再生不動産を小口購入可能な宿泊権NFTに、ライフルが「LIFULL STAY」開始

ライフルがNFT所有者向け宿泊サービス開始

LIFULL(ライフル)のグループ会社LIFULL Financial(ライフルフィナンシャル)が、NFT所有者向け宿泊サービス「LIFULL STAY」の開始を2月6日発表した。

同サービスは、宿泊施設に毎年1泊できる、会員権NFT「LIFULL STAY MEMBERSHIP」の購入が可能なサービスだ。再生不動産を小口で購入可能な別荘会員権および宿泊権をNFTとして発行することで、利用者に1日単位でセカンドハウス保有体験を提供し、地域貢献の機会も提供する取り組みになるという。

通常の施設利用金額に対して、最大37%オフの価格で同NFTは購入可能とのことだ。

また「LIFULL STAY MEMBERSHIP」は譲渡・販売もできるという。家族や友人へのプレゼントや、NFTマーケットプレイスでの販売が可能とのことだ。

なお「LIFULL STAY」第1弾として、プライベートサウナを併設した栃木県の那須郡那須町にある再生別荘物件「rinne 2nd living | Sauna villa Nasu」の会員権NFTを販売するとのこと。

なお決済方法はクレジットカードもしくは「Coincheck NFT」を通じたイーサリアム(ETH)決済も可能である。

ちなみに「Coincheck NFT」は国内暗号資産(仮想通貨)取引所コインチェック提供のNFTマーケットプレイスだ。同プラットフォームでは先月1月30日から「LIFULL STAY MEMBERSHIP」の先行販売を行っていた。

ライフルは空き家物件の全国的な増加という課題と向き合い、空き別荘のリノベーション・貸出しを行っているという。

LIFULL Financialの松坂維大(まつざか つなひろ)氏はリリースにて「今回のNFTを皮切りに、より多くの方が再生不動産をご利用いただくことで地域貢献の機会を得られるよう、第2弾のプロジェクトも進行中ですので、今後の取り組みにもご期待ください(一部略)」とコメントしている。

関連ニュース

参考:LIFULL STAYLIFULL
images:iStocks/Ket4up・Heorhii-Aryshtevych

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【3/4話題】コインチェックとFanplaがIEOの契約締結、ブラックロックのビットコインETFの運用資産総額100億ドルなど

コインチェックとFanplaがIEOに向けた契約締結、Emooteが発行体パートナーに、ブラックロックの現物ビットコインETF「IBIT」、運用資産総額100億ドルを突破、イーサL2「Taiko」、シリーズAで1500万ドル調達、クリプトガレージ、法人向け「SETTLENET CUSTODY」でETHステーキング提供開始、ナイジェリア、バイナンスに100億ドルの罰金課したとの報道を否定、ソラナのDePINプロジェクト「io. net」、コミュニティ報酬プログラム開始、StarkWare、超高速暗号化証明システム「Stwo」をオープンソース化

ブラックロックの現物ビットコインETF「IBIT」、運用資産総額100億ドルを突破

ブラックロックの現物ビットコインETF「iシェアーズ・ビットコイン・トラスト(iShares Bitcoin Trust:IBIT)」が、2月29日に運用資産100億ドル(約1.5兆円)に達した。ブルームバーグのアナリストであるエリック・バルチュナス(Eric Balchunas)氏が自身のXアカウントから3月1日報告している