NOT A HOTELがメンバーシップNFT第2弾販売へ、「Coincheck NFT(β版)」が先行取扱い

NOT A HOTELがメンバーシップNFT第2弾販売へ

NOT A HOTEL(ノットアホテル)が、メンバーシップNFTの第2弾の販売予定を11月29日発表した。

またNOT A HOTELは国内で暗号資産(仮想通貨)取引所などを運営するコインチェックと協業し、第2弾メンバーシップNFTをコインチェック運営のNFTマーケットプレイス「Coincheck NFT(β版)」で先行取扱いすることも併せて発表している。

なお同マーケットプレイスでのメンバーシップNFT先行販売及び取扱い開始は、12月7日を予定しているとのこと。NOT A HOTELでの販売は12月14日開始となるようだ。

「Coincheck NFT(β版)」では新たに発行する「MEMBERSHIP Y」の先行販売の他、NOT A HOTELのメンバーシップNFTの全3種類の販売を行うとしている。

今までは毎年1泊からNOT A HOTELを楽しめる「MEMBERSHIP S」と毎年3連泊可能な「MEMBERSHIP X」の2種類が販売されていたが、今回から毎年2連泊が可能な「MEMBERSHIP Y」が新たにラインナップに加わるとのことだ。なお各NFTは宿泊権に加えて、NOT A HOTELが主催する食やワイン、アート、日本文化などを楽しめる様々なイベントへの参加が可能となっている。

NOT A HOTELでは、購入した部屋を住宅や別荘として利用するだけでなく、旅行や出張で家を空ける際にはホテルとして運用できる不動産を販売するサービスを提供している。ホテルとしてのオペレーションはNOT A HOTELが行う。1棟単位の購入だけでなく、12分割された物件所有権を年間の宿泊数に応じて保有する「共同購入」も可能である(例:毎年30日/年の利用で所有権12分の1、毎年120日/年の利用で所有権12分の4など)。

今夏NOT A HOTELでは、毎年1日単位で利用できる宿泊権とイベント参加などの特典を合わせた「メンバーシップNFT」を販売。初回販売では3億円相当の「メンバーシップNFT」が完売し、その後開始したウェイティングリストでの受付販売を通じて、その販売総額は5億円を超えてたという。

なお今回の第2弾の販売より、ウェイティングリストでの受付販売を廃止し、常時メンバーシップNFTを購入できる販売形式に変更するとのことだ。

NFTとは

「NFT(Non Fungible Token:ノンファンジブル・トークン)」とは、代替が不可能なブロックチェーン上で発行されたトークンを指す。NFTの規格で発行されたトークンは、そのトークン1つ1つで個別の価値を持つ。そのためNFTを画像や映像などのデジタルデータと紐付けることで、デジタルデータの個別の価値を表現することに活用されている。

なおNFTという言葉は現在幅広く活用されており、活用するブロックチェーンやマーケットプレイスの種類によって、その機能や表現できる価値が異なる可能性があることには留意が必要だ。

関連ニュース

メンバーシップNFTで話題の「NOT A HOTEL」がシリーズAで約20億円調達、累計額41億円に

フィンターテック、NOT A HOTEL購入者専用の「デジタルアセット担保ローン」提供開始

コインチェックがGameFi等NFTプロジェクトのIEO・INO案件募集を開始

コインチェック「ナスダック上場に向けた手続き進行中」と報告、SPAC契約期限は来年7月

フィナンシェとコインチェック、「FiNANCiE」独自トークンIEOに向け契約締結

デザイン:一本寿和
images:iStocks/Lidiia-Moor

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

アバランチ上のAave市場のラップドトークンが担保保証、チェインリンクのPoRで

「Chainlink(チェインリンク)」のChainlink Proof of Reserve:PoR(チェインリンクプルーフオブリザーブ)機能が、「Avalanche(アバランチ)」上の「アーベ(Aave)」に統合されたことが2月7日発表された。「アーベ」エコシステムの開発をサポートする「BGD Labs(BGDラボ)」により統合が実施された。

【2/7話題】Visaがステーブルコイン決済インフラ構築注力か、バイナンスの税務計算ツールなど(音声ニュース)

Visaがステーブルコイン決済インフラ構築に注力か、暗号資産責任者コメント、バイナンスの税務計算ツール「Binance Tax」、β版発表、スウェットコインのウォレットに「Learn and Earn」機能、学ぶと1SWEAT付与、国際決済銀行高官、中銀デジタル通貨(CBDC)は地政学的限界に直面と予測、ラオス中央銀行、ソラミツと中銀デジタル通貨の実証実験を開始、英レボリュート、欧州顧客にETH・ADA・DOT・XTZのステーキングサービス提供か=報道、スタークウェアとチェインリンク(LINK)が提携、テストネットでサービス接続、アバランチ上DEX「Trader Joe」、レイヤーゼロ導入でJOEをクロスチェーン転送可能に、バイナンス、2月8日から銀行を介した米ドルの入出金を一時停止に、米コインベースにAxelar(AXL)上場へ、富士通、「Fujitsu Web3 Acceleration Platform」をパートナーに無償提供へ、損保ジャパン、SBIトレーサビリティ「SHIMENAWA」上で専門保険提供、輸送途上での事故補償、NFT購入で現物のボールが届く、「キャプテン翼」NFTプロジェクトが公開

Sponsored