グーグルで暗号資産信託の宣伝が可能に、米国企業対象に

グーグルで暗号資産信託の宣伝が可能に

グーグル(Google)において、暗号資産(仮想通貨)信託に関する宣伝が1月29日より可能になった。

対象となるのは、米国を対象に暗号資産信託を提供する広告主。事例として「大量のデジタル通貨が保有されている信託で、投資家が株式を取引できる金融商品」が挙げられている。「すべての例を網羅するものではない」としながらも、この要件を満たし、グーグルの認定を受けている場合には、同商品およびサービスの宣伝が可能であるとのことだ。

なおこの件については昨年12月6日、グーグルが同社の広告規約の1つである「暗号通貨と関連商品に関するポリシーの更新」について1月29日に更新すると発表していた。

ただしその際の発表では、1月29日から米国を対象に暗号資産の信託サービスを提供する広告主は、所定の条件を満たせばグーグル上で広告の掲載が可能となると伝えていたが、どういった信託サービスが対象になるかは定かではなかった。

これについては、当時米国にて申請されていた現物ビットコインETF(上場投資信託)の承認期限が翌年1月に設定されていたことから、多くの関心を集めていた。

その後今年1月10日に米SEC(証券取引委員会)が同ETF11銘柄を同時に承認し、現在では取引が市場で行われている状況だ。

今回グーグルが提示している要件には、現物ビットコインETFが該当すると思われる。その場合、今後グレイスケール(Grayscale)やブラックロック(BlackRock)等のETF運用企業が、グーグルにて同商品の宣伝を行う可能性もある。

関連ニュース

参考:グーグル
images:iStock/Alena-Kravchenko

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【5/29話題】アニモカJPらがIVVYのライブでweb3ロイヤリティプログラム、NTTデジタルがOpenWallet Foundation加盟など

アニモカJPと三井物産ら、IVVYのライブでweb3ロイヤリティプログラムのPoCへ、NTTデジタルが「OpenWallet Foundation」に加盟、民間企業で日本初、東証スタンダード上場メタプラネット、2.5億円分のビットコイン追加購入を予告、米ナスダック上場の医療機器メーカーSemler Scientific、約62億円相当のビットコイン購入、ブラックロック、2つのファンドで自社のビットコイン現物ETF「IBIT」を購入・運用、MRIと山陰合同銀行、「デジタル地域通貨事業」の共同実施へ。地域経済活性化に向け、暗号資産マイニング企業Riot Platforms、競合Bitfarms買収へ、イーサリアム「Pectra」アップグレード、25年Q1目標に開発へ