クリプトリエ、NFTマーケティングプラットフォーム「MintMonster」提供開始

クリプトリエが「MintMonster」提供開始

法人向けにweb3ソリューションを展開するクリプトリエが、NFTをビジネス活用するためのマーケティングプラットフォーム「ミントモンスター(MintMonster)」の提供開始を2月6日発表した。

発表によると企業は「ミントモンスター」活用により、NFTを簡単に作成し、QRコードなどユーザーに馴染み深い手法による配布が可能とのこと。またNFT配布時にユーザーに特定のアクションを促すことや、クーポンなどの特典(ユーティリティ)の付与も簡単にできるという。

その他にもユーザーとのコミュニケーションをいっそう活発にできるよう、メールアドレスの取得やアンケートの取得など、従来から求められるマーケティング情報の収集についても対応可能とのことだ。

これら「ミントモンスター」の機能活用により、NFTの技術基盤を活用した新たなデジタル・マーケティング手法として、企業と顧客のインタラクティブなコミュニケーションが可能となるとのこと。

クリプトリエによると「ミントモンスター」により企業は、NFTの発行・配布・活用・効果測定までワンストップで企画・運用が可能になると同時に、ユーザーはNFTを特別な仕組み・手続きを必要とすることなく、メールアドレスだけで受け取ることができるなど、これまでのNFTの配布や受取における手間・難しさなどの課題を解決するとのことだ。

なお「ミントモンスター」対応のブロックチェーンは、イーサリアム(Ethereum)およびポリゴン(Polygon)。利用プランは、NFTの配布数に応じて選択でき、月額5万円(税別)から対応可能とのことだ。

関連ニュース

参考:クリプトリエ
images:iStocks/Nikolay-Vdovichenko

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【7/18話題】ステートストリートが独自ステーブルコイン検討、ビットトレードの全取引ペアの売買手数料が無料化など(音声ニュース)

ステートストリート、独自ステーブルコインの発行検討か=報道、香港規制当局ら、ステーブルコイン発行体のライセンス取得義務についての協議結果を報告、早期立法化へ、ビットトレード、全取引ペアの売買手数料を無料化へ、BTC担保の米ドルステーブルコイン「USDh」、BTCトークン規格「Runes」でローンチ、Polygon LabsがZK証明システム「Plonky3」公開、オープンソースに、マウントゴックスが債権者への弁済を報告、クラーケンへ48,641BTC送金も、ドイツ当局、ビットコイン売却で28.8億ドルの収益、スタンダードチャータード銀行支援のZodia Markets、Elwoodの暗号資産OTC事業を買収、テレグラムの「TON」、ビットコイン間のトークンブリッジサービス「トンテレポートBTC」発表

スタンダードチャータード銀行支援のZodia Markets、Elwoodの暗号資産OTC事業を買収

デジタル資産取引事業会社の英ゾディアマーケッツ(Zodia Markets)が、デジタル資産のリスク管理ツールおよびポートフォリオ分析機能提供のエルウッドテクノロジーズ(Elwood Technologies)のデジタル資産OTC取引事業会社であるエルウッドキャピタルマネジメント(Elwood Capital Management:ECML)の買収合意について7月17日発表した