なオークションハウス「デュラン(Durán)」で初めてNFTの詩を販売した人物でもある。

同氏は2021年、デジタルの詩及びNFTギャラリー「バースバース(theVERSEverse)」をカレン・イワモト(Kalen Iwamoto)とサーシャ・スタイルズ(Sasha Stiles)らと立ち上げている。デジタル詩以外にも生成AIプロジェクトによるアート作品の制作を行っている。

なお「コード」は、カバジェロ氏の近刊「哺乳類:マーマル(Mammal)」に収録される予定。また「コード」のNFT購入者には、この詩のサイン入り版画が贈られるとのことだ。

ササビーズは昨年12月、「オーディナルズ」プロジェクトの作品に関する初のオークションを開催。

「Natively Digital」では、「オーディナルズ」のアーティストであるシュルーム・トシ(Shroom toshi)氏の作品、ジェネレイティブNFT、「オーディナルズ」ブランドの「タップルートウィザーズ(Taproot Wizards)」に関連するアイテムなどが扱われ、「タップルートウィザーズ」のクアンタムキャッツ(Quantum Cats)コレクションの1つは254,000ドル(約3760万円)で落札されている。

なおカバジェロ氏の詩「コード」は、「Natively Digital」と呼ばれるビットコイン「オーディナルズ(Ordinals)」のキュレーション・コレクションで取り扱われた。

「オーディナルズ」は、ビットコインの最小単位である1satoshi(0.00000001BTC)に通し番号をつけ、ひとつのsatoshiに任意のデータを紐づけるプロトコルだ。2021年11月に実施されたアップグレードである「タップルート(Taproot)」を経て「オーディナルズ」は実現した。

「オーディナルズ」を利用したトークン規格はNFT(非代替性トークン)のみならず、代替可能トークンのための規格も存在している。

関連ニュース

参考:サザビーズディクリプトアナ・マリア・カバジェロ
images:iStock/AdrianHillman・LongQuattro

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【4/18題】TikTokのByteDance子会社がSui採用、ワールドコインが「World Chain」今夏ローンチへ

TikTokのByteDance子会社、ゲーム等のサポート事業に「Sui」採用、ワールドコイン(WLD)、独自のイーサリアムL2「World Chain」今夏ローンチへ、日銀、「中銀デジタル通貨」の連絡会議の中間整理を報告、EY、企業向け契約管理ソリューション「EY OCM」ローンチ。イーサリアム上で、ニュージーランド中銀、デジタル通貨の開発協議スタート

【4/17話題】アバランチ上にトークン化のホームエクイティローン、a16zが新ファンドで72億ドル調達など

米ホミウムが「ホームエクイティローン」をトークン化、Avalancheで発行、a16z、5つの新ファンドで72億ドル調達、オフチェーンラボ、新たな不正行為証明「Arbitrum BOLD」をテストネットローンチ、ペイパル、NFTの購入者と出品者を保護プログラムの対象外に、ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ、ドイツ連邦銀行とMIT、「中銀デジタル通貨」の共同研究

ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ

ソラナ(Solana)上の分散型取引所(DEX)「ドリフト(Drift)」の独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施とその割り当て数が公開された。「ドリフト」のDAO(自立分散型組織)「ドリフトDAO財団(Drift DAO Foundation)」が4月16日発表した。なおエアドロップの実施日については明らかになっていない